人気ブログランキング |

<   2014年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧   

キネティックサンド大人の売り場ヴィレッジヴァンガード   

下北沢のヴィレッジヴァンガードは家から歩いて近く
オープンしたばかりのころから大好きでよく家族で行っていました。
d0148223_242786.jpg

自分の遊び場だからビジネスの対象にはしないと
心に決めて、営業はしていなかったのですが、知らないうちに
卸先のかたが、ラングスのいろいろなものを導入

さすがに最近は、どなたが導入してくださっているのかモチロン知っています。

ラングスの元祖スーパーコイルはヴィレッジヴァンガードでは
キネティックサンドが現れるまではラングス商品では最も売れていたモノ。
d0148223_2431884.jpg

これはどれだけ力を入れて引っ張っても絶対伸びきらず
絶対切れないコイル。いまどき珍しいアメリカ製。

夜、散歩の途中ふらっと立ち寄ったヴィレッジヴァンガード。

わっすごい!!!

キネティックサンドの売り場発見!
思わず写真を取らせていただきました。
モチロンお店の方の了解済み。
d0148223_2424615.jpg


私のこと、知らないだろうなーと思ってたら

「ラングスの会長さんですよね!」とスタッフの方たちに言われた。

私、いつの間にか、会長になってる(笑)

「大丈夫ですか?これ?」と遠慮がちにこの飾り付けを指差すスタッフさん。

私こそ「写真とって大丈夫ですか?」「ブログに掲載したいので・・・」

「是非是非!宣伝してください」といい感じに気さくなスタッフさんたち。

やっぱり、のりがいいわ!!!

だから、ヴィレッジ大好き!!!
こんなイラストとか描いてもらって自分の商品並べてもらってるなんて

ホント感謝!!

こんな、販促物絶対思いつかない・・・さすがです。

ヴィレッジさんに限らず、どのお取引先も販促物や見せ方がすごいんです。

価格競争がまったくない商品は、それぞれの会社の個性で販売勝負!

ってことなんですね。

by rangsjapanM | 2014-09-27 08:03 | Trackback | Comments(0)

大人の雑誌オーシャンズに紹介されたキネティックサンド   

キネティックサンド、今日発売の大人雑誌オーシャンズに掲載されました。
いつも素敵と憧れていた雑誌だっただけに、うれしいです。
d0148223_18565476.jpg

言葉と写真でこの動きのあるキネティックサンドが
素敵に表現されていました。

表紙はこんな感じ!
d0148223_18522474.jpg


もちろん、ほかのページも読んでいてとても中身が充実し
興味深く楽しく読ませていただきました。

それにしても、素敵な記事です。

by rangsjapanM | 2014-09-24 19:11 | Trackback | Comments(0)

ぶどうと勲章の話   

金曜日の夜、同僚の石寺さんと食事。歩きながら小さな八百屋さんの前を
通りかかると、いろんな種類のぶどうが並んでいた。
全部の種類を1パックづつ即買い。
d0148223_747894.jpg

「社長、買い方がすごい!」と、石寺さんが笑う。

「この時期、毎年両親がこんなぶどうをいつも2箱送ってきてくれたんです」と私。

お祭りに帰ると必ず母親がぶどうを2箱お土産に用意してくれてたけど
東京に来てからは、お祭りの時期には必ず、実家からその2箱のぶどうが送られてきました。

「今年父が亡くなり、そのぶどうは来なくなったの。だから
もう送ってくれる人がいないから、自分で買うの。」

「どうしても、食べたいってわけじゃないけどね・・・」

石寺さんの顔から笑顔が引っ込んだ。

だれでも、こんなときがあるし、もうすでに経験してる人もいるはず。

自分で買ったぶどうを食べながら・・・
毎年同じ時期に
両親が送ってくれてたものを、思い出したらちょっと感傷的な気分になった。。

弟にその話をし

「今度はお父さんのかわりに送ってね」と言ったら

「わかったよ・・・わかったよ・・・」と笑っていました。
「いちじくもね」と立て続けに・・

たぶん、弟からぶどうが送られてきたら、お父さんが送ってくれてた時より
嬉しいかも・・・

弟はラインから父の叙勲の知らせと、いただいた勲章の
画像を送ってくれました。
d0148223_805612.jpg

「もう亡くなった人の叙勲など辞退する。本人がいないんだから」と言っていた弟に
「勲章はね、お父さんのものであるけど残された子孫が
思い出すとき役に立つものなの。だから受け取って」と頼んでたものです。

今だけを考えるんじゃなくて、先読み子孫のことまで・・

ところが弟も、今は同じ気持ちで喜んでいてくれて嬉しく思いました。

母も涙を流し、喜んでいたと、その様子を事細かに
知らせてくれました。

去年の10月18日、父はラングスジャパンのスタッフ宛に
柿を送ってくれていました。

そのときの送り状は、今は私の宝物です。

by rangsjapanM | 2014-09-14 08:05 | Trackback | Comments(0)

大人が楽しむ、キネティックサンド   

キネティックサンド触ったの初めてだそうです!
大阪で活躍中のタレントたつをくん。
d0148223_18122811.jpg

さわやかな、笑顔ですね~。楽しそう!
d0148223_22118.jpg

こちらは、お取引先の担当者さん…ブログ載せていいですか?
と、ちゃんと聞きましたよ。
d0148223_16473039.jpg

どんな雰囲気の方も笑顔になるんですね~。
d0148223_16482537.jpg

大人もはまるキネティックサンドは展示会で立証済み。
d0148223_164526100.jpg

担当バイヤーさんじゃないのに、遊んでいかれたり。
d0148223_16492255.jpg

ラングスのホープ石寺さんが一生懸命説明。
d0148223_16503958.jpg

いつも、ラングスブースによってくださる友人のアベさんと鈴木さん
(鈴木さんのお顔似てますか?イチローのおにいちゃま・・・面影ありますね~)
d0148223_1838950.jpg


いろんな方が童心に帰り楽しんで下さっています。

大人キネティックサンド。

by rangsjapanM | 2014-09-11 18:14 | Trackback | Comments(0)

恵比寿ガーデンプレイス、ママフェスでもやっぱりキネティックサンドは大人気!   

恵比寿ガーデンプレイスでのママフェスではお子様たちが遊ぶスペースを
ラングスジャパンが受け持たせていただきました。
自社商品で遊ぶ子供たちを見る機会が楽しい。中でも1番の人気は
やっぱりキネティックサンド
d0148223_10203534.jpg

どれくらい子供たちがこのキネティックサンドが大好きなのか
見ることができたことが、商品に対する自信につながります。
d0148223_5342210.jpg

申し訳ないくらいの順番待ちを、スタッフは工夫しながら
ご案内していますが、ここにこられるママたちもとてもマナーがよくて素敵でした。
d0148223_5354378.jpg

こんな大きなイベントの中心ともなるスペースに配置してくださった
企画会社や主催者の方たちにも感謝です。
d0148223_541415.jpg

スタッフは石寺、木村、栗林、小西・・・とても連携が取れていました。
d0148223_10193817.jpg

私は、バナーの数や貼り位置やスタッフの配置を最初に指示しすぐ離れようと思ったけど
いろんな角度から、お客様とスタッフのかかわりや
ラングス商品に対する、お客様の反応を興味深く見ながら分析

気がついたら、あっという間に3時になっていました。


その夜の、それぞれのスタッフからの報告メールは

仕事を超えた内容で、とても素敵なものでした。

日ごろ、経理をしてるスタッフ2人のメールにはそうしたことが感じ取れました。

現場を離れ、三越を歩いていると、キネティックサンドが
レジ前に並べてあり、ジーっと見てると

「やっと入荷したんですよ!!」とスタッフの方が案内してくださり

「あの・・・この会社の代表です・・・」とご挨拶。写真も撮らせていただきました。
d0148223_10185099.jpg


ラングスは輸入総代理店です。

面白いと思った商品、日本の子供たちによい影響を与えると思ったものを
すべてのお店を代表し輸入させていただいているだけの会社です。

このように、店頭で売り場を作っていただいているのを発見したとき

売り場の方、その会社の社長、選んでくださったバイヤーさんすべてに
手を合わせたくなる気持ちでいっぱいになります。

恵比寿ガーデンプレイスのママフェス体験はママたちや子供たちの体験だけでなく

私のような輸入代理店をしている人間にとっても、深く刺激になるもので
多くのことを学ばせてもらえました。

d0148223_8522938.jpg


ママフェスリンク

by rangsjapanM | 2014-09-08 06:23 | Trackback | Comments(0)

2014年秋東京ギフトショー輸入品人気コンテスト大賞受賞パタパタバード   

東京ギフトショー輸入品人気コンテスト大賞受賞いたしました。
今回はパタパタバードと言うフランスのもので本物のように飛ぶ鳥です。
芳賀社長から手渡されました。
d0148223_551794.jpg




「バイヤーさんたちの投票数はダントツ、飛びぬけての1位でしたよ。」と、
関係者の方が知らせてくださいました。
d0148223_5514550.jpg

これが1位獲得すると1番思っていなかったのは、悔しいけどわがスタッフ。

私は絶対1位と最初から確信を持っていました。

審査員だけの感覚で選ぶ大賞ではなく、このショーを見にこられたお客様の
投票獲得数であれば、この商品は絶対1位のはずといつも確信しています。


(結果を一緒に喜んでくれるスタッフの存在はありがたいです。)
d0148223_5522027.jpg


最初のお客様がバイヤーさんであるだけのことですから。
この延長線上に購入してくださるお客様が必ずいます。

キネティックサンドを見つけたときの確信と同じです。

どこにおいても、知らず知らずに売れていく不思議な商品です。

レセプションパーティーに始めて参加する新入社員の鎌田君は
これからいろんなことを経験していきます。

ラングスという会社を通し・・・パタパタバードのように羽ばたいてほしいものです。

時々、ゴムを巻いてゴムが磨耗して切れないようにメンテしながら。

by rangsjapanm | 2014-09-05 05:55 | Trackback | Comments(0)

父の49日の法要   

父が望んだかどうかわからないけど「盛大な葬儀」を終え
そして49日の法要、納骨も無事終え一区切り付きました。

一抹の寂しさはあるけれど昨日は姉と私は相続放棄申述書を提出し
これで、すべてが終わりました。
初めて見た申述書の理由欄「遺産を分散させたくないため」
というところに〇を付けました。
d0148223_14152316.jpg

私たち姉妹、長男が家を守るため、そうするよう育てられたことを孫にも伝えました。

昔の日本の制度がまだ生きています。弟の息子たちにも
私と姉がしたことを話し、家督を継ぐということの意義を伝えました。
d0148223_19363387.jpg

先祖も安心したと思います。

経験から学ばせたくてラングスの跡を継ぐ孫も参加。
d0148223_14245857.jpg

お坊様のお父様、またその先代も代々にわたるお付き合いで
私たちが知らない話も出て、悲しみが癒えた49日の法要は楽しいものでした。
d0148223_14165554.jpg

実家に向かう電車の中、「駅弁を買ってあげる」と言ったら
「ママがせっかく作ってくれたから、ママに悪いからこれ食べる」
と大きなおにぎりをほおばる孫はいつも冷静。
「僕ね身体は子供だけど頭脳はお・と・な!」と・・なりきりコナン

d0148223_14555341.jpg

仕事がめいっぱいあったので、乗れる飛行機もなく東京駅までタクシー。

最終電車に飛び乗る。
孫も一緒に、東京駅を走りに走ったから、電車の中はスヤスヤ。
夜中12時過ぎ、金沢に着くと弟が迎えに来てくれていて、一緒に実家へ。
こんな迎えを気楽に頼めるのはここではもう弟しかいない。
d0148223_1417442.jpg

両親が家の前から見る朝焼けが最高に綺麗と言っていた景色。

実家に帰ると、親をあてにしているので、いつものんびり寝てたので
朝焼けなんて見ることもなかったけど、父が亡くなってからは
よくこの朝焼けを見る時間に目が覚めます。
d0148223_14173134.jpg

去年の千里浜は父も一緒で写真を撮ってくれたのは父だったのに
今年は私がとりました。
49日の法要だけの思いででは楽しくないだろうと海で私と孫は目いっぱい泳ぎました。
d0148223_14173586.jpg

帰りは、弟に小松空港まで送ってもらいました。

小学2年生の孫とは大人の付き合いをしています。

「おばあちゃま大好き!」といつも言ってくれるので
あ・え・て・・・「どこが好きなの?」と聞くと
「性格と考え方」と答えます。

自分のDNAを確実に受け継いでいるこの子の存在が頼もしいから
仕事、安心してがんばれます!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
お墓に親戚の方やお坊様や私たち兄弟がそろって出発。
いつも、どれだけ親を頼ってたかわかるエピソード

お父さんのお骨をきようだい3人そろって忘れて出発。

「あれ?お父さんは?」「車の窓からお父さんの手渡しないでしょ?!」

「誰忘れたの?」みんな自覚がない・・・いつでも、この家を出るときは
両親がすべてそろえて持たせてくれたから・・・

ようやく、頼りにできる人がいなくなったことを実感!

お墓に着いてスタートしようとしたとき、
今度はお線香とお花を持ってきていないことに気がつき

仕事なら、結構パーフェクトにこなすきょうだいなのに・・・
すべて抜けてる。ってことがありました。

皆さんを待たせに待たせた時間はお坊様の法話を聞くことになり
有意義だったと思うことにしました。

明日から東京ギフトショー。
両親がそろって見に来てくれたときはとてもうれしかったです。
d0148223_19434746.jpg

2006年2月のギフトショー
初めて1ブースから2ブースにしました。輸入品人気コンテスト受賞した
盾を持つ父はとても嬉しそうでした。

by rangsjapanM | 2014-09-01 15:05 | Trackback | Comments(0)