人気ブログランキング |

<   2011年 01月 ( 17 )   > この月の画像一覧   

広告デザインもも私です!   

出展社のブースを案内するバイヤーズガイドに広告を出した
d0148223_22394136.jpg

パッケージをそのまま使った
d0148223_2295119.jpg

海外のものを自分流にアレンジ、デザインするのは楽しい

明日から4日間何が起こるかドキドキする・・・何度も経験してるというのに・・・

by rangsjapanM | 2011-01-31 22:10 | Trackback | Comments(0)

サッカーアジアカップ   

ずっと「オレがヒーローになると自分に言い聞かせていた」と李選手が最初に言った言葉

シュートを決めたあと私も思わずおんなじポーズでけってみた

で、この名前とこのコメント・・・きっといっぱいドラマがある人生だっただろう
それがバネにもなっているんだろう・・・どんな人?興味を持つとすぐパソコンをたたく

yahoo japanで李と入れただけですでにトップに躍り出ている

ウイッキーペディアでは瞬時に、今日のシュートのことが
すでにつぶさに経歴の一つとして書きたされている・・ネットの世界のスピードをも知った

リビングでテレビとパソコン

おんなじところでおんなじ歓声を上げ、同じ所で同じように落胆しながら
久しぶりに帰ってきた息子と見たサッカー・・・
みかんやポテトチップスを食べながら

自分の応援で試合の結果が変わるわけでもないのに
気を抜いたら負ける様な気がするから、気が抜けない

延長戦かぁ・・・嬉しいんだけど・・明日はショーの搬入・・仕事がよぎる

私はただソファに横になってみてるのに、かなり疲れてる・・・けど口にはしない
試験が昨日で終わった息子は・・・延長か・・・疲れるなあ・・と口にする・・

「何言ってるの!・・私たちは見てるだけでこの人たちは走ってるのよ!・・・どんだけ疲れてるか」
と、息子に言いながらCMの間に歯磨き寝る準備をする私

それにしても、選手はもちろんだけど、監督次第・・・監督すごい!!

あの場面でエネルギーそのものみたいな李選手を入れるなんて・・・すごい

「ねえねえザッケローニ監督って素敵じゃない・・素敵よね!!」と息子に言うと

「そんなにぃ?」と、気のない返事

あーーー楽しかった!!!すごく寝むかったのに・・・興奮して目が覚めてしまったけどすぐ寝た

by rangsjapanM | 2011-01-30 09:27 | Trackback | Comments(0)

東京ギフトショー   

ラングスジャパンホームページ
娘と私で場所を別にしてブースを設けた

私ノスペースは4ブースでインポートのコーナー、娘が2ブースでキッズコーナー

私が一人で起業した年齢とほぼ同じ年齢
主婦しか経験のなかった私よりは、うらやましいスタート

私は1ブースだけで最初の展示会は幕張メッセでジェトロ主催だった

当時ショーというものがあること自体知らなかった

東京ギフトショーを知ったのはだいぶ後のこと、

初めて出した東京ギフトショーはまだ池袋のサンシャインで開催

そのあと、ギフトショーは晴海の会場になった

1ブースの時は1人っきりでショーに臨んでいた

だから、朝から飲まず食わず状態・・・一時もブースから離れたことはない

スタッフと2人で出展するようになり、とても楽になったけど
まだ一人で出展してた時の癖が抜ききらず・・・やっぱり何も食べずにブースから
離れることはなかった

昔の自分を思い出すと、別の人を思い出すように「すごい」と感じる

もう一度同じことをしろと言われたらとてもできない

今の自分を10年後思い出してももしかしたら、あんなこととてもできないと
思うかもしれないけど・・・

今日久しぶりにザミルさんと会った

「社長、フェイシャル行ったほうがいいんじゃないですか?」という

ありがたいような、嬉しくないような・・・

確かに新商品のパッケージ企画で連日深夜までパソコンをのぞいているから
顔に疲れが出ているかも・・・

by rangsjapanM | 2011-01-29 13:49 | Trackback | Comments(0)

ラングスエコポニー   

今度の東京ギフトショーでの新製品
どの商品にも力を入れているけれど、その中でシマウマにかなり愛着がわいている

会社に飾ってあるけど、道行く人がみんな見ていくその反応が面白い
d0148223_11144710.jpg

「表参道のヴィトンにもシマウマいたよ」と笑いながら仕事の帰り道
会社に報告がてら寄る夫・・・(笑いごと?笑ってる場合じゃないでしょ・・・)

「写真は?」とすかさず私

「来てるわよ・・・シマウマ・・いけるね・・・やっぱシマウマだわ・・シマウマが来てるのよ
だって青山通りのフランフランのウインドウも
本物の大きさの馬がいるのよ」と、スタッフに言いながら自分の嗅覚を確認

翌日また夫が帰り道会社に・・・撮って来てくれた写真を持って立ち寄る
d0148223_583123.jpg

これって、私が今販売しようとしてるシマウマとほぼ同じサイズ

でも私のシマウマは本物みたいで動くし乗れる・・・もっと面白い・・・

電池も食べず草も食べないにに本物見たいに動くからラングスエコポニーと命名

by rangsjapanM | 2011-01-28 05:11 | Trackback | Comments(0)

勲六等瑞宝章   

私が中学生のころ祖父は勲六等瑞宝章をいただき
皇居に招かれたことを思い出した。

その意味を考えたこともなかったけど、今の年になってそれがどういう事をしてきた人に
授与されるものか気になって調べてみた・・・(Wikipediaって鵜呑みにはできないけど・・)

瑞宝章の授与は、
形式的な職務歴により等しく行うものではなく、
他の模範となる成績を挙げた者に対象を限り行うものとする。
公共事業に於いて功労のあった者”、
即ち長期にわたって公務等に従事した者の功績に与えられる勲章


とあった。

祖父は勲章をもらうために努力していたのではなく
思いもよらない時期に勲章をもらったのを覚えている

小さい頃は何も分からなかったけど
祖父も父もお金の事は考えたことがなく、
ただひたすら世の中に貢献貢献してきた人だということだけは
私にはよくわかっている

授与式の時、皇居では車いすが用意されていたと付き添った父が言っていた

そのときすでに祖父は亡くなるちょっと前で自分がどこにいるのか何を頂いているのかすら
わからない状態だった

叙勲は、自分のしてきたことを世に中の人が評価してくれる時だったけど
その評価してもらえてることを祖父は知らないまま亡くなった

祖父は先頭を切って新しい取り組みをしてきた人だから、先読みできる人だったから
未来をわからない人たちから、なかなか理解されなくて大変な横槍にあったことも
あったと母から聞いている

でも、今その祖父のしてきたことが地域社会に大きく貢献できていることも
私は知っている

小さなころから、そんな話を聞きながら育ったことが
今の自分に少なからず影響を与えているかもしれない
d0148223_17512190.jpg

祖父を思い出す時、いつもこの写真の祖父を思い出す
昭和3年だから、母がこの人の子供にまだなっていない頃の写真だけど

自分の思うままに生きていたことがよくわかる

私も祖父と同じ魂を持って生きている

by rangsjapanM | 2011-01-27 09:36 | Trackback | Comments(0)

PKパフォーマンス最高!!!   

ラングスジャパンホームページ
大阪支社仙石さん東京へ・・・

久しぶりに食事・・・だけど…サッカーも見なくては・・ということで

食事しながらも1対1を確認し自宅へ・・・

細貝PKパフォーマンス最高!!!

前日、日本選手はインタビューで「精一杯今を頑張ります」と答え

韓国代表選手がインタビューで

「日本対韓国戦より自分たちは優勝しか考えていない」と言っていた

個人の差か国の差か・・・双方のコメントに違いを感じたけど

結果・・・これ!

本田を助ける細貝に「木村を助ける仙石を見た」なんて・・・、
すぐ会社にあてはめて物事考える私・・・・オーバー・・・?そんなことどこの世界にも通じるから

サッカー見てみんな興奮するのかも・・・私も

by rangsjapanM | 2011-01-26 07:55 | Trackback | Comments(0)

ゆとりのない私が精一杯頭で考えた親孝行   

雪深い中に住む両親に10日分くらいの食料をまた送った。

両親は元気だけど、最近両親と過ごせる日を私は逆算するようになって来た

どうしたら両親が幸せな気持ちになってくれるだろう・・・と、
そんなことばかり考えて行動してしまうこの頃

「送ってくれたものが到着した」と両親から嬉しそうな声の電話・・・

本当に嬉しそうに・・・一生懸命かわるがわる電話してくれるけど
私は忙しい真っ最中で、ただただ相槌をうって、話は上の空

言ってることと、してることが違うみたいだけど
これが今の私の精一杯

by rangsjapanM | 2011-01-24 22:51 | Trackback | Comments(0)

1月誕生花・・・の花ことばは・・・   

ラングスジャパン
朝から大きな商談・・・お取引先の方が
花束を下さった・・・私の誕生日・・
「1月誕生花はストックですよ社長」・・・ちゃんと選んでくださってた

珍しく本当に珍しくお取引先の方たちと6人で歩いていける距離の
レストランに出かけた・・・この年齢、かつてのように花で埋もれることは
もうないのかな・・・とおもいつつ食事から帰ってきたら
テーブルがお花で見えないくらいに埋まっていた!
d0148223_21111416.jpg

商談の最中、段ボールがいっぱい運ばれていたのを
返品の商品かと思い、娘が商談に差し支えると外に放置していたのが
あけてみたら実はすべてお花だったらしい・・・

夜、スタッフからのケーキと浅井さんが作ってくれたチラシ寿司
木村君のハッピーバースディソングの最中
バラの花束を抱えた夫が加わった・・・
大阪から仙石さんも加わり・・・ホントハッピー
d0148223_2113474.jpg

思いがけず、母からも二女からも、孫たちからもおめでとうと電話があった・・・

身近な人たちから「おめでとう」って言われるのは
気恥かしいけどやっぱり嬉しい
d0148223_2247663.jpg

両親からもらった命と神様から頂いた能力を最大限
世のため人のために発揮し尽くして
年を重ねていきたいと毎日真剣に考えながら生きているつもり。

花束はそんな私を知っている人からのエール?

「社長・・・そう言えば忘れてました・・ストックの花ことば
帰ってから社長に伝えてくれ・・・」と言われてました・・

「なになに・・・木村君・・・」

ファンファーレを鳴らしてから言うように、もったいつけて教えてくれた

その花言葉に再び笑いとハッピーをもらった・・・

by rangsjapanM | 2011-01-20 21:22 | Trackback | Comments(0)

何年ぶりかでコンサートに行った・・スティング   

そのコンサートはスティング

集中してしていた仕事・・
時計を見ると約束の時間まで20分しかないことに気がついて
あわててタクシーに乗り込みまずは四谷の夫のクリニックに向かう

合流して武道館へ・・・大きなコンサートは何年ぶり?

10年以上も前からスティングは好きで車の中でよく聞いていた
たくさん聞いてても、コンサートにまで行きたくなるのはスティング

終わって、お堀の中の林を抜けてずーっと歩きながら四谷まで帰る
いつも車で走る交差点を陸橋で見ると景色が違う・・・夫は何度も私を写してくれた
なんだか恥ずかしくて私は目をそらす
d0148223_2224156.jpg

これは私が撮った写真
d0148223_15524163.jpg

「タクシーに乗らなくて、こんな長い距離を歩けるなんて贅沢や・・・
もし80歳になったらこんな元気に楽しく歩けるかどうかわからん・・・」と夫

贅沢の基準がこのごろ変わってきたかな・・・

1番好きな曲を聞けないままにコンサートが終わろうとしていたけど
アンコールでその曲がスタートした時は思わず涙・・・曲ももちろん好きだけど

いろんな思いが込み上げてきた。

絶対泣いてるのは私だけじゃないはず・・・みんななにかしら曲にまつわる思い出って
あるはずだから・・・

スティングのコンサートは4月にもあるけど絶対もう一度行くつもり

「あれくらい声が素敵だったら、・・・・私も歌手になりたかった!」と夫に言ったら

「今からでも遅くないよ、フィットネスやめて、ボイストレーニングにしたら」と
本気で言われた・・・

一瞬考えた・・・

by rangsjapanM | 2011-01-19 11:49 | Trackback | Comments(0)

1月17日は次女を生んだ日   

次女の誕生日だった昨日
私は仕事で忙しく、娘にも自分を祝ってくれる世界がすでにあり
たぶん一緒に過ごせないんだろうと思ったけど

仕事の合間に何度も電話を入れてみたけど通じない

その日が過ぎた、夜中の12時過ぎ
言う言葉の用意もなく、あてにしないでかけた携帯が通じた

「瑠美ちゃんにとっても誕生日は記念日かもしれないけど
私だって一生懸命産んだ記念日なんだから、私の思い出の日だったんだから・・・」と
おめでとうより先に出てきた一方的な自分の言葉に思わず胸がつまった

専業主婦ではなかったから、「育てた思い出」はそんなに十分なことをしてあげれなかった
申し訳なさと後悔でいっぱい

「生んだ事」だけが唯一誇れる思い出・・・その日が昨日だった

娘は電話の向こうでどんな顔をしていただろう

産んだこと自体一方的な行為だし・・別に本人が望んだことをしてあげたわけでもない

「私は産んだ日のこと覚えているけど、あなたは当然覚えていないものね
その日がどんなに私にとって嬉しい日だったかってこと・・・だから
あなたの誕生日は、あなた以上に私のとっては思い出だし大切な日なの」

誕生日に素直におめでとうという簡単な言葉が言えない

おめでとうも言わない私に娘は「お母さん、ありがとう」と言ってくれた

言わせたのかなぁ・・・?
d0148223_7282846.jpg

3歳ぐらいまで一生分ほど可愛がっても、子供にはその時代の記憶は無
お互いの思いの差はその時代の記憶の差かな

by rangsjapanM | 2011-01-18 07:03 | Trackback | Comments(0)