人気ブログランキング |

<   2012年 08月 ( 8 )   > この月の画像一覧   

マックスリクデーターという水鉄砲   

「ラングスの水鉄砲が海にもっていきたいモノ ベスト3・・テレビに出てる!!」
と大騒ぎで、私を呼ぶ声が聞こえた。
d0148223_1724524.jpg

「テレビに自社製品が出てるのを偶然発見した時
走ってきて間に合うって、結構長い時間映ってたってこと?」と聞いたら

1位と2位より長かった・・・と、長女が嬉しそうに言う。

商品がひとり歩きして、マスコミで使われているのを偶然見るのはは嬉しいです。

マックスリクデーターの販売ページ

by rangsjapanM | 2012-08-29 17:52 | Trackback | Comments(0)

今日は息子の誕生日   

ラングスジャパン公式ページ

20年前の、息子をまんなかに子供たちが揃って写した写真をながめた。
d0148223_20253030.jpg

毎年一緒に食事していたけど、今年は友達と過ごすらしくて・・なし。

子供の成長は、嬉しいようなさみしいような。
d0148223_20342355.jpg

心身ともに成長することを願っています。

子供が大きくなったと思ったら、でも・・・ちゃんと孫がいます。

2人目の孫、淳哉が生まれた時に花束を持っていく麟太郎。

by rangsjapanM | 2012-08-24 20:30 | Trackback | Comments(0)

ダイドードリンコを飲んで フラットボールがもらえる!   

ラングスジャパン公式ページ
そのキャンペーンはこれです!

キャンペーン中、私はダイドーの自販機から目が離せません。

応募してもらえているかどうか心配だったのですが、フラットボールとても人気があるようです!

新製品ではないけれど、ながーく子供にも大人にも愛されている
ラングスジャパンの自慢の商品です!
d0148223_103825.jpg

いつものごとく、孫は私の仕事とともに存在します。

by rangsjapanM | 2012-08-23 10:25 | Trackback | Comments(0)

洞爺サンパレス空中水族館   

ラングスジャパン公式ページ
初めは、ロビーでお子様を遊ばせて空中水族館を作るということで
洞爺サンパレスをプロディユースされている方からご連絡をいただいたのが
今年の春。先週動画がたくさんあるのを発見

夏休みも終わろうとしている昨日・・・イベントだけではなく
販売してほしいと、お客様からのご要望もあり購入したいのですが・・と、お電話いただいた。

そうした自然な声が上がってきて、それに応え、卸し始めるのはとても気楽です。

このような見せ方、やイベントと合わせて楽しんでいただける空間では、
回転率と利益率だけを求められるわけではないので

このゆったり泳ぐエアースイマーが、ゆっくりしたペースでお客様の
手元にその思い出とともに買っていかれるというのも嬉しいです。

by rangsjapanM | 2012-08-21 09:40 | Trackback | Comments(0)

2012年のお盆に末森城址に行った。   

ラングスジャパン企業理念
末森城があった山は、私の実家の山だった。
どんなお城があったのかを知りたくて、今年のお盆に初めて
本丸があった、頂上まで登ってみた。
d0148223_1137283.jpg

子供のころから聞いていて
それをなぜ手放したのか、誰に売ってしまったのか、誰から買ったのか?

歴史的なことも知りたくて、登山口にある説明を携帯に収めた。
d0148223_11371662.jpg

途中で、かわらが落ちていた。たぶん1500年代のもの・・・3個だけ思い出に
持ち帰った。
この山を購入したのは、1944年あたりで1955年には売却してしまっているので
10年ほどしかもっていなかったと言うことを知った。
私の祖父が購入したもので、購入した祖父が売ったのであれば、先祖代々のものを
売ったわけではないから・・・と、売ってしまったことを悔やむ母に私は言葉を掛けたら
「そうね・・・」と、納得した。
d0148223_11493122.jpg

軽い気持ちで登り始めたけれど、とんでもない登山になってしまったと感じるほど
この本丸までの距離は長かった。

こんな、有名な城跡がある山を買ったとき、祖父はどんな気持ちだっただろう・・とか
自分がしている、ビジネスでの達成感と照らし合わせたり、売却してしまった理由から
教訓をもらったりもした。

売却理由は、当時、この山を見砂酒造の社長と私の祖父が共同で買い
その社長が亡くなり、残された妻が売却したがり、やむなく手放した。と言うことだった。
相続問題が絡んでいた・・と、母から聞いた。

母はこの山が自分の家の所有であることが、幼心に自慢で、手放すことを反対したそうだ。
私は共同出資は難しいことを幼いころから自然と学ばせてもらっている。
何度も聞いた話だけれど、今回は自分が聞く気になって自分から質問して聞いた話だから
新鮮だった。ようやくそうした話が聞きたくなる年齢になったのかもしれない。

こうした話は他にもたくさんあり、幼いころから聞いてきた話は
知らず知らずに、今の会社を運営することにに大いに役立っている。
d0148223_1137359.jpg

夫と孫は本丸があった場所で、登りきった満足感で嬉しそうに手を取り合っていた。
いい光景です。
先祖を思いながら頂上である本丸跡地から、日本海が見え、昔の人もこうしてここから
海を眺めたのかな、とその変わらない景色をみながら想像をめぐらした。
d0148223_11442669.jpg

この城跡に両親が元気なうちに登って、両親と気持ちを共有したいと思った。

自分が登りたい気持ちはあったけど登ったわけはそれだけではない。
両親が喜んでくれると想い登った。
そしてその私の気持ちを語らずして父はその思いを理解していた。母は無心に喜んでくれた。

今年のお盆は親孝行が出来たかもしれない。

山林を多く所有した先祖、そしてその所有の多さから
祖父は石川県の森林組合の理事長をしていた。
この山の松は当時切ってはいけない指定保安林だったそうだけど
県に掛け合い、その規定を解除し山林を手放す前に直径2mもある松の木を60本も切って
売ってからこの山を売却したそうだ。家1軒が楽に建てられる金額だったそうだ。

その後、変わりに3万本の杉の木を、植林し手放したから、切りっぱなしに
したわけではない。

頂上の北に、攻め入られたとき、女の人たちが身を投げた崖があり
その崖を女郎谷と言った。と歴史の本にも書かれていないことを教えてくれた。

それから、観光で上る口とは違い反対側に「どっこいしょの坂」と呼ばれている坂があり
本当の登り口はそこだとも教えてくれた。母は昔のことをたくさん知っている。


本丸には、お城の大きな石がいっぱいあり、母が祖父と登った時は
その石に腰を掛けて栗拾いをしたり、山の説明をしてもらったりしたそうだ。
母も学生のころ、そうした話には興味がなく、今思えば物足りない反応しかしていなかっただろうと
70年前のことを後悔しながら話す。

その腰掛けた大きな石・・・ところがそのお城の石は
木を切る職人たちが、みんな盗っていってしまい、跡形もなく、なくなっていたと
母は残念そうに言っていた。

頼んだ職人の人たちの家をいまだに知っているから

どこにその石があるかはわかるとも言っていたけど

「詰めが甘かったね....」と私は笑った。

仕事で悔しい思いをする時は、たいてい自分自身のやり方に問題がある訳だとおもう。

とにかく、お盆は先祖からいっぱいいろんなことを吸収させてもらえる時でもある。

お墓参りで何代も前の親戚のお墓もおまいりする。
父と一緒に、父の実家のお墓参りにも行った。私の大好きな祖母のお墓です。
小さいとき、お祭りに行ったら帰りに必ず100円札を1枚もらって嬉しかったのを思い出す。
d0148223_203506.jpg

たどれば、その人たちがいなかったら、今の私も孫も存在しないわけで
私はその何代も前の見たこともない血のつながりに対し感謝の気持ちを込めて
お墓におまいりする・・と、両親に話した。

父も母も私の気持ちを静かに聞いてくれた。

そういう気持ちで、お盆のお墓参りをしてくれることが嬉しいと、言ってくれた。

父はアイパッドを持っていて、私のブログだけチェックできればそれで言いといってくれている。

このブログを今東京で書いているけれど、石川県で父が読んでくれているはず。

いつも書くブログは父へのメッセージです。

どんな子供を育てたか、見ていてください・・・と・・・私は両親が誇らしく思ってくれる
生き方をしたいといつも心に思っている。

私は誰を見ているのでもなく誰がライバルでもなく、いつもまじめな両親の生き方を
見習い、両親にほめてもらえる生き方をしてきたいと思っている。

今、昔のようにはつらつとした両親が目の前にいるわけではなく
歩くこともおぼつかない両親だけれども、その存在はありがたい。
d0148223_8405769.jpg

もう体力がなくて作れない・・・と言っていた梅干
「楽しみにしているから作って!それからかぶら寿司もね・・私は楽しみにしてる」と
言っていたら、ちゃんと作ってくれていた。

帰りの車に持っていけるように、近くのスーパーまで
85歳の父が自分でこの容器を買いに行ってくれて詰め替えしてくれた。

母は今年のはまだ色が薄いと出来具合を何度も説明・・・

私にはまだ梅干を作って持たせてくれる大好きな両親がいます!

by rangsjapanM | 2012-08-15 11:37 | Trackback | Comments(0)

2012年のお盆   

ラングスジャパン公式ページ
毎年、実家近くの海で泳ぐ
両親が迎えてくれる実家がある幸せをしみじみ感じる
金沢にラングスの保養所があるから、ザミルさんも一緒
d0148223_723564.jpg

毎年同じことをしている私は、孫達の成長を同じ季節に同じ場所で感じる
甥も誘い、一緒に海へ
d0148223_7335398.jpg

お盆と言えども、イベントをしてくれているスタッフがいる
刻一刻と、イベント報告が入ってくるたびに、頭の中のスイッチが切り替わる
d0148223_7343197.jpg

仕事がまったく頭から離れることはなく、緊張感は休みと言えども常にある

遊びながら自然と身につくバランス感覚・・・はラングスジャパンのかかげるテーマー

仕事にかかわる人たちへの想い、家族への想い、先祖への想いの
バランスをとりながら、前に進んで行かねばいけない・・と

お盆の帰省は私に常に感じさせてくれる

by rangsjapanM | 2012-08-13 08:01 | Trackback | Comments(0)

私の、なでしこジャパン応援グッズ   

スポーツマグネットのページ
朝出社、開口一番・・・「昨日バレーボール見なかった人とは気が合わないかもしれないわ」

木村君、見た?「僕は鉄棒です」「日本出てないじゃないの?!」と私。

やっぱり昨日は、どう考えてもバレーボールでしょう!!!

ラングスジャパンの商品で、マグネットがあります。あわててクローズアップしてみました。
d0148223_11313180.jpg

d0148223_11315076.jpg

普段は折りたたんで、この缶の中で休んでいます。
d0148223_1132216.jpg

なでしこは、髪の毛がちゃんと長くて、服もブルー系です。
d0148223_11321942.jpg

可愛い缶の中に入った、マグネット。15年も静かに取り扱いしている私の大好きな商品の一つです。

なでしこジャパンの応援!うちの冷蔵庫に貼り付けているマグネットを全部これに変えよう!

by rangsjapanM | 2012-08-08 11:35 | Trackback | Comments(0)

海外出張   

1週間の中国出張・・・最初の2日は38度以上の熱・・・それでも仕事
「会社では3段跳びなのに1段ずつ階段歩く社長なんて初めて見ましたよ」とザミルさん
d0148223_9243125.jpg

取引先の社長が食事に案内してくださる・・・山の中の田舎料理のお店
心境の変化、ここ1ヶ月肉と言う肉がまったく食べたくなくなっているので
シーフードか卵か豆料理が中心・・・
前回来た時、豚がトラックで運ばれていくのを何度も見て
肉を肉としてみることができなくなってしまったのが原因
d0148223_14322160.jpg

d0148223_2002264.jpg

商品の工程すべての工場をまわる。
10か所ぐらい回っている中に、偶然自分の商品のパッケージ発見。
私はあまりの偶然に驚いたけれど、その社長はむしろ不安げだった。
(わかるような気がする・・・要するにライバル会社が、近辺にあるということだから)
d0148223_1431331.jpg

ホテルもローカル色が強く、食材のわからないものが並んでいたので
お粥ばかり食べていたら嬉しいことに2キロもやせた。

金曜日で仕事を終え、新幹線で上海にむかう。ホテルから見える景色に癒される。
到着した日も、翌日の午前中も会社とのやり取りでホテルから出ることができてはいない
d0148223_19492571.jpg

土曜日、東京とホテルでやり取りを繰り返す。すべて解決し
ホッと胸をなでおろす。

翌日夕方、ようやく一段落。部屋から夜景を見るゆとりも・・・
d0148223_3234067.jpg

宿泊しているホテルのショッピングモールでパフォーマンスをしていた。
ここは別世界で、文明社会に出てきたような気分になった。
d0148223_14305117.jpg

海外に行くたびに自分の知らない世界、知らない生活がそこにあるのを見て
自分のいる生活範囲の狭さを感じる。

オリンピックがぜんぜん見れない数日、
ここで過ごすハードな数日は自分のオリンピックと言い聞かせ、わりきった。

私も自分の仕事で金メダルを目指したい!そう心に決めた。

by rangsjapanM | 2012-08-06 14:31 | Trackback | Comments(0)