人気ブログランキング |

<   2014年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧

東京おもちゃショーは両親がエールを送ってくれています。

2年前に肺癌の告知を受けた父が
2014年6月14日21時23分亡くなりました。
(おもちゃショーパブリックデー初日)

私はというとその日は
東京おもちゃショーパブリックデー初日,今ラングスジャパン1押し商品である
ポップスニーカーのプロモーションのための初回ステージをどうしても
確認したかったのでまずは、11時ビックサイトへ。
d0148223_721473.jpg

1回目のショーを見て、1時と3時のショーのためのアドバイス。
羽田までの車中もアドバイスを続けた。
d0148223_2362817.jpg

12時羽田。石川県、父のいる病院に着いたのが15時過ぎでした。

この空は18時56分の沈む夕日でした。
あまりに綺麗なので、病院の前で弟と2人眺めていました。

今は思い出の空、思い出の写真となってしまいました。
d0148223_6551345.jpg

施設にいる母は危篤状態の父のベッドのわきで6時間も顔を見ながら
話しかけていましたが夜には母の住む施設に帰っていきました。
父はその数時間後、弟と私と私の夫が見守る中、息を引き取りました。

とても安らかな死で、お布団の中の手を見ると
もう必要ないのに私が20代のころプレゼントした
お気に入りのオメガの時計をしっかりつけていていて

枕元には4年前にプレゼントし、私と毎日電話した携帯があり

ロッカーには夏にプレゼントした帽子と洋服上下が一組だけかけてあり

病室の中の数少ない遺品のすべてが自分と父だけにわかる絆そのものでした。

翌日、母に父の死を知らせることが怖かったけれど

仏間に安置されている父に会ったとき、母は非常に冷静でした。

一言

「こんな大変なことが起きてたのね」

葬儀には出ないとのこと。そう言い残し

再び施設に送って行きました。

d0148223_1105273.jpg

告別式の日、まだ人が集まっていない時を見計らい、母は再び
父に対面。
d0148223_111855.jpg

母のきょうだいだけが、その時早く来てくれ会いました。
d0148223_1111985.jpg

母の弟と母は久しぶりに会ってとてもうれしそうでした。

葬儀のかなめとなる指示をだし、「ちゃんとやって・・」と、いい残し
葬儀の前に、再び施設に戻っていきました。

「何も役に立てないから」と弟の車で子供と兄弟たちに見送られ
帰っていく母の姿は毅然としてとても大きく見えました。

d0148223_1113499.jpg

母は昔から浄土真宗大谷婦人会の支部長をしたり
PTAの会長を務めたり、人の役に立つことを心がけ生きてきた人だったので

足が不自由になった今、もう人の役に立てないと考えています。

子どもたちが一緒に暮らそうと言っても

「役に立たない人間の1番役に立つことは、施設にいることで子供に迷惑をかけない事。」

「それが一番今の私のできる役に立つこと・・・」と、言いきっています。

父は亡くなる20日前まで毎日母のもとに自分で車を運転し
会いに行っていました。

父の生き方、死に方、母の生き方を見ながら
私は今も2人から学び続けています。
d0148223_2335624.jpg

父が大好きな家。誰にもねじを回させなかった時計。
d0148223_2341966.jpg

父がいつも水墨画を書いていた部屋。
d0148223_2344029.jpg

父がよく昼寝をしていた部屋。
d0148223_927272.jpg

普段は使わず大事にしていた先祖伝来の屏風、九谷焼
d0148223_4245291.jpg

私が物心ついた時からこの場所で咲いていた露草

d0148223_928398.jpg

父の昼寝のあと見た裏木戸
d0148223_4251112.jpg

きちんと手入れされていた両親が非常に気に入っていた枯山水の庭
佐渡の赤玉石
「小さい時、苔の上を歩いたらおじいちゃまに怒られた」・・・と私の長女
d0148223_4253438.jpg

父の寝室の横には私や孫たちの写真がいっぱい飾ってありました。
5月の連休に帰った時、自分が持っていない写真を見て
「お父さん、この写真もらっていい?」と言ったら
「もう少し、置いておいてくれ。お父さんは毎日見てるから」と言われ
私は心無いことを言ってしまったと後悔しました。
d0148223_18153685.jpg


父を語るときすべての言葉が過去形になってしまいました。

葬儀に際し、お花や弔電、メッセージなどをお送りくださった皆様の
お心遣いに感謝いたします。

本当にありがとうございました。


「お父さん、今週は東京おもちゃショーがあるからいけないけど、来週の土日には
行くから・・・」と、いつものように毎朝の携帯トーク。

「楽しみにして、待っているから」と、いつもとはまったく違う初めて聞く父の涙声。

これが私と父の最期の会話となりました。

d0148223_974177.jpg


子供のころは、しかられてばかり非常に厳しい父親でしたが
15歳のとき、父と2人だけで旅行し初めて、ぎこちない関係ながら
母親を通さずに父という人を知ることができる唯一の経験でした。

80代になり携帯を持ち始め、母親抜きで会話し始めたとき
再び母を通さない父親を感じることができ、どんな人なのかを
知ることができました。

晩年の父が言葉には言い尽くせないほど大好きでした。

ここ半年くらいの会話と言うと、「ありがたい、ありがとう、ありがたい、ありがとう、ありがとう・・・」と

何を言っても、お父さんから帰ってくる言葉は「ありがとうとありがたい」でした。

電話を切ったあと、「あれっ?」お父さん、ありがとうを10回以上
私が何を言って息継ぎのようにありがとうと言う言葉しか使わなかった。

それでも、心が和む、深い会話でした。

両親から受け継いだことは、そういうことなのです。

それがとてもありがたいです。

お父さん、ありがとう。そしてありがたいです。今もこれからも。

いつかお父さんに会える日まで、私はお父さんが精一杯頑張って
仕事し世の中に貢献し生きたように、世の中の役に立つ生き方をしていきます。

ーーーーーーーーーーーーー

ここからは2019年6月12日追記

2019年6月11日9時57分母えいみん

父が行ってしまった日から5年母は生きてくれました。

私はついに両親ともいない、親のいない子に
なってしまいました。

母の病気の性質上すでに会話も出来ない状況でしたが

時々、金沢の施設に会いに行きました。

何も食べさせては行けないと言われていたけど

娘とこっそりムース状の
イチゴケーキを持っていくと

この上もなく幸せそうに美味しそうに

食べてくれました。

娘に1歳くらいの時、初めて離乳食を

食べさせたあの表情と速度、次のスプーンを待つ感じは同じでした。

私と娘をとても満足させてくれました。

両親は2人とも東京おもちゃショーで

私がざわついている時エールを送るかのように

天国から見守るスタートを切ります。

そして、昨日母が逝ってしまったことを聞いた日

私は仕事人生30年の悲願が達成した日となりました。

木村くんの報告でそれを知ったのです。

天国で両親が揃うと

なんて凄いパワーになるんだろう。

そんなことを思いました。

朝は姉からの母訃報の報告で

涙し、夜は仕事の嬉しい報告で

叫ぶほど喜び涙。

人生に経験稀有な強烈な喜びと悲しみが
同時に来た日でした。

お父さんが亡くなり5年

とにかく生きてくれてありがとう。

心強かったです。

私が少しはマシになるのをこの世で

見守らないと不安だったから

お父さんのところに行けなかったのかな〜

なんて、自分だけの解釈をして

昨日は過ごしました。

午前中家族に知らせ、午後1部のスタッフに

告げました。

(多分おもちゃショーがなければ言わなかったと思いますが。)

今日はお通夜、明日本葬、弟の意向で

家族葬です。

父の葬儀はみずほ銀行頭取
トイザらス社長他

私の取引ある会社はほぼ大きなお花を

送って頂き父が喜ぶだろうと思える

葬儀でした。

母の葬儀は母が喜ぶだろう葬儀を

弟の解釈で選択しています。

母の死を新聞に掲載しないことに対し

檀家であるお寺のお坊さまが強い口調で

非難され大変な一幕。

人知れず終わっていくのは悲しすぎる

ということでした。

両親は亡くなりましたがまだこうして

教えようとしてくれる方が

いらっしゃいます。

両親が大切にしたお寺の住職さまです。

別室に戻られた住職さまに

お礼をもうしあげました



by rangsjapanM | 2014-06-25 02:39 | Trackback | Comments(0)

父の死

「お父さん、今週は東京おもちゃショーがあるからいけないけど、来週の土日には
行くから・・・」と、いつものように毎朝の携帯トーク。

「楽しみにして、待っているから」と、いつもとはまったく違う初めて聞く父の涙声。

これが私と父の最期の会話となりました。

2日間のバイヤーズデーが終わり、土曜日パブリックデーの朝

石川県に住む弟から、父の様態急変の知らせを受けました。

用意していた、ポップスニーカーズのショーやラングスブースの人の反応を
確認したいと言う思いもあり午前だけ仕事をこなした。

午後3時には父の待つ病院に到着。

私は父の耳元で何度も「お父さん、お父さん」と呼びかける。

これは亡くなる6時間前の話です。

「お父さん、大きい声で呼ぶからうるさい?ちょっとでもわかったら反応してね」

父の目に涙がにじんでるから「きっとわかってるんだけど、辛くて反応できないだけよね」と
話しかけたり。

夜9時23分私は病室で人が死に行く姿を初めて経験しました。

「父の死」一瞬何が起こっているのかまったく理解できない瞬間でした。

「これってどういうこと?」モニターのすべての数字がゼロになったってこと

「お父さんの酸素マスクが反応してないって息が止まったってこと?」

「もう一回動くんでしょ?これって終わりってことじゃないでしょ?」

病室には弟と私と医師である夫。もしかしたら夫を1番医者と感じた日だったかも。

この日から、父のことを語るすべての言葉が過去形になりました。

父が亡くなる瞬間まですごく悲しかったのに

亡くなった瞬間から、それが寂しさに変わりました。

悲しいときは、涙が出たのに、寂しいってことには涙が出ない?

その別れの瞬間から、葬儀までまったく涙なし。

ところが、出棺のとき、お父さんがお父さんの大好きな家から出て行く瞬間

またものすごく悲しくなりました。

末期癌と聞いたのは、2年前のことでした。

今日、父のスーツを片付けていたら、その癌を宣告された日着ていたと思われるスーツを発見。

ポケットの中にはタリーズコーヒーのレシートとハンカチとクシとティッシュ

その日、弟とタリーズで待ち合わせしてるって言ってた・・・そういえば・・・

これって告知される前だわ・・・レシートの時間と、オーダーの多さでそれがわかった。

告知された父は弟の方にすがって泣き崩れたと聞いたけど

弟は初めて父のそんな姿を見たと言っていた。

私は棺の中にお父さんの最愛の母親、私にとっては「お婆様」の写真を入れてあげた。

予定より1週早めてお見舞いに行ったつもりが、葬儀になってしまい

そのままこの1週間お休みをいただいています。


d0148223_3342897.jpg

d0148223_335221.jpg

by rangsjapanm | 2014-06-20 04:18 | Trackback | Comments(0)

ラングスオフィス仕事中、そして東京おもちゃショー2014

今日のラングスは東京おもちゃショの搬入でオフィスは7人だけ

人数は少なくても電話の数は変わらず、
私も電話に出ています。
d0148223_13285879.jpg

虫よけパラキートのサーフボード型の
ディスプレーがオフィスに違和感なく存在しています。
d0148223_13291931.jpg

by rangsjapanM | 2014-06-11 13:33 | Trackback | Comments(0)

東京おもちゃショー2014!ポップスニーカーズがラングスブースに!

去年の東京おもちゃショーのポップスニーカーズです。
今年は成長した2人はポップスニーカーズを卒業で
3人のユニットになります。


土曜日、パブリックデーには11時1時3時にポップスニーカーズによる
ショーを行います。

今年の衣装も私がコーディネートしています。

一生懸命お店で選んでいると

スタッフの方からダンスの先生ですか?と聞かれました。
by rangsjapanM | 2014-06-11 10:54 | Trackback | Comments(0)

キネティックサンドは銀座博品館やトイザラス全店で販売中



by rangsjapanM | 2014-06-08 14:11 | Trackback | Comments(2)

素敵な結婚披露宴にご招待いただきました!

披露宴で奥様にはじめてお目にかかりました。
d0148223_2255731.jpg

とても素敵な方です!
d0148223_20564013.jpg

ラングスジャパンからは石寺さん山口さん私が参加させていただきました。
d0148223_2121942.jpg

DJがいい感じです。
d0148223_20574994.jpg

スケボーの仲間が集まるパーティーはやっぱりかっこいい!!
d0148223_2057689.jpg

私と石寺さんはいつもの服装にアクセサリーを少しオーバーに付けて
何とか決めました!
d0148223_20573077.jpg

センスがよく、とても心地がいい時間でした。

お招きいただいたこと本当にうれしく感謝です。

茅ヶ崎からのドライブ、山口さんに運転してもらい
ワインがいい感じで、気が付いたらもう家の前でした。


by rangsjapanM | 2014-06-04 21:02 | Trackback | Comments(0)

運動会でお弁当作りました

運動会に来てね!とずーっと前から予約をしている孫。
d0148223_10534358.jpg

娘婿の家族と私たち家族が集まり総勢8人。
運動会でのお弁当は、私が作りました!朝5時起き。
d0148223_10535319.jpg

自分の子供の運動会には、こんなお弁当は作ったことなし。
仕事で忙しく、手作り風に見えるように詰め込んだものを用意したものでした。
d0148223_1054387.jpg

自分の子供にはしてあげれなかったから、子供の子供に
せめての罪滅ぼしなのです。

いつも、ラングスのモデルをしてくれてる淳君の
運動会でした。
d0148223_10551953.jpg

学校では子供だけど、会社の仕事は気合を入れて大人顔!

ドッチビー600を販促物に使いたいという業者さんのために
写した最近の写真は気合が入っています。

今日はキネティックサンドの動画も撮りました。
by rangsjapanM | 2014-06-02 17:00 | Trackback | Comments(0)

ラングス代表小林美紀です。仕事をしていく中で感じるさまざまなことを書かせていただいております。http://www.rangsjapan.co.jp/


by rangsjapanM
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る