人気ブログランキング |

<   2019年 12月 ( 8 )   > この月の画像一覧

2019年に感謝

2019年はラングスジャパンにとって
とても飛躍の年となりました。
ラングスが飛躍ということは
スポーツトイのシェアが
広がったということです。

それは、日本中のお子さんが
ゲームや普通のおもちゃで
遊ぶ事から、身体を動かして
遊びに出ることに繋がっていている
ということで、身体作りに
貢献出来ているだろうと
想像できます。

とてもやりがいがあり意義ある
仕事をしている自負を
スタッフ一同持っております。

スタッフの中にはスランプに
陥りもがきながら仕事をしている人も
いたり、そこをもがきながら
切り抜け更に飛躍できている
スタッフもいたり、粘り強く
頑張れるのはラングスジャパンという会社が
世の中に与える良質の影響に
やりがいを持ててるからです。

今元気に中核となり
働いてるスタッフの中には
会社を辞めたくなるような
時もあった人もいたと思います。

私自身も正直、この仕事を辞めたく
なった時があったくらいですから。

いろんな事を共に乗り越えた
スタッフで年末の忘年会。

忘年会の時、一番長く20年以上
仕事しているザミルさんが
シャッターを切って
くれたので写真から抜けていて
掲載できませんでしたが

成田童夢さんの奥様が写して下さった
写真にザミルさんが写っていたので
掲載しなおします。

そのザミルさんも2年前あたり
スランプに陥りも学生ながらも
多分すごい努力で抜け出し

こうして気がきくから自分が
写らなくてもシャッター切る側に回る。

写ったらムードメーカー
2019年に感謝_d0148223_21544518.jpg


一年、公私共に色々あり
今年は母を亡くしました。
とても悲しかったです。

でもやりがいがある仕事が
悲しみをちおざけてくれました。

今年はラングスは残業をしない
という改革をしました。

家庭を持つ女性スタッフも増え
男性スタッフにもお子さんができ
スタッフにも家で子育てを
楽しんでほしいという思いからです。

確かにそうした改革をすると
売り上げは落ちました。

それでも良質な仕事は出来ました。
売り上げを上げることだけ
追い求めず質の高い仕事をする事は
大切です。
スタッフの家族にとっても
残業代よりかけがえのない時間を
持って欲しいと思いました。

ラングスジャパンは
単にスポーツトイを売る
会社ではなく、
そのスポーツトイを通し
親子のいつか思い出となる時間を
子供と共有して欲しいために
商品を世に出す会社なのです。

まずは会社のスタッフ達が
ラングススポーツトイの一番の
ファンであり
お子さんとそれを共有する時を
持てています。

素晴らしい商品を2020年
オリンピックが日本に来る年
更にお取引先様やエンドユーザーの
皆さま、そして素晴らしい
ラングスの仲間とで
盛り上げて行けたら
と思っております。

2019年にラングススポーツトイを
後押しして下さった
すべての皆さまに感謝しつつ

母に教えてもらった言葉
思いやりは必ず通じる

を胸に持ち

2020年を迎えたいと思います。

感謝

ラングスジャパン
代表 小林美紀

by rangsjapanM | 2019-12-29 21:53 | Trackback | Comments(0)

仕事納めの日、時間を作りランチ

仕事納めの日、時間を作りランチ🍀
辞められたバイヤーさんとです。

激しく言い合った事が何度あったことか、
お互い自分の言い分しか言わないしお互い妥協はしない仕事をした相手です🎈

妥協しないで何故関係が悪くならなかったかと言うと数字が伴ったからです🍀

人としてどうなんだろう?と思った時も正直ありましたし、はっきりそれも言いました。仕事しか考えなくて関係性を考えないと自分を消耗しますよ!とか色々。

でもセンスが良くて数字が伴えば全て笑い話というのがビジネスのお付き合いの関係。

そして転職されることでもうビジネスの関係はなくなりました。

確実にヒットする商品の提案
に対し思い切ったオーダーを下さり
それにより、ヒットに火がつき

結局2人の仕事は数字を作り在庫を
残すこともなく気持ちが良い終了。

私が大した商品と思わないのに焦って数字だけ埋めたいと言われた時は
各色5000個の注文も断りました。

ザミルさんが

社長その断った予算は〇〇社に行くんですよ
と具体的に競合の名前を出した

でもヒットしないどころか
どんなプロモーションしても
売れないと私が思うものを

買ってもらうと後々関わるみんなが
苦労するから、やらないですよ

と言うエピソードもありました。

彼女と作ったヒット商品は

マイドリームパピー
ワブルボール
仕事納めの日、時間を作りランチ_d0148223_11582127.jpg


by rangsjapanM | 2019-12-28 11:53 | Trackback | Comments(0)

感じがよい人から学んで模倣してる孫

中2の孫と私はよく会話します。
バスに乗るとき、お願いします。降りるときありがとうございます。
と言うらしい。
そんなこと教えたことないのに、いつから言ってたの?
と聞いたら小3のころバスに乗ったら、行ってる人がいて感じいいな~と思ったので
僕もいうようにしたんだよ。
僕の周りの友達はだからみんな言うんだ~。

そういえば私はいろんなことは具体的に教えないけど
家の中で、それ感じ悪いそれ感じいいと、よくとっさに言うから
感じいいと幹事割る意の基準はできてる。
スタッフや娘や息子には、それダサくない?と、物事の考えかた
言動を良し悪しや正しいとかじゃなくてダサいことはしたくないと言う基準で話す。
息子も孫も私が人生でであった一番感じがよい人です。
親ばか孫ばかと言われようとそう思います。

by rangsjapanM | 2019-12-17 21:07 | Trackback | Comments(0)

リップスティックデラックスミニ

リップスティックデラックスミニ
今年のニューカラー

一番下と下から二番目
ミントブルー🍀
ネオンピンク💓と名付けました。
リップスティックデラックスミニ_d0148223_10355430.jpg


by rangsjapanM | 2019-12-17 10:32 | Trackback | Comments(2)

遊びながら自然と身につくバランス感覚3

ラングスジャパンの基盤になる言葉
遊びながら身につくバランス感覚は→遊びながら心身ともに身につくバランス感覚
に変化している

理由はキネティックサンドとキャスターボードが2本柱となって
きつつあるからです。




by rangsjapanM | 2019-12-12 11:14 | Trackback | Comments(0)

リアルタイムで情報共有できる時代なぜ報告が帰社してからなの

リアルタイムで情報共有できる時代なぜ報告が帰社してからなの_d0148223_20521247.jpeg

これは今朝のスタッフLINE。

社内LINEで共有する必要性重要性を
スタッフにLINE。

今日は私と他2人木村、ザミルが
終日外に出ていたので、社内にいるのと
同じくらいいろんなことが耳に入って
来る状況をつくる必要があると
感じ送ったのです。

そしてこう書いたにもかかわらずそれは
実行されなかった。

私からスタッフ山口さんに夜改めて送ったのLINE
が下記の内容です。(やりとり)

「今日出張から帰ってきて荷物を置いたら
6時で終われる予定でしたが

金子君と山口さんと佐々木君の
時間内LINE共有不足が
無駄な残業を引き起こしました。
移動車中でも仕事してる私としては
非常に残念です。リアルタイムに解決出来るのに
なぜ帰ってきてから報告相談するんですか?
なぜ2人だけで解決しようとするんですか?
そして時間内に解決できていない。
特に山口さんと佐々木君だけで話し合う事は
大抵うまくコミュニケーション
取れてないです。
カートンマークは
私が横でやれば10分で済みます。
山口さんが
マウス右左微妙に動かしても
空間把握能力必要なものは苦手と思います。
感覚的に作るものは
私とやった方が能率上がります。
LINEというツールを使い
起きてる事を共有しない
山口さん金子君佐々木君に
今日は古さを感じました。
今日はこの3人です。
新入社員新井さんはやはり今時代の人なので
この辺りの連絡はうまいと思います。

でも油断できないですよ

その時代にとどまれば古くなります。」

その後山口さんから10分後にLINE来ました。

古い習慣性に囚われ、
情報共有ツールを使用できない、
発想力が乏しい自分自身であったと
思います。
共有によって、内容だけでなく
時間も効率よく進むと思いますので、
依頼があった内容は自分だけの範囲で
解決しないように、
解決よりも共有を優先したいと思います。」と


そしてさらに私が送りました。

上記山口さんのコメント
パーフェクトですが
問題は次回これを実行できるかという
ところですね。

私はジャッジする立場です
今日の問題は6時間も塩漬けしてましたよ。

そして山口さんから更にLINE

「自分も本当にそう思います。
今まで共有に重きを置かず、
物事の解決のみやスピードを
優先してしまったために、
肝心な情報が抜けていたり、
余裕を持てずにひたすらマウスを
カチャカチャさせていましたので、
今度こそ仕事の姿勢を
変えていきたいと思います。」

ときました。

私はそれに対し更に書きました。

スピードを優先してしまったために
という一文がある限り」

なおらないでしょう

と言葉を投げてLINE終了。

社内にいた人間達とは逆に
私は車の移動中も常に
外でした仕事起きてる事をみんなが
あたかも共に外にいるが如く共有しながら
移動していましたから。

厳密に言えば社外で動いていた木村君が
共有していないから
社内の人間が、知れるよう移動しながら
の報告を促した。

あるバイヤーへのメールも帰ってからではなく
移動しながら送るよう指示したので
バイヤー達からは、移動途中にメールが来て
全て解決。

その案件のチームしか宛先がないので
スタッフに転送するよう指示。

これで共有が出来ているから私が外勤していても
社内にいるのち同じ状況を作れてる。

仕事はストーリーが重要。

だから、いろいろ共有する事は
仕事を簡単に判断できる材料が揃うという事。

今日は外勤
クリスマス直前の店頭チェック
リアルタイムで情報共有できる時代なぜ報告が帰社してからなの_d0148223_19373089.jpg

これが目的の仕事ではなく

宇都宮での本部商談と
横浜での本部商談が

10時と4時にあったのでその道すがら

この仕事差し込んだんです。

時間を埋めながら移動ですが

やはり現場から学ぶ事は多く

心脅かされるものもあります。

だって現場はライバルの巣の中。

見ているとバイヤーの思惑が全て見えて来て

不思議に感じていたことも

現場の品揃えから、推測できてしまう。

だから何を捨てなぬに力を注ぐ必要が
あるのかまで見えて来る。

家に帰り高2の孫に今日の話をしたら
こんな言葉が帰って来た

「スピード優先したために、、、?」

「言い訳や失敗の焦点をずらし
逃げ去ることは何も向上しない。

その言葉に何のメリットがあるんだろう?

自分の失敗に100%向き合わなければね。」


会社で起こるいろんな事を孫が聞き育ってくれているならまあよしとしよう


朝からスタッフ個別にこのブログを送った。

私の考えに同調しラインを送ってくれたスタッフたちの言葉を丁寧に読んだ

返信も既読もないスタッフは午前中また同じ失敗を繰り返しています。

もうこうなるとわらうしかない。

新入社員からのLINEが一番しっくりきた
のでコピー掲載します

Aさんから
「おはようございます。
共有ありがとうございます。

新入社員の私が言うべきことではないかもしれませんが、
本来、スピード優先するならば共有が一番早い解決につながると思います。
数時間かかるものが、社長のジャッジで何十倍も短縮できるので
本質そこだと考えています。

スマホ・LINEの普及で需要のあったskypeが廃れている現状なので
今後LINEを超えたツールが出てくると思っています。
時代に取り残されぬよう、新しいものを感じて取り入れていきたいです。」

一番昔からいるBさんから
社長のブログ読みました。まったくその通りだと思います。連絡不足は時間ロスにつながります。やり直さないといけない場面も出てきます」


by rangsjapanM | 2019-12-11 19:23 | Trackback | Comments(0)

こだわりの輸入品

こだわりの輸入品_d0148223_05313734.jpg

こだわりの輸入品_d0148223_05313660.jpg

こだわりの輸入品_d0148223_05314088.jpg


こういうものを輸入することも
あるんですよ。木製のダルメシアン。

ある日突然注文が入り
2ヶ月かけてドイツの職人に製作依頼。

日本で一体しかないモノです。

この季節何万個も商品は動きますが私はこういう仕事が本当にやりがいあります。

ラングスならなんとかしてくれるだろうと依頼される仕事って気持ちが伝わってくるとワクワクします。

明日、依頼主の元に行く前に写真を残しました。

ドイツから入荷をお知らせを昨日した時のあの嬉しそうな声!次の仕事のやりがいにつながります。

私が会社にいない時届いたのですが依頼主に送っておきましょうか?

と、スタッフが言った。

何日も待って楽しみにしてたのは私と
依頼主だけだったみたいです。

組み立てたあと誰もこれを見にこなかった。

業務をこなしてるわけじゃない自分がいる

そして業務をこなしてくれてる
アシスタントが

40人いてくれてる。

会社が成り立っている。


by rangsjapanM | 2019-12-05 05:28 | Trackback | Comments(0)

17歳の誕生日 麟太郎

17歳の誕生日 麟太郎_d0148223_10400875.jpg
17歳の誕生日 麟太郎_d0148223_10402369.jpg
17歳の誕生日 麟太郎_d0148223_10405392.jpg


by rangsjapanM | 2019-12-01 10:39 | 日々の小さな出来事 | Trackback | Comments(0)