人気ブログランキング |

<   2012年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧   

母が退院・両親から学ぶこと   

ラングスジャパンの仕事
2004年、両親と銀座へ・・
私の子供が小さい頃、母はファミリアの洋服を私の子供たちによく買ってくれた。
「あけぼの」のおかきが大好きな母のために銀座へ・・
曾孫、麟太郎のベビーカーを押してくれて歩行者天国歩いた日が懐かしい
d0148223_1929586.jpg

先日、歩けなくなって38日間入院。その母が18日に退院した。今84歳

父は毎日、母に会いに病院に行った。1日に2回も!

先週、甥と息子を伴い東京から石川県にお見舞いに行った。

母がベッツドの枕を逆向きに寝ていた。

「お父さんが来るのがすぐわかるから、ドアに近いほうに枕を置いて寝ている」という母

「入院して、お父さんのことをどんなに頼りにして
自分が大好きな人かわかった」と・・お見舞い時間の2時間の間、3人を前にして
父のことを大好きと母は15回以上も言った。みんな、もらい泣き。

私たち子供の前で、親の立場でしか振舞ってこなかった84歳同士の両親から
はじめて見せられた夫婦が中心の姿だった。父も母にとても優しかった。

父は昼に見舞いに行き、母がご飯を食べる様子を見て帰り
また夕方も、お見舞いに行っていた。

「夕方、顔を見に行けば、あと夜は寝るだけだから、寂しくない」
と父が言っていた。

退院した翌日、父は先祖のお墓参りを母にさせてあげて、
スーパーに母を車でのせて2人で食事の買い物・・・

母がものすごく喜んでくれたと、父から電話があり、私はほほえましくその話を聞いた。

元気に一緒に銀座を歩いたのが、9年前のこと。
その時、会社の建物を購入し、押上の200坪ほどの倉庫も両親に見せたら
私の仕事のサイズに驚いてくれた。

今、高島平の1000坪の倉庫を見たらどういってくれるだろう・・と、時々思う
3年前の新社屋落成式の日、来て欲しいと言ったけど来てくれなかった。

その時から母が自分でインシュリンの注射を打っていたことを
父さえも知らなくて、病状が悪化しているのに誰にもいわなかったのが後でわかった。

両親の存在は私にいろいろなことを考えさせてくれている。

存在がありがたいと、私は何度も父に言う。

仕事の具体的な話を私は毎日父に電話でするから会社の動きは把握してくれている。

こんなに毎日電話していると、この電話の相手がいなくなったとき
私がどんな気持ちになるのかと考えると、そうなった時の自分に勝たないといけないことをも
考え覚悟を決めながら電話をしている。

仕事を理解してくれて、喜んでくれてほめてくれる1番の人が父。

私の能力やパワーは自分で実につけたものではなく両親や先祖から
もらったもの。

だから・・・
有意義に世の中のために役に立てないといけないと常に自分に言い聞かせている。

2001年ゴールデンウイークは、まだラングスはそんなに忙しくなかった。
今は一番忙しい時になっているけれど。

ザミルさんも私の家族と一緒に石川県の実家へ
母が沢山ごちそうを作ってくれた。ザミルさんは本格的な日本料理や家の作りや
骨董品を見て、興味津々嬉しそうだったのを思い出す
d0148223_1942961.jpg

by rangsjapanM | 2012-03-28 23:39 | Trackback | Comments(0)

金曜の夜は息子と食事、日曜日は夫と散歩、昨日はブーメラン   

向かい合わせに座って写真を撮りあった・・・息子と私

先週金曜日の、東京出張に来ていた私の弟が東京を見渡せる高い場所がいい
といったので丸ビルの35階で食事。
息子はというと、大学は臨床に入るので
長い髪を切り、真っ黒にカラーリングしてイメージチェンジ
d0148223_853455.jpg

穏やかな雰囲気で私や弟と話す息子を弟は何度もスキンシップ
可愛くてしょうがない・・・自分に似てる・・・と何度も言う・・私の弟

息子はきっと、よい人たちに恵まれているんだと思う
見えてないけれど息子の周辺の先生や友人たちに感謝

自分だけで人は育つわけはない。母親が育てる時期は過ぎている

スタッフにいろいろ教えている時、私の子供には誰が教えてくれるんだろう
なんてよく思うことがあるけど・・・大丈夫みたい。この顔を見てると。
d0148223_854040.jpg

今度は息子が私を写してくれた。(私は息子にこんな顔を向けていたということ)

日曜日、散歩の途中・・・夫に、遼太郎が生まれてくれてよかったね。
というと、
さっきから1時間に1回ぐらいそれ言ってるよ・・と、言われた。
(日曜日は夫と7時間東京散歩・・・・家から歩いて30分大山町のユニクロ社長のおうちも
通り過ぎました・・・・いつも歩かない場所を歩くとまるで旅行気分になる)

マイナスなことが頭に浮かんだ時、息子を思い浮かべると軽減される

金曜の夜は息子と食事、日曜日は夫と散歩。

そして、昨日は二子玉川河川敷・・・午前中はスタッフとブーメラン投げ!
d0148223_8202951.jpg

最高のブーメラン日よりでした。富士山も見えて暖かくて何度もキャッチ!

by rangsjapanM | 2012-03-25 09:07 | Trackback | Comments(0)

息子が5年生   

「お母さん、上に上がれるから」と嬉しそうに電話をくれた息子は
今度5年生になる。

あと2年で医者になるということが私の母と夫の母の生きる支えの
ひとつになっている。

2人とも身体の都合がそんなによいわけではなく
2人が共通して言うことは「遼太郎くんに、聴診器をあててもらったら
それだけで心強い」と

夫も医者なのに、そんな言葉はまったく言われない。

私の育てた子供の人徳?孫だから?

いずれにしても、あと2年で医者になってくれると思うと、嬉しいけど
もう「大学生である息子」がいなくなるんだな・・という一抹の寂しさもある。

社会に出れば、また違ったつらさが出てくることがわかっているから

屈託なく、上にあがれたというだけで喜んでいる息子が可愛く見える。

昨日は久しぶりに家族で食事。大人になった子供たちの弾む会話・・・
何を話しているのかぜんぜん聞いていなくて、
その楽しそうな音のひびきが心地よく耳に入ってくるだけで癒された。

「奈良に行ってお墓参りしたほうがいいわよ・・・先祖に報告とお礼をしなくてはね」

という私の言葉に素直に同調してくれる息子の優しさも嬉しい

今日、久しぶりに会う遼太郎を見て奈良の義母はどんなに喜んでくれるだろう。

医学部に合格した時、誰よりもよろこんでくれたのは義母で
あの時、一緒に電話で喜び合ったのを進級するたびに感謝とともに思い出す。

もちろん、私の両親もものすごく喜んでくれたけど。

昨日は医師国家試験の合格発表もあった。

ぜんぜん気が抜けない状況で勉強し続けている息子を見ていると
医者になる方向で育てたことが申し訳なく思えることがある。
d0148223_4443090.jpg

何気ない幸せほっとする時は、こんな光景を見た時かな・・・・

孫の麟太郎の塾のテキストを見ていた遼太郎は
「こんな難しいの僕できないよ・・・と、言ったら

今日、塾でこの問題解けたの2人だけだったよ。と言った。

私は、もう頭なんてなでられても嬉しくないだろう孫の頭を思わずいっぱいなでた。

by rangsjapanM | 2012-03-23 04:47 | Trackback | Comments(0)

8年前のラングスジャパンのことを思い出しながら・・・   

エアースイマー公式サイト
スタッフの木村君が入社してから何年たったかなんて覚えていなかったけど
3月4日の結婚式の祝辞を考えているとき、8年もたっていることに驚いた。

木村君の面接の日を思い出すことは
言い換えれば8年前のラングスジャパンのことを思い出すことにつながった。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
8年まえの面接の日のことは強烈に覚えているのは私ではなく木村君と杉山(娘)

その頃、スタッフは、ザミル、杉山、、、、あとだれがいたか、、まあわずか

まだ2階建ての普通の家屋を買って1階が事務所と倉庫2階で商談という状況だった

2階で商談している最中、杉山が「社長面接の人が・・」と入ってきた

「顔は?」と聞いたら杉山は首をかしげた・・・

私はだいぶ待たせた。顔のことを聞いたからってわけではないんだけど・・・

「時間がもったいないから、請求書のゴム印でも押させながら待たせておいて」といった

長引いた商談が終わり、・・・面接

「時給、発生させますから安心して!…ところで何でそんな恰好してるの?」

木村はスーツを着てきた・・・まあ面接だからしょうがないか・・・

「何の仕事するつもりでそんな恰好してきたの」と言ったのが最初の会話

私は荷造り配送で募集していたから・・・木村君は荷造りからスタート

ラングスの主要取引先の担当を担い、企画書を安心して任せられ
電話も何の心配もなくなったのは、つい最近のこと。

入社2年ほどは、すべてのメールを目を通してからでないと送らせなかったほど
だったというのに・・・

入社2年ほどの間は顔を見れば注意していたような気がする

注意しないといけない内容のレベルが上がってくるから、今でも注意は続いているけど。

新入社員が入ってくると、いつも木村君の面接のときのことや
ザミルさんの面接の時のことを思い出す(ザミル、いきなり遅刻、キャップは後ろ前
まぁ大学2年しょうがない・・・バイトの目的はと聞くと・・・車買いたいです!)

あの頃は、面接の日から働いてもらっていた・・・ザミルさんも木村君も・・人手不足
そう・・・人の手が不足していた・・頭脳労働は経理と私で十分だった。

そして杉山は小学生のころから、私と一緒に働いていた。もちろん私の子供だから当然!

昨日も、みんなで木村君の面接の日のことを話していた

「社長、請求書のゴム印押しが終わった後、僕に売り上げ帳付けて」と言われたんですよ

面接のすぐあとに・・・

「そうよ、スーツなんか着てくるから、その日は力仕事ができないと思って。。。売り上げ帳も
たまってたしね」

「面接の日にいきなり、売り上げ帳?・・・大丈夫かな」と思いましたよ、僕なんかに、と笑う

私たちにとっては何度思い出しても笑える思い出

「今入ってってくる人たちはいい時代から入ってくるわよねー木村君」

募集をかけているので、履歴書が連日送られてくる
紙一枚でその方たちの人生と考え方、人となりを見る、紙一枚からでも
伝わってくるものは大きい・・・90%は履歴書と会った時の人となりに差なし

なかなか行けなかった海外出張も、スタッフのおかげで安心していけるようになった
ニューヨークでビートジェネレーションのメーカーと会った時の写真
d0148223_356049.jpg

宿泊はNYの友人お勧めのミートマートプレイスのホテルガンズブール

この時の出張、ザミルさんと木村君がいてくれるから安心と何度も
言っていたのを思い出す
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
これは去年かいたブログだけど、これを読みながら考えたことは・・・

私が、いつから、仕事を本気でやりだしたかということ・・それは
子育てが終わった4年前から

そして今の仕事へ意識と5年前に持っていた仕事に対する考えは異なるのがはっきりわかる。

一生懸命、仕事はしてきたけれど・・・一方的な提案をしてきただけだったかもしれない。
(バイヤーさんは私のプレゼンに眠そうだった表情を思い出す・・・)

今は市場が求めているもの、バイヤーさんが求めているものと自分が売れるだろう
と思う勘を働かせ作り上げた商品を、プレゼンするから、お互いに身を乗り出しながら
話し合う・・・その同じバイヤーさんの目の光も数年前とは異なる

大手取引先の方から多くのことを教わったのはここ4.5年の話。

意識が変われば180度変わってくるものがいろいろあるのは

経営者である私だけの話ではない。スタッフもここ1年で意識が変わってきたように見える。

スタッフの意識がどうかということは、この規模の会社では経営者から受ける影響は大きい。

簡単に「意識改革」なんて言葉を使うところに意識改革はないということも最近わかってきた。

意識改革を連呼する人の意識こそ変わっていない。

小さな自分の弱点を1つ1つ、認めて攻略していかなければ・・・と

いまだに1日の終わりに自分自身を毎日スキャンする。

自分に近い年のスタッフには過去の成功例は今の世の中には通用しないことを
言い聞かせながら

スタッフを見ていて思うことは、言い訳を心の奥に持っている人間は伸びていない

ということは、言い訳を心のどこかに持っている会社は
伸びていかないんだろうと・・・・

常に数字との戦いはどの企業の誰も同じ
ちょっと気を抜けば脱落してしまい、誰かがその数字を埋めにくる・・・と、考えたとき、

一生懸命走り続けないといけないと思い、人の幸せがどこにあるのかまで考えてしまう時がある

どこかの島に行って、自給自足で暮らすのってどう?と自分に問いかけるときがあるけど

TOTOのトイレだけはないといや・・・って、同時に思う

やっぱり、私はこの世界で頑張り続けるほうが幸せなのか・・・

ここ1年、震災に気をとられているけど、実は企業にも大きな津波のような
得体の知れない波が海の向こうからやってきているのを
感じているひとは、絶対やってくるその波を逃げないで乗り切らないといけないと
考えているはず

私は相談相手もなく会議もなくてアイディアを出してくれる人がいるわけでもなく
その波をどうして乗り切る方法を強気で一生懸命スタッフに話す

聞いてくれるスタッフがいるのはありがたい。

木村君に昔は仕事の話しや戦略、何を話しても無表情だったのに

今は1番表情がある。木村君が変わるのに8年かかったけど
会社が変わるのも8年かかった

これからは変わるだけではなく、質を高めながら成長し続けなければ
向こうからやってくる見たこともない波を乗り切ることができないと思う
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
友人が、月曜日休みをとって奥様と4日連続休暇にしモルジブへ

ツーショットの写真が送られてきた。うらやましいなーと思ったけど

コメントに、「仕事で死にそうだった日々を忘れます!!」とあった

私の周りは死ぬほど忙しい人ばかりだから、私も迷うことなく頑張れる

by rangsjapanM | 2012-03-16 04:32 | Trackback | Comments(0)

すばらしい商品の総代理店であるには大きな責任が伴う   

エアースイマー公式サイト
今日、関西の番組からの依頼で大阪支社、仙石さんがテレビ局入り
私の好きなタレントさん達が遊びます。

ユーチューブを見ていたらイギリスのテレビでもこんなのが・・・


4月には、私もテレビ通販でエアースイマー販売、はじめてエコポニーアミューズメントも
販売・・・テレビ通販でどれだけ反響があるか、チャレンジするのは楽しい!

そして、よいタイミングで
3月18日日曜日は、もやもやサマーズでエコポニーアミューズメントが紹介されます!

エアースイマーもエコポニーもみんなが楽しくなるから
取材されるんだなーと思う

そんなすばらしい商品の総代理店であるには大きな責任が伴う

by rangsjapanM | 2012-03-12 13:33 | Trackback | Comments(0)

母の入院できょうだいが一致団結!   

ラングスジャパン
母が入院してもう1ヶ月がたとうとしている。
会いたいと思っても、仕事の予定が詰まっていて、身動きが取れなかった。

スタッフの家族の身の回りに何か起きたときは、仕事より家族を
優先して・・・といっているし、スタッフもそれを実行できてているのに

自分はそれができてはいない。

金曜の夜、ラングスで働いている甥と息子と私は、車で金沢に向かった。
妙高高原あたりは雪ということで
ザミルさんが、スタットレスタイヤのレンタカーを用意してくれていた。
d0148223_519337.jpg

久しぶりに帰った実家
母のいない、家に入る気がしない・・・私にとって、ただの建物でしかない。

懐かしいその建物の前で、息子と写真。そして病院へ直行。

突然、たずねた私たちを見て

「何で嬉しい時に、涙が出るんだろうね」・・と何度も言う母。

幸いなことに、あと1週間で完全復活の退院が決まっている。
けれども、今度は母がいない間に、弱くなっているように見えた父が心配
先週、生まれてはじめて父の弱音を聞いた。

父は私にとって絶対強い存在だったのに・・・

「お父さん、85歳ってどんな感じになるのか、生きていてくれてるから、
自分が85歳になった時がどんな感じなのかイメージできるから
その存在が、ありがたいわ。」と私は父に言った。

こんなに弱っていても、私の仕事ぶりをほめてくれる両親の存在は
私にとって、とても大きい。

弟は母にはいつまでも綺麗でいて欲しいと、昨日も言っていたけど
私は頭がしっかりしていて、私たちのことをちゃんとわかってくれている
その存在だけでいいじゃない?!といった。

だけど弟は譲らず

それでもやっぱり母には綺麗でいて欲しいといい続ける。
ビールを飲みながら若きころの母の綺麗さを語りだした。

「マザコン?」といったら
「君もマザコンでしょ」と笑いながら、私の息子にとばっちりが行く
d0148223_5595442.jpg

弟は私の息子の頭をなでながら話し続ける。

「僕、50歳になっても、頭なで続けられてる気がするよ」と息子が苦笑

夜は、きょうだい3人、父を交え7人で楽しい食事!

翌朝、久しぶりにぐっすり寝ることができたし、食欲もでた・・と、
父が、うれしそうに私に言ってくれた。

母もたくさん笑ってくれた。

帰りの車の中
「自分が親にした親孝行分しか、子供から親孝行してもらえないのよ」と
息子に言ったら

「じゃあ、お母さんはいっぱい親孝行してもらえるね」と、息子

「有意義な時間だったね」と、無理やり誘ってついてきてくれた息子が言った。

by rangsjapanM | 2012-03-11 05:38 | Trackback | Comments(0)

スタッフ木村君の結婚披露宴   

ラングスジャパン企業理念
木村君、入社8年目の幸せ
d0148223_11283334.jpg

ラングステーブルは7人でわきあいあ
d0148223_16402071.jpg

お嫁さんとお母様・・・ほほえましく眺めてるのは私の二女
d0148223_16454283.jpg

結婚式、お色直しはエコポニーに乗って、エアースイマーが後ろから付いてくる
d0148223_15525123.jpg

招待客はみんなカメラを新郎木村君に向ける。
温かい雰囲気の披露宴にぴったりの演出になった。
招待客のお子さんたちも大人の世界のイベントごとに退屈することもなく大喜び
d0148223_11315158.jpg

山口さんのマジックでも盛り上がる!
d0148223_155341.jpg

私は僭越ながら両家を代表し、御挨拶のスピーチと乾杯をさせていただいた。
木村君の御両親は「育ててくださって感謝しております。」と
2時間の披露宴の間、何度もおっしゃってくださった。
d0148223_165195.jpg

新婦の御両親も何度も私の席に来てくださった。素敵なご家族同士の
結びつきを感じ、この結婚のすばらしさに、あらためて祝福を送った

今日、みんなで昼食の最中、木村君が話の途中
「うちの奥さんが・・」・と言った・・・

初めて聞くそのワードにスタッフみんなが笑った。もちろん一番にこにこ顔は木村君だったけど。
d0148223_75586.jpg

披露宴の間じゅう、この笑顔でした。

でも、最後はいつも仕事の中に見る責任感でいっぱいの木村君の表情が・・・
d0148223_11403247.jpg

by rangsjapanM | 2012-03-06 16:01 | Trackback | Comments(0)

クイックバギー価格を間違えて掲載されてしまった   

とてもすばらしいバギーを日本に紹介したくて販売始めたのが
オーストラリア ファンタスティック社のクイックバギー

トイザラス、ベビーザラス全店に並ぶようになった。CMも入れ始めた。
そして、育児雑誌にも・・・・・ところが・・・
d0148223_5431155.jpg

この、育児雑誌せっかく掲載したのはいいけど
価格を6000円以上も高く間違えて掲載・・・ショック

人はいくらよいものでもモノは価格との折り合いをつけて買う

そして訂正して・・・正しい価格で再度掲載したのがこの記事

2度掲載してもプラスマイナスゼロになるわけではない。

最終監修を怠った自分の仕事が悔やまれる。

雑誌社に責任なし・・・仕事におけるすべての失敗の原因は自分にあり。

もちろん部下の仕事の失敗の責任も自分にある。

失敗の原因を状況に持っていくのでは自分が成長しない。

忙しかったから・・急いでいたから・・・って言うのを原因にするのはもってのほか。

by rangsjapanM | 2012-03-02 05:37 | Trackback | Comments(0)