<   2018年 03月 ( 14 )   > この月の画像一覧   

新商品の動画作り(リップスティックジェッツ)   

結局これは使わずカレラちゃんバージョンで。
昨日の夜作りました。
この動画、新鮮だと思うのですが。

孫の麟太郎でとりあえず作ったものですが
声変わりしてて無理でした


by rangsjapanM | 2018-03-30 18:10 | Trackback | Comments(0)

今日も仕事楽しかった   

夜、みんな帰り2人のスタッフと私だけ
プライベートタイムに突入
いろいろ私的な話をする。
タイムカード切ってないことは
多少気になるけど
どこまでが仕事でどこからがプライベートか
ほとんど境がな話をしてるから
まっ❗いっかあ~って感じです
今日のテーマは
「ディスカッション」夫婦で
ディスカッションしたという話
木村くんがツボにはまって笑いだしたら
私も同じく笑いだした
朝のスタートは険しかったけど
1日の終わりに涙を出して笑えるなんて
イイ感じです。
d0148223_01303253.jpg
関係ない写真だけど
豆苗って野菜育てたら結構キレイなインテリア
になりました。


by rangsjapanM | 2018-03-28 01:18 | Trackback | Comments(0)

アルバイトから正社員に   

3月21日から正社員どうですか?
と、おづおづと声を掛けたら嬉しそうな本城さん。

ラングスジャパンはとても自由な風潮があり、実は正社員に。。と声をかけても
自分の趣味というか生き方を優先したく、正社員を選ばない人もいます。

だから、こちらから声をかけるときは、おづおづなのです。

かといって、募集をかけると100人以上応募があり、

面接し1人も選べなかったということもあるんです。

縁とは不思議です。

あるとき、東京で働く甥と食事。話の最中にパートナーである本城さんの就職の話になった。

アルバイト程度に来週月曜日、倉庫スタッフとして面接します。というのです。

私も常に倉庫スタッフは募集しているので、それを聞きちょっと違和感を感じました。

彼女は工業大学の建築学科を卒業し建設会社に就職し他キャリアを持っているから

倉庫作業を主に仕事するのは、もったいないのではないか?と思い、それよりは

ラングスで仕事してみたらどう?と声をかけたのがきっかけです。

でも、身内だと思うと社内が気遣うと思い、しばらく身内であることは伏せていました。

誰でもがそうであるように、三か月くらいはあまり仕事はできません。

いきなり社員で、仕事があまりできず、身内となると本人が一番いやな思いをすることに

なるだろうし、ほかスタッフとのバランスも悪くなると考えました。

彼女の仕事は少しづつみんなの役に立っていきました。

この人に辞められては困るとみんなが思ってくれるくらいになり

なおかつ彼女が愛すべき性格だとみんなに認められる頃、ようやく実は身内なんですよ。

と、ほかスタッフに言いました。

最初は一番簡単に動ける展示会に出てもらいました。

展示会とはいっても写真のように

ラングスのロゴを身に付け一番アピールしたい商品を

抱っこして回ってもらうことでした。

そして数か月たち、展示会のディスプレイのサポート、棚割りのサポート

外回り棚の整理などを、スタッフのアドバイスをラインで受けながらするようになりました。

ラングスジャパンにとって初めて外に出るスタッフです。外回りなので名刺も作りました。

でもアルバイトです。

最近です、しっかり仕事ができる誰が見ても社員に推挙しても身内云々関係なしに

みんなが正社員にと投票してくれるだろうと思えるようになったタイミング。

こんな形での正社員というのはとてもバランスが良かったと思います。

下記の写真でもわかるようにすべてがスーツの展示会です。

その中でこの雰囲気のシャツを着ていれば、誰も難しいことを

質問してこないだろう。でも展示会の雰囲気は勉強になるだろうと思い

出させてあげたい私の精一杯の配慮です。



d0148223_14145732.jpg
社内女子会にみんなを誘い

女子スタッフに本城さんを社員にすることを告げました。

この日、夫である甥にも声を掛けました。

3月21日からね。というと、私の誕生日です。とてもうれしいですとコメント。

それも縁ですね。

こうして、ラングスジャパンの正社員が一人誕生しました。


d0148223_14145567.jpg
この写真に写る石寺さんも日本女子大時代からアルバイト

上原さんも東洋英和女子学院時代からアルバイト

私の娘も聖心女子大時代からアルバイト

みんなその道を通って来ているけど、アルバイトが終わるときラングスに入社する?

と、聞いたわけではなく、受け入れる側も入社する側も自然体。

今日はお昼休み会社の緑道を散歩しました。

いろんな話しながら。

d0148223_14145668.jpg
甥にブラック企業じゃないからいいでしょ?

と、聞いたら超ホワイト企業ですよ。と笑いながら答えました。

身内を入社させるときはお互いに他のスタッフとは異なった気遣いが必要とされますが

それも仕事さえできるようになればすべて解消されること。

双方のありがたいがバランス取れて初めてうまくいきます。

倉庫では義兄と姉と甥が仕事しています。

毎週のように、ラインでありがたいと感じることを送ってくれる義兄の人柄に
癒されています。

ほかスタッフも10年以上働き、私にとっては身内同然です。

結婚もラングスに入社してから、子供もラングスに入社してから

出来たりすれば、身内同然なのは当たり前。

ラングスジャパンに働いていた中で起こった出来事で

彼らは幸せを得ています。

ちょっとした偶然。良い方向にいけばすべてが良縁。



by rangsjapanM | 2018-03-26 14:13 | Trackback | Comments(0)

1日中、家族と過ごした日   

どうにかこうにか息子
北里大学医学部卒業!

卒業式のあと食事してそのあと映画

寝ようとする寸前、1日を回想した時

微笑んでしまう日

こんな日が幸せな日っていうのかも

d0148223_23151916.jpg
父親は仕事で一足先に離脱
ちゃんと会計してくれてました。

d0148223_23152073.jpg
夕方六本木ヒルズで映画
毛利庭園も散歩

d0148223_23152089.jpg
映画のあとまた食事

d0148223_23152194.jpg
何年ぶりだろう
こんなに息子とゆっくり時間を過ごしたのは
大切に思ってくれてることが
ひしひしと伝わってきました。
優しいねと私が言うと
大切に育ててもらったら優しく育つよ~
と、言われました。
誰に対しても、おこったことない息子
私も息子に怒ったことないな~


by rangsjapanM | 2018-03-23 23:07 | Trackback | Comments(0)

先週の掲載本   

d0148223_21221234.jpg

d0148223_21223535.jpg

d0148223_21230480.jpg

お声をかけて頂き掲載に至りました。
プレゼントページは子供の頃、自分も
欲しくて応募していたので
提供がわになってる事に未だ毎回
感動しています。
かといって自分から売り込みに行くのは嫌なんです。
子供心を持った自分とメーカーの社長である自分が
同居しています。
monoqloって雑誌は昔でいうと
ビーパル。
これもまた、昔掲載して欲しかった類いの本
あっ、そういえば文化放送から
キネティックサンドの放送依頼もいただきました。
多分、会社で私ほどこういうことに
喜んでる人はいないです。
みんな冷静(笑)

by rangsjapanM | 2018-03-21 21:20 | Trackback | Comments(0)

脅威に感じるのは競合他社ではない。   

一見、競合に見える会社がある。
売り場をみれば、誰の目にも
ラングスジャパンの競合に見える。

営業の人間は自社の売り場を見るとき
競合他社も当然見るけれども、
心穏やかではないはず
同じようなジャンル扱っていて
売り場面積が大きくとれていて
ディスプレイが派手だったりすれば直のこと。
(幸いなことにラングスジャパンには
営業の人間はいない
心脅かされることもない。)

ただしその競合他社は小売価格が非常に
高かったりもする。

1,2年は売り場を支配できても
エンドユーザーが購入するだろうか?
と、売り場をみて私は思うのです。
(営業はいないけど、私は時々見ています。)

そろそろ、結果が出るだろうと
思ってた矢先、その会社の社長からメール。

会社をやめたとのこと。
続くわけがないと確信してた私の
想像通りの結末。

ある、中国の製造メーカーからの
資本が入り、動かされていた
だけだということが今になりわかった。

想像するに
小売店とその会社には多分利益は残らず

大きな利益を得たのは
その会社を陰で動かしていた、
中国のメーカーだけだったはず。

不思議に感じたりなんとなく感じてたことを
この会社を運営していた
元社長から聞き想像は事実として確定。

私はこの頃思うのですが
実は競合なんて現代は大したことはないと。

今、一番脅威に感じるものは
常に進化変化し続ける、世の中の仕組みの変化。
これについていけるかどうかってことのほうが脅威。

SNSを知れば知るほど使えば使うほど感じます。

知らなければ穏やかだけど、別の怖さはある。

Amazonでもないんです。
メルカリらしきサイトではないかと。

新品を販売してる限りはパイの
取り合いに過ぎないけど、Amazonと言えども。

メルカリのように中古品を流通させると新品は
その分、売れないわけですから。

例えばキャラクターモノ

これって、子供のほしいほしいのパワーにより売れてる商品

そういうのって飽きるじゃないですか。だって子供は飽きっぽいって
私は知ってます。

飽きればゴミ、ゴミよりメルカリ

風が吹けば桶屋が儲かる的
考えで頭の中を一人で回してる私です。

だったらこのシステムの変化による
脅威にどう立ち向かう?

競合なんて意識してる場合じゃないのは

大手量販、専門店、メーカー
全てに通じる話でしょう。

いつか、量販店が1つしかなくなり
デパートも1つしかなくなり
銀行だって、証券会社だって

何もかもジャンル別に1つしかいらない
日が来るんじゃないかって、
心の中で思ってる人っているでしょ?

ブログを読み返し、このときこんなこと
考えてたって、未来の自分の言いたいから
書きとめておきます。
写真はほんの一例
d0148223_08104893.png

d0148223_17534563.png

もちろんラングス商品も出ていますよ。

でも幸いなことに、
ラングス商品は子供より大人が欲しいと思うものが多いのです。

だから、子供が飽きたら次が大人が遊ぶか

子供を口実に大人が欲しいと思うものが多い。

なぜって、私は自分が楽しいと思うものしか扱わないから

よくわかります。

アメリカのトイザらスが閉鎖し、イギリスのトイザらスもなくなり

Amazonは公取が入り、メルカリも時々ニュースに上がる

いろんなことが混沌としている時代がなんとなく怖いけど

決してナーバスになっているわけではなく

難しい世の中こそ自分の1番の味方だと思ってるんです。

頭を使うことは好きですから。

by rangsjapanM | 2018-03-20 04:47 | Trackback | Comments(0)

卒業式のどら焼き   

卒業記念のお饅頭とかって
おめでたいものは、家族でおすそわけを
少しずついただくものと思ってる私
会社から帰ってきたら
本人と弟とで1個づつ
食べてしまったという
単なる腹の足しにしたらしい
d0148223_19160684.jpg


せめて、写真とっといてよかった
と、少し嫌みをいう

おめでたいものは縁起物だから
気持ちだけでも少しずつ分けて
食べるものだと今日教えた。

おずおずと、あのーもう一箱
あるんだけど、、、

最後、残ってたからじゃんけんして
勝って、僕もらった~とのこと。

早く言ってよ~と私。

だって、めっちゃ語ってたから
一応聞いてから、、、と思って
だと、

いつの間にか大人(笑)
もう、ちゅうがくせいじゃないもんね。
大好きな、子供達。

d0148223_04225557.jpg

いつも、とまっていく子供達


d0148223_04241673.jpg

by rangsjapanM | 2018-03-19 19:07 | Trackback | Comments(0)

新商品の撮影   

日曜日だけど撮影

前日、近くに住んでるスタッフで
来れる人お願い
と、LINEしたらちゃーんと
来てくれてありがたかったです

こんな撮影も

d0148223_03352170.jpg

by rangsjapanM | 2018-03-19 03:32 | Trackback | Comments(0)

昨日アメリカのトイザらス全て閉鎖   

アメリカの取引先に
トイザらスがなくなると
売上落ちますよね。と聞くと
ウオルマートの方が売上は大きく
ターゲット、ウオルマートが
トイの売り場スペースを
広げてると言う。

私は日本のトイザらスとの取引だけど
心穏やかではない。

世の中の流通が大きく変わろうとしている中のほんの一端?
これ、今日その話を聞いたホテルのランチミーティングの
私のファッション、
仕事不気味に変化してるけど
おしゃれは楽しいです🎵
d0148223_08511884.jpg
今気に入ってる時計。
私はスナップウオッチを扱ってたので
時計を買わなかったけど
今年初めて、もういいかな~と思い
買いました

by rangsjapanM | 2018-03-17 00:47 | Trackback | Comments(0)

仕事の後のワインが飲みたくなる日   

スタッフの手におえない仕事の
最終仕上げをしないといけない場面があり、
それが土日も挟みそうな時は
スタッフを楽にしてあげなければ!
と思うわけです。

スタッフを苦しめるその案件を解決すべく、土曜日でも取引先担当者に電話。
結果パーフェクトに解決。

スタッフに知らせる。

私がしてるようなことを
できるスタッフがいたらいいのにな~とは思わない。

なぜってスタッフは私があんまり好きじゃない仕事をやってくれてるから。

棚割りのリストを作ったり
コピー業者の調査をしたり
伝票作成したり、企画書作ったり

どの仕事を抜きにしても
会社は成り立たず、それをやってくれてる。

私はと言うと、ぐちゃぐちゃになった
関係性を筋を通しながら
整え諦めないで売上を作る最終段階に登場。

そして、何事もなかったかのように
仕事を前に進ませる仕事をしてます。

1日の終わりにワインが飲みたい日もあります。

愚痴を言いたいからではなく、達成感でいっぱいで。

d0148223_06015028.jpg




by rangsjapanM | 2018-03-13 05:47 | Trackback | Comments(0)