<   2010年 03月 ( 20 )   > この月の画像一覧   

息子と甥   

甥の耕太君が我が家へ
この春、大学へ進学・・・(親孝行にも、特待生)

お祝いあげたいから、東京に来てね・・・と言ったら、来てくれた

遊びに来て、2人でヘアースタイルの話

息子はオシャレに無頓着で・・・
携帯かけながらスタイリングしてもらっている
d0148223_1249331.jpg

最近の男の子は、ヘアースタイルにこだわる

昨日、その2人はそろって石川県の祖父母のもとへ・・・
私から両親へのプレゼントの携帯電話を持って

父から電話・・・「2人の孫の顔を見てるとエネルギーがもらえた!」と

母から、さっそくその携帯電話から朝コール

by rangsjapanM | 2010-03-31 12:52 | Trackback | Comments(2)

新入社員物語1   

アルバイトで4年・・・遅刻の常習犯を新入社員にした

先日友人が社員1人募集したら250人の応募があって、
よい人材だから4人も採ってしまった・・・と言っていた
ちゃんと募集すれば・・・たくさんの中から優秀な人を選べるのかもしれないけれど
出会ってしまった縁というものにこだわろうと思っている

4年間アルバイトした、このぐうたらな男子と働くつもりは
無かったけれど・・・親もラングスを更正道場と考えてくれている
話し合いの末、結局まずはもう一度、アルバイトとして入社させることにした

入社の初日、またしても遅刻をした。

私はものすごく失望した・・・けど、あきらめてはいない。

まだ若く、努力していろいろ教えれば成長してダイヤモンドになる
人材と見込み私は引き受け・・・自分にとっても修行が始まった

こんな人と出会うということは、神様がまだ私にその経験を通し
何かを教えてくださろうとしている・・・と、私は考えている

「スポーツトイを扱っているのはそもそも、日本の子供たちに少しでも
よい影響を与えたいということが根本にあるからでしょ?

こうした自分の近くにいる、スタッフにまずはよい影響を与えれなくては
だめじゃない・・・」

と、自分に言い聞かせている

仕事はよくでき何をさせても速いのに、遅刻ですべてをだめにしているなんて
もったいないなー・・・と私は思っている・・・・心が綺麗なことが救いになっている

by rangsjapanM | 2010-03-30 09:55 | Trackback | Comments(0)

プラズマカー&ボーリングも   

コカコーラヨーヨー
すっかり取材されたことを忘れていたけど、今日見本誌が届いた。
d0148223_12424174.jpg

プラズマカーに乗ってる自分が客観的に見れない・・・変?
d0148223_17564357.jpg

土曜日は、朝7時半からの通販番組を終え、みんなでボーリング
私は140超え・・・ラッキーカラーのグリーンのボール
d0148223_17575548.jpg

日曜日は、フィットネス・・・とにかく、アクティブに・・・

筋肉痛の月曜日・・そして明日は名古屋に

by rangsjapanM | 2010-03-29 17:57 | Trackback | Comments(0)

ラングスジャパンの新商品ソールスケートに興奮   

コカコーラヨーヨー

「芦田さん・・・感覚がいいなー

だって、私の思い入れの強い新商品を(まだ市場に出ていない)
日本で2番目に手に入れた人・・・」って言ったら

「1番じゃないんですか!?」

「カラーは3色だからカラー別で言うと1番ですよ。」と私あわてる

本当の1番目の人には、まだサンプルしかなかったので
販売できなかった。(すごいかっこいい人だった)

2番目は新番組の取材に来られた方・・・たぶんADさん
(ムラスポ大好き、行きつけのムラスポで自慢したーい
というものすごーくかわいい女の子)

そして、昨日の芦田さん

芦田さんって・・・この人です。

やっぱり、好奇心凄いしわかってるなー!!!

私の新商品は、めちゃくちゃ感覚のいい人たち
かっこいい人、素敵な人がみんな反応してくれた!!!

すっごい嬉しい・・・でも、1番反応してるのは私なんだけど・・・?!

by rangsjapanM | 2010-03-26 10:14 | Trackback | Comments(0)

嬉しかった夕ご飯   

夜8時
「今何してる?」
「夕飯作ったよ」
「何?」
「カレー」
「ジャガイモ入れた?人参入れた?玉ねぎ入れた?」
「うん、全部入れたよ」

これは、息子と会社仕事中の私との電話での会話。
「じゃあ、すぐ帰るわ」

嬉しくて、あまり急ぎすぎて、会社に携帯を忘れた。
木村君が届けてくれた。

「木村君、残業するんでしょ・・登録いっぱいあるから
だったら・・・遼太郎が作ったカレーだけど食べていったら」

夕飯は夫と息子と私となぜか木村君が自宅のリビングに・・・

自分のためには、カレー作ってたけど、人のために
作ったのは、初めてだという息子

まさか息子が夕飯を作ってくれるなんて・・・
本当に嬉しかったし・・・・美味しかった。
d0148223_20241247.jpg

息子・・・2歳くらいかな
d0148223_20243246.jpg

3歳くらいかな
d0148223_20245267.jpg

これは6歳・・・仕事が絡んでいる時だけ写真の年齢がわかる

昔も今も変わらず優しい息子の存在が
仕事をする私を癒してくれてた。

by rangsjapanM | 2010-03-24 20:08 | Trackback | Comments(0)

人情味あふれる先輩からのお知らせ   

連休明けの私のデスクにFAXと封筒が・・・
リタイヤされた元取引先の方から、参考になれば・・と送られてきた
1枚のチラシは手書きの封筒に入っていた。
d0148223_1017538.jpg

このチラシに掲載されている内容より、こうした郵便を送ッて下さる行為が
私に勉強させてくれる・・・

そしてまた別の方から、ある新聞記事がFAXされてきた

それは、私の親友佐藤博久さんのお父様の新聞記事だった
d0148223_10172099.jpg

どこがいくらで売っているか、いくつものが売れているか
とかいった数字の情報より、こうした情報を私に下さろうと
してくださっていることが、ありがたい。

一緒に仕事をした日々が楽しく思い出していただける
関係を、今お付き合いしているお取引先の方にも
リタイヤした後でも思い出していただける関係を築いていきたいと

こんな時、思う。

思わず、朝一・・・佐藤さんに電話した!
「おめでとうも変ですけど・・・やっぱりさすがですね!」と

by rangsjapanM | 2010-03-23 10:29 | Trackback | Comments(0)

休日はばかばかしくリラックス   

やっぱり
if

by rangsjapanM | 2010-03-22 11:07 | Trackback | Comments(0)

楽しい売り場   

乗り物のサンプルの周りがトラックになってて、ただ試乗するだけじゃないのが
楽しそう。こんなお店だったら、試乗してみようって気分にもなるし・・・
試乗すればするほど、買いたい気分に自然となっていくはず
d0148223_11102286.jpg

by rangsjapanM | 2010-03-21 18:58 | Trackback | Comments(0)

セールスレップ   

セールスレップとは、もともとSales Representative「セールス・レプリゼンタティブ」のことを言い、アメリカでは既にひとつの事業として確立したワークスタイル
 セールスレップは「メーカーと販売先を結ぶ橋渡し役としての販売活動」を行うことのみ
仕事としている。

はじめは、ぴんと来なかった。

日本では聞きなれない言葉

日本にはそのかわりにメーカーと小売店を結ぶ問屋さんがある。

私はインポーター・・・アメリカのものを多く扱う

レップが直接アメリカのメーカーから日本に向けて発信し始めて
私のようなインポーターと大型小売店に同時に発信している脅威

問屋さんが必要でなくなるばかりでなくインポーターさえ必要でなくなる

でも輸入総代理店を作らなければ個々の小売店が商品の仕掛けをしなければいけなくなる

問屋さんや輸入代理店を無視して小売店を狙い撃ちすれば確かに
小売店は安い価格で販売はできる

でも、物は育だってはいかない。アメリカのメーカーはそれでいいのだろうか?

セールスレップの存在もそうだけど

たとえばファンドがすべてを握っている会社の動きは
すでに物はお金、人もお金、会社はお金、利回り第一優先

株価と同じ・・・高くなれば儲けが出れば1番よい時期どこかに売られていく

義理とか人情とか持ちつ持たれつというような関係もない

回転率やコスト、利益率、それだけしか見ない商品で埋め尽くされた
売り場ってどうなるんだろうと考えるけど・・・

私一人の力ではどうにもならない・・・これがアメリカ流のビジネス

先週、地方の30店舗弱のホームセンターのバイヤーさんが
会社に訪ねてくださり、新規取引の話をさせていただいた

人間味あふれる仕事の話ができた
もちろん、利益率、回転率、コストをまったく考えていないわけではないけど

それだけではない・・・いっぱい笑った。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
問屋さんから、
「新商品の価格・・・アメリカのサイトを見ると高いですね・・・といわれた」

と、木村君


「問屋さんの存在をなくして、直接小売店にいけばその小売価格になりますよ・・

でも、日本では問屋さんの存在は非常に重要だと考えています
当社の社長は・・・と言ってください・・・木村君」・・・と私

ネットですべてが即座に調べられる今
新商品は入荷と同時ではないと、人に紹介できない怖さがある

日本人の気持ちに響くパッケージの作りこみ、プロモーションすべてを
自分の頭の中にしまいこみ
40フィートロング2本入荷目前であっても、どこにもプレゼンしていない
安心と恐怖は私の中で両輪で回っている

見せた1社から・・・単純なマイナス意見だけの評論家になられるくらいなら
心の中でその商品と1人で遊びながら、仕掛けの方法を膨らませ

その商品を人一倍練習し、日本で1番うまいのは今のところ
私よ!・・・と優越感に浸る(それはそうね・・・誰にも見せてない商品だから)

でも・・・絶対ヒットさせて見せる!!!そう心に誓う!!私流のやり方で!!!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
流通が大きく変わろうとしているのを感じる

数字だけしか評価してもらえない取引先との仕事をこの先、私は続けていけるかどうか

私の意識を変えないとこの先やっていけないのではないか

人間はどうしてこうもお金至上主義になってしまったんだろう・・・なんてことまで
考えてしまう。

拝神ではなくて拝金・・・

私は母から見えないものを拝むことの大切さ、仏様や神様がお金より
大切な存在と教えられて育った。

セールスレップやファンドを考えるとき、心の中に神様まで登場する

少し考えすぎかもしれないけれど

by rangsjapanM | 2010-03-20 08:13 | Trackback | Comments(2)

第23回グッドトイショー授賞式   

プラズマカーでグッドトイショーをいただいた。
d0148223_2073561.jpg

懇親会の席で突然・・・乾杯と挨拶で指名された。
d0148223_2091095.jpg

そんなことは、だれかがするものと・・・他人事のように思っていたけど・・・

私?私でいいの?・・・そう思いながらも即座に受けた。

スピーチの最中、自分の話に共感してうなずいてくださる人を見て
嬉しくなった。

同じ目的をもって仕事をして受賞した人、選んでくださった人しかいない
空間は心地よかった。

by rangsjapanM | 2010-03-18 20:14 | Trackback | Comments(0)