<   2014年 01月 ( 10 )   > この月の画像一覧   

人に繋いで行く事で、花開いたこと。「ストリート家族」   

RAW SKOOL presents『すとり~と百景 』浮世絵展 レセプションパーティ@国際フォーラム
スケーターでイラストレーターのNAGAさんの作品ですが
d0148223_11155855.jpg

この絵は「ストリート家族」と言うタイトルで、DJの機材あり、スケボーありで
まるで小林さんの家族じゃないですか?!と言われ思わず夫と指差しました。

横にいる人は夫ではなく鈴木一泰さん、デザイナーでありイチロー選手のおにいちゃまで
私の大切な友人です。
d0148223_11163933.jpg

この作品展に至るまでの経緯は昨年末、鈴木さんからこのデザインを紹介され
私がまたこれを生かしてくれる人を紹介し・・・よい出会いで、
最良のマッチングができて花開いたものです。きっかけは鈴木さんだからすごい!

その、仲間たちです。
d0148223_111784.jpg


この後、鈴木さんと夫と3人で食事、やさしい2人に囲まれ幸せ心穏やかな
ひと時でした。

それにしても、浮世絵を背景にその中の人たちにストリート系の遊びを
はめていくって、すごいアイディア。若い才能の革新と柔軟性にみずみずしさに
ワインで乾杯のひと時。

そういえば、最近細胞かなんかですごい発見した研究者もすごく若い女の子でしたね。

周囲の大人たちが愛いある(会いある)サポートすれば一瞬にして花開く
才能多き若者とかかわることができ、幸せをもらったひと時でした。

土日は金沢でしたが、駅構内この景色見るやいなや
「リップスケートーやりた~い!!!」と思わず叫んだ私に・・・
d0148223_11414387.jpg

冷静な夫が、あれ見て・・・と指差した看板が・・・これ!
d0148223_11421348.jpg

50年後もこんな看板あるのかな~!!!

小林さんちはストリート家族ですね・・・と、言われましたが

確かに!!!

久しぶりに、私のユーチューブ!リップスケート世田谷公園パート2



リップスケート世田谷公園パート1


商品を販売するときは、自分が楽しめて感動できるもの
そして子供たちを育むものしか扱いません。
これは、メーカーとしての1番大切なハートの部分です。

賛同してくれる、人と仕事をします。(会社じゃなくてあくまでも人)
そうじゃないと、私の考えを伝言ゲームにすると・・・だんだん意図が変わってきて

最終のメッセージが変わってくるでしょ?

このニュー浮世絵が世に出ることができたのも
その間に間違いなくデザイナーの意図を伝える人だけがかかわったからです。


私の場合絵画展は棚割りといって売り場つくりですが

自分のものだけで世界観が出せる日がいつ来るのか

がんばらなくては!絵画の個展とは異なり完売しないといけない個展ですよ。

リアルな売り場って・・・

私も染色を学んでいたので効した個展を開くのが淡い夢でしたけど

私の個展は来週水曜日から始まる東京ギフトショーです。

by rangsjapanM | 2014-01-31 11:30 | Trackback | Comments(0)

仕事で新宿   

世田谷に住み世田谷で仕事する私は、たまに打ち合わせで
ビルだらけの新宿に行くと、まるで旅行者気分。
東京に住んでいても、家事と仕事にだけ集中してればそんなもの。
d0148223_520385.jpg

海外では常宿だけど日本ではめったに行かないハイアットでたまにはランチ。
仕事がうまく運んだ時ぐらいは♪

41階から眺める景色、遠くにスカイツリー
スカイツリーもテレビで見てるだけ。まだ行ったことはない。
時間に限りあるから優先順位を考えると多分とうぶんは行ける場所ではないかな・・・

大きなビル群を車で通りすぎる時のわくわく感は
東京に来てからもう何年たっているのに変わらない。
d0148223_1525025.jpg

この建物は外国の人が見ても素敵と思ってくれるはず!と、
いつも海外からのお客様にちょっと自慢で案内するコース。
d0148223_153487.jpg

激しく仕事をしたあと

家に帰ると屈託のない笑顔が待っています。
社長!じゃなくて、おばあちゃま!おばあちゃま!という呼び方で
私の気分が自然と切り変わります。
d0148223_5213970.jpg

ご飯を作り,洗濯をし、掃除をする合間に仕事をしてるのか
仕事の合間にそれをしてるのか、とにかくどちらも真剣に
毎日同じことを繰り返しているのに飽きることなく

どちらも、だんだん深く味わえるようになってきています。

主婦が仕事をするって、相当のエネルギーが必要です。

このエネルギーを与えてくださった神様に感謝です。

by rangsjapanM | 2014-01-24 05:45 | Trackback | Comments(0)

1月は3人誕生日ちょっとハッピーな1日   

8人家族全員集合!
1月生まれ合同誕生会を家の近くのレストランで。

盛り上がる3人の記念写真、その横にちょっと冷めた長男の顔が写りこんでいました。
これも記念だから、編集カットなしで掲載。
d0148223_2053857.jpg

夫が3人のプレゼントを用意してくれ、レストランのオーナーがお花を用意して
下さっていました。
d0148223_20233058.jpg

私はちょっとスピーチさせてもらいました。

1年を生き抜いて迎えることができ1歳年が増えるって
すごく幸せなこと、あたり前なことではないんです。1年を区切りに考えると
ちゃんとゴールにたどり着けたってこと・・・とかいろいろ
d0148223_21271090.jpg

d0148223_2055017.jpg

3世代同居、大家族での生活は自分が結婚するときからの願いだったので
この感じは、とても嬉しい状況です。
d0148223_20619.jpg

この写真は、偶然お店の前を通りかかった木村君に

「おねが~い」と合図して入ってきてもらい撮ってもらったという
おまけつきの記念写真でした。

思いがけず、28歳の時、沖縄に住んで専業主婦だったころの
お友達からもプレゼントが送られてきました。
d0148223_20305696.jpg

30年あったことがないお友達ですがお互い変わらぬ友情を持ち続けています。

レストランに行く途中
母が入院し家に一人でいる父に電話しました。
「お父さん。今日は私の誕生日。家族全員8人集まってフランス料理、レストランで食事。
お父さんが一人でいると思うと、なんだか悪い気がする」というと

「そんな楽しそうに祝う様子を聞かせてもらうだけで、嬉しい」と笑って答えてくれました。

やっぱり、私のお父さんだなーと、さらに誕生日が幸せな気持ちで
満たされました。

父に頼んで母にも電話を代ってもらい
「覚えてる?今日私の誕生日だけど・・・昔、私の誕生日にいっぱい料理作ってくれたね
手まり寿司とか、フルーツポンチとか、3人の中で私のがいつも1番豪華だったね・・」

母は「覚えてる覚えてる」と、答えてくれました。

両親にもまた一つ年を重ね誕生日を迎えてもらいたいと思っています。

弟にも、写真送りました。
「おめでとう・・・いい写真だね…ありがとう♪」と、ラインから
d0148223_21274756.jpg

ちょっとハッピーな1日でした。

by rangsjapanM | 2014-01-20 20:11 | Trackback | Comments(0)

パリにて   

仕事でヨーロッパなんて何度も行っているんでしょ?
といつも聞かれます。

私は生まれて初めてヨーロッパという場所に足を踏み入れました。
子育てしながらの海外出張なんてなかなかできませんでした。
d0148223_2053872.jpg

ヨーロッパに何度も行っている雰囲気に見えるらしいですよ・・・私は。

これが、あの教科書にでていた凱旋門かぁ・・・と、嬉しくなりました。

で・・・素敵なものがどんどん目に飛び込んできて景色よりこれ!!!
d0148223_20194937.jpg


こういう感じが好きなんですよ!

自宅のリビングの壁は煉瓦でレッドだから、これを置いたら合いそう・・・・

ただし、4分の1縮小バージョンで

多分、東京ももっと素敵なんだろうけど東京ではゆとりがなく
見ていないだけかもしれません。
d0148223_10563073.jpg

昨日次女に言われました・・・「お母さんは、東京では空だって見たことないでしょ!」と・・
d0148223_10564550.jpg

言われてみれば・・・昼間に見えた月・・に驚いていたのは最近のこと。
d0148223_10565855.jpg

きれいな色しか目に入ってこない私です。
d0148223_11113464.jpg

展示会なんかより、普通にしていて目に飛び込んでくくるものから受ける刺激が
私には必要です。仕事から離れる時間ってこと・・・

by rangsjapanM | 2014-01-17 20:05 | Trackback | Comments(0)

次女の誕生日   

今日は30年前、次女を生んだ日です。
陣痛で起きた時間とほぼ同じ時間に目が覚め
当時のことが鮮明によみがえってきた。
d0148223_4393589.jpg

長女の時は、産婦人科医になりたての夫の横に医局長がいてそんな中で
大学病院で、お産の緊張以外の夫の上司への気遣いの中での出産。

次女の時は、小さな産婦人科で出産したので
分娩室がなかなか暖まらなくて、とにかく寒さで震えながらの出産。

25歳で結婚し3人の子供を自然に生んだ私にとって
30歳で独身の彼女を眺める気持ちは心穏やかではないけれど

母親として見守るしかない。

成人式には30歳まで独身でいてね・・・と、祈った覚えはないんだけれど・・・
d0148223_8405020.jpg

そういえば、最近当然ながらこんなスキンシップないなー。

子供は2歳までの記憶はほとんどないから
親がどんなに大切に育てたか覚えている由もなし。

覚えてる親に対し覚えてない子供・・・この記憶の差が及ぼす関係が親子関係における
愛情の差です。

これは、彼女が子供を持つまで埋まらない気持ちの差かな?

母から娘への愛情>娘から母への愛情

DJを仕事に自力で頑張っている姿はたくましい?!けど、親心としては不安です。
多分、私の母も私には不安だらけだったはず。
d0148223_8451774.jpg

オーストラリアのDJと娘をなだ万で「おもてなし」

あなたの仕事理解してるわよ・・・と、私の精いっぱいの愛情表現がこれ・・

本当はラングスジャパンの仕事を一緒にやってほしいのが本音です。

by rangsjapanM | 2014-01-17 04:34 | Trackback | Comments(0)

ブログにキネティックサンドのことが書かれていました。   

ファッション誌『VERY』専属モデル「滝沢眞規子さんのブログ」

http://veryweb.jp/diary/2014/01/post-560.html

FBのメッセージ欄から「ブログにキネティックサンドのこと書かれてありましたよ~」
とメッセージいただきました♪

by rangsjapanM | 2014-01-15 20:48 | Trackback | Comments(0)

仕事で幸せと感じた日。両親に感謝。   

今日は何度も幸せな気分になりました。

仕事、パーフェクトに思うような方向に進めることができたからです。
そして、いかに年末から自分が
辛かったかということに今日気が付きました。

その最中は辛いとは感じないのに、幸せと感じた日
はじめて・・・今まではよっぽど辛かったんだ。私は・・・と気がつく。

辛さを幸せな日に同時に気が付くなんて、効率的な私です。
あらたな自分分析も今日できました。

そして、これがその幸せな今日の顔。息子にラインで送ったら
「おおお、いい写真!長生きしてね」と花束のイラストを添え返ってきた。
d0148223_248382.jpg

街にはこうした馬のディスプレーが多く見受けられます。

そのたびに、エコポニーをおもだし、ドキッとします。
どれだけ、私の頭のなかって仕事一色?

自社商品のプロモーションをしてもらってる錯覚に陥るんです。

辛さも、嬉しさも、癒しも、感傷も幸福も言葉にかけない気持ちの数々
「仕事」は私に与えてきます。

「社長って仕事好きでしょ」とよく言われますが
そんな一口で言えるような簡単なものではないですよ。

「大好き!」って答えたら期待に応えられるのかもしれないけれど

そんな単純な一言で答えられる領域は遠に超えています。

久しぶりに、頭とエネルギーを最大限に発揮した2日間

パーフェクト!!!パーフェクトと何度も心の中で繰り返しました。

そのことを国際電話だけど長々と
1番最初に伝えたのはやっぱり、父です。

詳しい話はしないけど、私の喜びが伝わるらしくて一緒に喜んでくれました。

仕事の成功を喜んでくれた後で
無理がない程度でいいから、
母の見舞いに来るようにと遠慮しがちに帰省を促されました。

弱り切った母を見ると、私の仕事のエネルギーがそがれるのではないかと
少し怖くなるんです。

期待と責任を背負ってスターとした2014年も
私は期待通り頑張らなくてはいけないと、その責任でいっぱいだからです。

去年の暮は、来なくてもいい・・・と、言った父だったのに

「一度会っておくように、顔を見てほしい」と今年が始まったばかりなのに
去年とは異なることを言う父。

「お父さん、今日は何を食べた?」
「それだけじゃあバランス悪いから、ちゃんとみかんも食べてね。
ビタミンも必要だから」と言って

私は電話を切った。

私をこの世に出してくれた両親に心の底から感謝しています。

今日、私は本当に幸せでしたから。

by rangsjapanM | 2014-01-08 23:40 | Trackback | Comments(0)

お正月、一瞬だけ会える子供達   

帰りがけ子供に、玄関でいつもちょっと待って!
帰る前に写真写すね・・・と、呼び止めるのは写真を写したいからなのか
ちょっとでも一緒にいたいのか・・・つい呼び止めるのがいつもの私のくせ
d0148223_6245277.jpg

ああ、またかと思って…きょうは笑顔のサービスがない長男
d0148223_4192438.jpg

次女はちゃんと笑顔

子供はいつまでも私だけの子供ではないと思い知らされる
お正月です。

みんな帰っていく場所がある。

私の両親も、お正月に帰って行く私をそんな思いで見送ったに違いない。

そういえば、実家の石段を下りていく時

母はいつも写真写そう・・・「お父さん、カメラ…カメラ・・」と言っていた。

同じことをしている・・・私。

母がカメラを持たなくなって何年たっただろう・・・・

父が母の見舞いに行く明日、携帯電話で母の声を聴かせてもらう約束をした。

携帯電話をほしがった母に「家に電話があるから持つ必要はない!」といった父は
今、自分が言ったことを後悔している。

後悔することが多すぎるけど、私の生き方の参考になればいいと開き直ってもいる。

母はもう携帯電話をほしいとは言わない。

明けましておめでとうございますと、心の底から言えるお正月ではなかった2014年のお正月。

たくさんの年賀状のプリンとアウトしようと思ったらプリンターまで調子が悪くて

寒中お見舞いに切り替えようとしている開き直り方は父に似ている。

by rangsjapanM | 2014-01-07 06:33 | Trackback | Comments(0)

2014年ブーメラン初なげは二子玉川河川敷にて   

恒例になってしまった、初投げ1投げ目でのキャッチ
今日も、ちゃんとできました。
d0148223_21142795.jpg

二子玉川河川敷での初投げは20年以上も続けています。

キャッチができた年のラングスジャパンの勢いはすごいです!

そのことを忘れて、じゃ投げよっかな~と気楽にやっていると

「社長~、いつもの一投目ですよ・・・いいんですか・・・」と言われ回りを見たら

キャッチをサポートしようと周りを囲まれていました(笑)

どうにか、なりふり構わない走りっぷり・・・自力でキャッチしました。

やっぱりブーメランは楽しい!!!!今年は4月にオーストラリアで
世界大会開催です。

2年に1回、世界大会が開催されラングスジャパンからは1人参加しています。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
1月6日…追記

1本常に携帯していれば、広い場所に遭遇すれば
いつでもどこでも1人で楽しめる、とても面白い遊びものです。

私はその1本で、12時間ほど投げ続けたことあります・・・飽きもせず・・・

ブーメランも仕事と同じで奥が深いから飽きることがないんです。

自分が風を読みながら投げる方向を間違えることなく
風と力の加減と自分に合った機種選びを間違うことさえしなければ
そして周囲の人にあたらないように・・・

思いっきり投げて、パーフェクトに円を描いて
自分の手の中に吸い込まれるように戻ってくる快感

これはいつも仕事で味わう、思考と快感と責任の取り方とバランスのとり方に
似ています。

20年以上投げていて、このメンバーに入れ替わりはありますが
これより増えることも減ることもない・・・そんな初投げは心温かい集まりです。

by rangsjapanM | 2014-01-04 21:21 | Trackback | Comments(0)

謹賀新年2014   

2013年の最後の仕事は、銀座博品館への納品!
1月31日のこと.

日本橋にお正月の準備をしようと出かける矢先、携帯に電話・・・商品が足らなくなったとのこと。

「方向が同じだから、行きますね!」と、納品は夫の運転する車で。

「仕事も家のことも完璧だね・・・」とつぶやく夫の小さな声がきこえた。

帰り道、赤坂を抜けるこの景色が2013年の終わろうとしている、すがすがしい気持ちの中に
飛び込んできた。私の好きな景色です。
d0148223_164233.jpg

「元旦の夕方の渋谷ってどんな感じかな?見てみたくない?」と
私と同じくらい好奇心旺盛な夫を誘いちょっとドライブ。

道玄坂のお店はほとんど開いていて、スクランブル交差点はすでに人でいっぱい。
d0148223_193375.jpg

1年の始まりに見るこの見慣れた景色がとても新鮮に感じられた。

この東京で、2014年も私は頑張る!そんな気持ちがふつふつとわいてきた。

いつもよりはちょっと静かな東京をドライブして
今年のスタートをきった。

初詣の神社の境内で
ラングスバランスバイクに乗る男の子に遭遇したことが
すごくうれしい思いがけない出来事でした。

2014年、私は去年以上に努力し挑戦し続けます。

by rangsjapanM | 2014-01-02 01:18 | Trackback | Comments(0)