人気ブログランキング |

<   2013年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧   

オーボールは赤ちゃんが初めて触るスポーツトイ   

ちょっと、躊躇したらチャンスはすぐ自分の目の前から立ち去ることを
このオーボールという商品で痛感した。
d0148223_19412976.jpg

その時、私はXジャイロを選び、世の中に広めることに集中した。
そしてオーボールは気がつくと他社の取り扱い品目となっていた。

でもXジャイロもオーボールと同じく誰もが知るスポーツトイとして育った。
10数年たっても先週も取材を受けるXジャイロもよい商品です。
d0148223_20154011.jpg

そのことを満足していたけど、オーボールのことはずーっと気になっていました。

10年以上たち、ようやくまた再び販売するチャンスに恵まれ

スポーツとしての切り口でラングスジャパンらしい提案をしてみました。
d0148223_18393291.jpg

昔はオーボールだけだったのですが、いつの間にかいろいろ増えています。

商品名だったオーボールは今ブランド名となっています。

この商品を開発したアメリカの社長の手からもこの商品はすでに離れて行って
ある大きな会社のものになっています。

よい商品はいつまでも継続されていきます。

by rangsjapanM | 2013-05-30 18:40 | Trackback | Comments(0)

東京インターナショナル・ギフト・ショーと歩んだ20年   

20年ほど前から欠かさず出展している東京ギフトショー
最初は小さなショーで池袋のサンシャインでした。先々代の故芳賀忠社長は
気さくな方で、いつも肩にカメラを持ち小さなブースを回り写真を写してくださり
お声をかけてくださいました。当時ギフトショーの出展社も少なく社長も一生懸命でした。

お亡くなりになってから奥様である現会長が社長になられました。
そして今この本をお出しになり、出版記念パーティーに参加させていただきました。
私の仕事も常にもこのショーとともにあり、感慨深い気持ちで会長のスピーチに聞き入りました。
d0148223_13312859.jpg

何度かバイヤーさんたちの投票により大賞をいただき、芳賀会長から
表彰状をいただきました。
d0148223_10251782.jpg

たまたま写真があったものだけですが晴れがましい思い出を改めて掲載
d0148223_10252617.jpg

d0148223_15255198.jpg

いつも、本当にうれしかったです。
d0148223_10253673.jpg

いつもすごいですね。と、小さく優しい声をかけていただきながら手渡してくださいました。
d0148223_1026236.jpg

この出版記念パーティの日は浅草ビューホテルで6時からでしたが
同じ日、平和島で取引先の社内展が6時までありそれから車で移動。

移動中あせる気持ちの中にも癒される景色に出会いました。
d0148223_5101112.jpg

送れてテーブルにつきましたが、直接ご挨拶させていただきました。

沢山のお花が届いていて、私はその本とともに幸せのお花をいただいて帰り
リビングに飾りました。

ご夫婦で起業されたビジネスガイド社のギフトショーはたくさんの企業を育ててくれました。

心から感謝をこめて、参加させていただきました。

by rangsjapanM | 2013-05-24 13:32 | Trackback | Comments(0)

東京ミッドタウン・ママフェスでのラングスジャパンの役割は・・・   

2013年ゴールデンウイークのイベント
これでした。同じ主催者さんから二子玉川ライズでの
イベント依頼いただきました。
今月27日です。
急遽、ご依頼いただき 東京ミッドタウン芝生広場でラングスが
遊びのコーナーを設置。イベントはママフェス
打ち合わせ時間が少ない中でも、私は楽しんでいただけるコーナーを作れる自信は
絶対ありました。
どんな場所であっても、どこから依頼されようと。
それがアウトドアであってもインドアのイベントコーナーつくりであっても。
そうしたことに集中してきた25年間の経験が感覚的に自分を動かします。
d0148223_8592047.jpg

搬入したとき目にしたスペースは、すでに私が電話でお願いしイメージした通り。
ぶっつけ本番、事前に場所の確認をすることもなく本番前の1時間で
すべてを設置しなければいけない。
d0148223_904359.jpg

安全のためヘルメットを用意しそれを口頭で一人ひとりにかぶるよう伝えるのは
合理的ではないので主催側に頼んで2枚ラミで作っていただくようお願いしたら
1時間もたたないうちに、もう出来上がってきた。
d0148223_911915.jpg

少し坂になっているので、ローラーのスピードが上がりすぎていると感じていたら
翌日会場に着くと、場所が傾斜のない側に変わっていた。これもさすが!
その阿吽の呼吸が嬉しい。
d0148223_924174.jpg

私も当然なれているけれど、ママフェスさんもお子さんの安全や
より楽しめるやり方を生ものをあつかうようにリアルタイムで見ていてくださっていた。
d0148223_1025013.jpg

ブログ掲載OKですか?・・・
d0148223_9432275.jpg

快く応じてくださる素敵なこの方はジャケットを脱いで靴下まで脱いで本気モード全開

全てがが気持ちの良く進んでいく。
d0148223_933413.jpg

日ごろデスクワークしているスタッフ全員にこのイベントを体験させたくて
みんなに声をかけたら、休日にもかかわらず出てくれた。
d0148223_101528.jpg

とってもかわいいお子さん!ママに了解をいただきブログに!

スタッフ全員が、自分達の仕事の意義を感じられ今後のモチベーションに
つながった様子がみんなの表情から伝わってきた。
d0148223_9466.jpg

主催者の方から
「販売してもいいんですよ。」と事前に言われたけれどお断りし、
私達は楽しみを伝えることに集中した。

どこで売っているんですか?とよく聞かれた。
そのたびに、お住まいを聞いて私達が知る限りの
販売店の名前をお教えした。
d0148223_9554100.jpg

すでにラングスの商品を持っているとおっしゃる方には
「どこで購入されたんですか?」と逆にききました。
とても勉強になりました。

d0148223_152803.jpg

搬入とディスプレーとスタートの流れを作るためだけにやってきた私でしたが
結局2日とも終日参加しました。

理由は幸せだったから。

日頃のデスクワークはとても地道な作業で、ここは自分達のしている仕事が
現実となって目の前に広がっていて
スタッフの顔を眺めるとみんな微笑んでいる。多分私と同じ気持ちなんだな~と思え
ラングス商品で楽しんでくださるユーザーの顔も見守るスタッフの表情も
みんな楽しそうで、その様子を見られることは、あんなに嫌っている日焼けさえもどうでも良い
と私が思える気分にさせもらっていた。
d0148223_985458.jpg

5時撤収スタート、それでも乗っていたいお子さんには気が済むまで乗ってもらいました。

バランスバイクのお子さん
写真ブログに掲載してもいいですか?と聞きました。あまりにも嬉しそうなお顔。
そのお子さんのパパが動画を一生賢明撮影。

ママも嬉しそう。何組もそんな家族を見させていただきました。
d0148223_99474.jpg

日焼けを何よりも恐れている私が10年分の日焼けをしてしまいました。
1日目、首や腕がひりひり

2日目がら帽子をかぶりました。

搬出を終えザミルさんがみんなを写してくれました。
d0148223_910185.jpg

2日とも出てくれた木村君の日焼け!

「日ごろも一生懸命仕事してるけど、日焼けして帰った夫って妻にとっては
もっと仕事してきたことが現実味としてあるんじゃないの?・・・・・」と私
d0148223_911258.jpg

木村君にマリアッチが歌のプレゼント・・・「ヒ~ハ~」と掛け声の歌を耳元で歌ってくれました。

会社では細かい注意を私からされている時とは打って変わった表情ですね。

会社で注意されながらも現場での幸せをもらいながら
スタッフは成長してくれることでしょう。

そしてラングス商品を「成長のツールとして選んでくださるご家族」

「ママフェスにはラングスが必要・・と、参加を推薦してくださって方」

そして3日前、急遽ネットのページも変更してラングスを加えてくださった「ママフェスさん」

「日ごろ販売してくださっている店舗」さんに感謝です。

2日間、何の事故もないよう見守ってくださった神様に感謝です。

by rangsjapanm | 2013-05-19 08:56 | Trackback | Comments(2)

仙台市立柳生中学の修学旅行、生徒たちの訪問先ラングスジャパン   

毎年この時期になると、修学旅行の一環として訪問取材をいただいている。
今回のテーマは「魂のプロフェッショナル」・・・私?
訪問の目標は
「ものごとを始める勇気を学び自分もいろいろなことを決断し行動する力を身に付けて
将来に生かす。」ということで、女の子たちばかりがラングスジャパンを選んでくれました。
d0148223_2393297.jpg

いつもの3階の商談ルームで皆の質問を受けそれにこたえること1時間。

マイナスに考えていたことが実はプラスなのだと一瞬で思える魔法の考え方伝授。

「いやだな~と思ったこと何かある?」と言うと
質問
「今日スカイツリーに乗るはずがエレベーターのメンテナンスで中止になったこと。」
答え
「登ることを楽しみにするための時間がいっぱい増えてよかったし
修学旅行じゃなくても、もっとかけがえのない人と登ることになるその日を楽しみに!」

と、一人ひとりにどうしてもプラスに考えられないことを言ってもらいすべてプラスに変えたり・・

「いやだな~と思えることを考え方ひとつで、一瞬に有難いと思えることに変換できるくせが
身につけば、いつも幸せに生きれるんですよ」と話す場面もあったり


ラングスジャパンと言えば遊びもの!話もそこそこに切り上げ
1階のショールームでの体験コーナーへと続く
d0148223_2392320.jpg

ラングスの商品で遊んだことがある!とドッヂビーやフラットボールを指さす。
ポップスニーカーを見つけ
「これ買ってほしかったけど、すぐ足が大きくなるからと買ってもらえなかった」という子
d0148223_231023100.jpg

新発売したばかりの、スピンジャイロで盛り上がる。
私も皆に交じって床に座り込んであそんだ
d0148223_23103274.jpg

ゾインゴボインゴもみんな知っていた。これも得意な子はたった一人・・・
小さいころに、5分間ぐらい続けてホッピングしてたという。
やっぱり小さいころ何であそんだかということが大きくなってからも影響する
d0148223_23472546.jpg

リップスティックはだれも乗れなくて私がデモンストレーション
中学生たちが驚く。
d0148223_23105811.jpg

無理!って、考えを捨てて挑戦すれば、こんなことだけではなくなんでも可能になると
乗りながら話すと、みんな挑戦し始めた。
リプスティックで遊んだ最近の小学生は中学生になってももちろん楽々乗るだろう
d0148223_23524829.jpg

エコポニーはみんなの笑顔を一気に引き出してくれた
d0148223_2394559.jpg
d0148223_2395616.jpg

大きなスフィアの中に入って楽しそう!
d0148223_2310899.jpg

そろそろ終わりの時間が近づき、班長の齋藤さんが、練習してきたセリフのように
挨拶をし始め色紙を書いてくださいとのこと・・・
自分が中学生の最後の文集に書いた、「自分の無限の可能性を信じたい」という言葉をかいた。
d0148223_2391291.jpg

「中学生のころも無限の可能性を信じていたけど
今もまだ無限の可能性を信じて頑張っているんですよ。これくらいの年になっても
中学生のころと信念は変わらないものですよ。」と言った。

「達成感はどんな時に感じます?」と質問された。

「1時間ごとに達成感があって、
その小さな達成感の積み重ねが大きな達成感につながってるから
勉強も同じで、1時間くらいしたら達成感を感じるでしょ?その達成感をたくさん
感じたら気が付かないうちに大きな達成感が自分にやってくるんですよ」と
そんな話もした。
d0148223_0193171.jpg

明日はディズニーランドに行くそうです!

中学生かぁ・・・・遠い昔のような、ついこの間のような・・・

こうして修学旅行の訪問先にディズニーランドと並んで選ばれたこと光栄です。

ラングスを訪問し、私から何かを感じ取ってくれた柳生中学のこの生徒達が
どう成長していくのかとても楽しみです。

by rangsjapanM | 2013-05-18 08:11 | Trackback | Comments(0)

週刊少年チャンピオン5月23日発売号フラッシュローラーボード懸賞品決定!!!   

週刊少年チャンピオンとラングスジャパンの商品の相性がよく
いつも反響がすごく、沢山の応募をいただくそうです。
今回はいつもよりたくさんプレゼント用意しました。当選確率大!
d0148223_1174071.jpg

それがこれです。フラッシュローラーボード。
ゴールデンウイークもラングス商品の中では大人気の商品で、
吉祥寺のオッシュマンズで店頭に並べた瞬間売れたと報告をいただきました。

プラザスタイル、銀座博品館、原宿キディランドでも売れたのでスタッフも大喜び!

光るって、わかりにくいのでこんなポップも用意し、同じシールをリアケースに貼りました。
d0148223_1172224.jpg

1970年代のデザインのレプリカ的な形ですが
ビスを4色変えたり、ローラーを4色に変えて透明にしたり光らせたり
d0148223_1125381.jpg

d0148223_11252083.jpg

ラングスジャパンのエンボスも入りこれが3800円なのです
d0148223_14253693.jpg

兄弟2人ともに同時に買って上げれる価格をいつも想定し設定しています。
d0148223_1175064.jpg

フラッシュローラーのシリーズ第2弾は
フラッシュローラーボードです。

by rangsjapanM | 2013-05-09 11:19 | Trackback | Comments(0)

ゴールデンウークのアルバム奈良の実家と石川の実家にて   

「撮影アハマド・ザミル・ビン・アリ
外人は日本の素敵さを見る目が違うと感じる写真撮影に感謝。」

ゴールデンウイークに休めるなんて夢のようです。
みんなが遊ぶ時は、私は仕事!つい数年前までそれが私のゴールデンウイークでした。
d0148223_13123695.jpg

今年はゴールデンウイーク前に私のやるべき仕事が済んでいます。
仕事の質が変わってきたように思います。
ゴールデンウイーク後半、家族全員で私の実家と夫の実家に顔を見せにいきました。
d0148223_10135184.jpg

奈良公園でエアロビーを投げたりブーメランを投げたり
d0148223_1521955.jpg

移動の途中で見つけた楽しそうな場所で、遊びながら目的地に向かう気楽な旅行。
目的とする時間を設定しなくても良い旅行は渋滞さえも私には楽しく贅沢な時間に思える。
d0148223_13125994.jpg

今年はデモンストレーションを管理してくれる社員の木村君や学生アルバイトの森さん、
自主的にやってくださる売り場の担当者さんがいてくださったり、ありがたい。

報告がスマホに入る・・。私は奈良の義母のところに顔を出しその後、石川の両親のもとへ。

私が送ったチューリップが咲いている庭を見て両親の元気が伝わってきた。
d0148223_13262071.jpg

それから
大好きな2人の叔母のもとにまで足をのばすことが出来ました。

これはその叔母の家・・・国旗を出してちゃんとお祝い。
d0148223_13134711.jpg

こどもの日、叔母の家で代々の節句のお飾りの前で写真を写したり
d0148223_1319233.jpg

子供の頃から、いつも素敵だなと思っていたお庭は変わることなく手入れがされていて
几帳面な叔母の血を私も受け継いでいるかな?と感じることも・・・
d0148223_9511635.jpg

d0148223_948563.jpg

右手の長く続く渡り廊下を歩き、奥にある離れの部屋はとても重厚で
叔母の自慢の部屋。能登上布という布の産地でかつてはその織元で
後に、特殊な絹の布を海外に輸出していました。

独自のアイディアを持った競争のない商品を作らなければいけないと、
昨日もこの叔母から言われました。

4月の売り上げを伝えると、すかさず「納税金額は?」と切り返えされた。
d0148223_22151753.jpg

叔母はマシンガントークで・・・「こんな思いやりのある人いないでしょう?」と
自分で話を締めくくってそのトークは終わった。

「いるいる。。ここに」と私も負けずに自分の鼻を指差す。と「ありがとうね」と、流された。
d0148223_22102160.jpg

もう1人訪ねた叔母は夫の叔母で私の大好きな人。

3人の共通点は経営者と言う点です。この叔母は奈良で調剤薬局を店舗展開。

80歳過ぎた叔母が最近ピアノを習い始め、エリーゼのためにが弾けるけど
弾けば弾くほど奥が深いといい、極めようとするところがすごい。

2人の叔母は今現在頑張っていることをちゃんとアピールする。

80歳過ぎても相変わらず好奇心とチャレンジ精神一杯の叔母達から私にしては珍しく刺激を受けた。

私のリップスティックに乗るところを見て、驚かないし、危ないね・・とも言わず
私がリップスティックに乗るのを当然のように見ていました。
わざわざもって行く私も私だけど。

私も2人の叔母に最近の私が掲載されている最近のインタビュー記事を渡した。

まずは私の写真を美しいほめてくれて、夜にゆっくり読ませてもらうわ・・・と言いながら

またはなしは続いた。

80歳過ぎてなお頑張っている方とは話がぴったり合う。

人は一般的に現役と思われている年齢で頑張っているのは当たり前だけど

こうしていつまでも自分の人生に定年を作らず頑張っている人と話をするのは楽しい。
d0148223_6181746.jpg

たまたま立ち寄った遊園地でラングスジャパンのリップスティックで遊んでいる
女の子を発見!
私の仕事の部外者である夫はこの風景、なんと思ってみてくれているのか?

女の子のお母様に思わず話しかけた。トイザラスで買われたんですか?
メーカーのものですけど写真をブログに掲載させていただいてよろしいですか?
何年生ですか?3年生です。

やっぱり、仕事がいつも頭から離れない。

今回の旅行の運転と写真はすべて、ザミルさんでした。感謝!
d0148223_6273663.jpg

私の思い出をすべて切り取ってくれていました。
d0148223_812930.jpg

d0148223_814845.jpg

ザミルさんが写真と運転大好きな人で、需要と供給のバランスがいいです♪
d0148223_833614.jpg

d0148223_861150.jpg

d0148223_863051.jpg

両親2人だけで住んでいる家に、もう来るのが最後になるかもしれないと
いつも私が恐れている気持ちを察してくれているのかもしれないです。
父は100歳まで生きると、今年も断言してくれましたけど・・・
d0148223_814529.jpg

by rangsjapanM | 2013-05-06 13:06 | Trackback | Comments(0)

門出を祝って!!   

ラングスジャパンの倉庫スタッフはきめ細かく
ピッキングしています。派遣スタッフも多く働いていますが写真は正社員たちです。
d0148223_942670.jpg

左から
いわさき君、スポーツ万能、デモンストレーションもこなします

佐々木君、英語が得意で海外とのやり取りをこなしています

村田さん、自衛隊一佐を退官後ラングスで第2の仕事人生
       ブーメラン世界大会にも出場、ブーメランのお客様へのアドバイスも担当

仙石さん、本社勤務でしたが仕事に対するきめ細かさを身に付けるため
       倉庫作業スタッフとして働くも
       「大阪から単身赴任でする仕事ではないのでは?
       家族のためにも大阪がいいのでは?」と切り出したところ
       本人もそう考えていたようで
       新しい職場も見つかり今月末で退職します。
       ロスタイムなしの移動は本人も家族も私も安心でハッピーです♪♪


鈴木さん、自衛隊を退官後ラングス入社、村田さんとは上司部下のバランスがいい。

      「 倉庫スタッフ募集掲載イメージ写真送って!」、と頼んだら
      この写真が送られてきました!

来週からまたしてもスタッフの面接が始まります!!

仙石さんがラングスジャパンを去り7日から新しい会社に行きます。
お昼ごは代官山のフレンチ・・・たくさん話をしました。
ラングスで働きながら就職活動しても全然OKだからと言っていたので
ロスタイムなしで新しい職場です!!
d0148223_6444994.jpg

お店の方が食事の前に、「今日は何のお食事ですか?」と聞いてくださったので

「スタッフの門出を祝う食事会です。」といったら
このお店で35年前から作っているプリンにローソクを2本立ててもってきてくださいました。
d0148223_6143740.jpg

ポラロイド写真まで、写してくださり

ぼやけた写真が鮮明になるのを見て

「なんだか、結婚記念日の写真みたいと思わない?」と私が言うと・・・

「いえいえ、恐れ多いです」と笑いながら仙石さんが答える

食事の後、会社によってみんなと挨拶

去ると言うより、門出を祝いみんなで「おめでとう!」の記念写真です。
d0148223_14145694.jpg

「これじゃあ敬老の日の記念写真みたいじゃない?」と私・・・

気合を入れて撮り直し!!
d0148223_20125683.jpg

じゃあ・・・そろそろお別れね・・・と私が言うと

「事務的な手続きも、一緒にしておきましょう」・・・と、さすがしっかりとザミルさんが言う

経理の山口さんが書類を持ってくる

今日買ってきた印鑑使います!と仙石さんは離職届けに判を押し
逆算の辞職願を1ヶ月前にさかのぼって書いたものに判を押す

「なんか、離婚届に判押してるみたいじゃない?」と私がいうと、みんなが笑った。
d0148223_623268.jpg

家族のいる大阪でほのぼのと過ごせる仙石さんを想像すると
本当に嬉しいし安心です。

「私は東京のお母さんだからね・・・」と今までいつも何度も言っていたけど

「12歳しか違わないんだから、お姉さんで行きましょうか・」・と、今日は訂正。

何度も仙石さんの口から「感謝」と言う言葉をもらったのは母の日のプレゼント?

出会いも大事だけど、別れるときが新しくスタートするその人との出会いの始まりです。

最初の出会いよりももっともっと別れから始まるスタートを大切にしていきたいと考えています。

仙石さんはラングスジャパンを「アットホームなすばらしい会社にいたと実感しました」と
言ってくれました。

私は主婦で母で祖母で妻でその私がその余力で仕事をしているので
アットホームな会社以上も以下も作れないし今のままをキープしたいと思っています。

現状をキープすると言うことが今の時代どれだけ難しいことか
努力に努力を重ねやっとキープできると思っています。

とにかくバランスの良い会社を心温かい会社を作っていければいいな・・・と思っています。

家族のようなスタッフ達と。

by rangsjapanM | 2013-05-02 06:32 | Trackback | Comments(0)