人気ブログランキング |

<   2008年 12月 ( 29 )   > この月の画像一覧   

BSで歴史ものを見てると・・・   

映画レッドクリフを見て面白かったんだけど、間違えて
レッドカーペットっていいそう・・・どっちも好きだから・・・

年末、ゆっくりBS。万里の長城をみてたら・・・息子が・・・「それホントにオモシロイ?

そんなの見てる人って、インテリぶってるとしか思えないんだけど・・・僕にしたら・・・」

「あっそう・・・ホント面白いわよ・・・大好き私・・・こんな歴史物」
「じゃあ私って・・・インテリかもよ」(インテリの基準低い・・さすが三国志漫画読み今時人間)

ばかばかしい・・・休日特有の会話がとりとめもなく続く・・・・

つぎにBS「もうひとつの歴史、奈良大仏への道」を見始めたら

「インテリぶるのも・・・もういいんじゃないの・・」

「でも視点変えたら面白いかな」と息子・・・
「なに言ってるの、視点変えなくても面白いわよ・・・何視点って」

私の家では歴史が大好きなのは私だけ・・・

by rangsjapanM | 2008-12-31 14:41 | Trackback | Comments(0)

東京で1番好きな風景   

東京を車で走っていて、ほっとする風景がある。
国会議事堂正面に向かってひたすら走る道・・・・ライトアップされたこの場所、
この景色が好きでいつも、携帯におさめるのは夜。
形も守る警察官もすべてシンメトリーな配置
d0148223_21575857.jpg

子供の頃、社会の教科書に載っていた写真、
金沢に住んでいた頃テレビで見ていた景色
私にとっての非現実的だった景色
この、景色が自分の視界に聳え立つことが今もまだ私にとっては新鮮なこと。

この建物をこんなにまじかに見ながら車で通り過ぎる日常を現実にできたこと
、何年たっても私にとってはすっごく嬉しいこと。

こんな些細なことが、自分から色あせていないどころか未だにわくわくしてるって
、お得な性格かもしれない。

未だに東京タワーもそのひとつ。

by rangsjapanM | 2008-12-30 22:06 | Trackback | Comments(0)

リラックスって私にあっていないかもしれない。   

私のラジオの思い出しばらく掲載
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
こんなに頭を使わない1日なんて最近なかったなぁ・・・

というか、今日はまったく人と会話していない。

何十人もの人と話をし、いくつもの難題に出会い解決し終わる日常を過ごしてる
昨日までの仕事の日々。

今日はというと自分の部屋の掃除とリビングの掃除と家族の3食の料理作り。

こんな日をすごすとつくづく思う。

人と話をすると言う行為は自分の考えがはっきりするということなんだ・・・って

人と話をしない1日は自分が何を考えていたかさえ思い出せないどころか
たぶん何も考えていなかったんだと思う。
人に話をしながら、実は思いついたり考えがまとまったり、新たな考えにであったり
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
私はよく人から同じ事を言われる
「小林さんと話をすると元気がもらえる」と・・・「???」

実は話をすることで私は私らしくいることができているのかも・・・

by rangsjapanM | 2008-12-30 21:31 | Trackback | Comments(0)

29日も結局仕事   

朝7時45分から8時45分恵比寿でトレーニングを終えて会社に・・・

さすがに誰も来ていない。

珍しく自分で鍵を開けて入る。

もし誰か来てたら一緒に・・・と思ってケンタッキーからコーヒーを3つ買ってきたけど

社内は次々スタッフが来て3つのコーヒーでは足らなくなった。

26日で業務は終わってるけど、みんな気になるし残しの仕事があるらしい。

通常業務の日と変わらないくらい電話がなっていた。

普通の日より忙しいですね・・・これじゃあ・・・と、ザミルさん。

今日は掃除でもしようと思ったけど、そうも行かなくなっている。

どこの話を聞いても景気の悪さが挨拶になっている昨今
この忙しさを、ありがたいと感じつつ年末を過ごそうという空気が社内に流れている。

みんな何の仕事をしているのかわからないけど、それぞれの
キーボードの音が聞こえる。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
新聞社勤務の弟に電話
「いつまで仕事?」
「31日の6時まで」
「1日は社長宅に役員が年始の挨拶、実質2日が休みで、3日から出社」
「・・・・・・・・・・」上には上が・・。

by rangsjapanM | 2008-12-29 17:25 | Trackback | Comments(0)

もうすぐお正月・・・今日は最後のがんばり   

会社と倉庫にわかれてスタッフは仕事
日々の仕事に追われ、今日はまだ社内の掃除もできていない。
来られるお客様には・・・仮事務所ですので・・・と言い訳しきり・・・明日は年賀状
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
数年前に写した娘の写真は私の撮影・・・この写真はとても気に入っている。
このとき髪型も着物も髪飾りも私が選んだ・・・
今は、もうすっかり大人・・・・・このころが懐かしい・・・私の思いのままだった頃
d0148223_2123737.jpg

やっとお正月くらいは子供たちとゆっくり過ごせるようになったこのごろなのに

今はもう子供には子供の予定と世界がある・・・
d0148223_5304511.jpg

(2歳のときの息子・・・私の自作ブーメランを持って。投げれないくせに・・・)

私の両親もたぶん同じような思いをしてきたのだろうと今さら思う。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
今日でいわゆる御用納め・・・1年のいろんなことを思い出しながら帰り、家のドアをあけた。
玄関には見慣れぬたくさんの靴・・・
リビングは息子と高校からの友人3人が楽しそうにマージャン。
息子のアパートにお邪魔した気分。思わず・・・お邪魔しますといいそうになった。

家で見る初めてのこんな光景が新鮮・・
「勉強しなくていいのかな」と思わなくていいんだ・・・私。こんな光景眺められることが
嬉しい・・今年みんなそろって医学生になっている。

久しぶりに会うみんなが眺めたのか、サイドボードに桐蔭高校のアルバムが・・・

「お腹すいてない?」とみんなに聞いた「大丈夫です・・・」と答える足元に
コンビニの袋・・・

サイドテーブルのパソコンからダウンロードした音楽が次々と流れている

久しぶりに会う次女は出かける用意・・・「ちょっとお友達と今から会うの」
とたくさんの名前を並べたけど・・・知ってる子は2人くらい

帰っても誰もいないと思って外食してきた日に限り、家にみんながいたりするけど
もう誰もわたしが食事を作ることを頼る年齢ではなくなっている・・・

この自由を待っていたけど、
私が自由になる時は子供がもっと自由に羽ばたくときだったなんて

いずれ来る状況は想像していたけど、そのときの心の状態までは想像していなかった。

お風呂に入り、みんなをリビングに残し休む挨拶
「もうメイク落としたから顔はださないわよ・・・じゃあ、お休みなさい」

ドア越しに言った。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
みんな、車で出かけて、事故なんかなかったらいいんだけど・・・と・・・ぼーっと
心配しがら明け方目が覚めドアを開けた

昨日寝たときと同じ光景がリビングに広がっている・・・4時44分

いわゆる徹マン・・・わたしも、夫も同じことしてきたのに・・・今、立場は親・・・

自分にとっても懐かしい光景・・・たぶん夫にとっても・・・

「遼君・・・マージャン変わってくれない」と思わず言った。

「お母さんできるの?」と次女・・・「当たり前よ」と私・・・

今年のお正月は家族マージャンもいいかも。

by rangsjapanM | 2008-12-26 11:16 | Trackback

メリークリスマス   

d0148223_1001427.jpg

予定のない人全員集合(仕事優先だから予定を入れてなかっただけと思うけど)

明日40フィート入荷・・・嵐の前の静けさか・・・少し会社は静か・・

これ、私も予定してたわけではなく、仕事の都合しだい・・・と思ってた

急遽、私の家でクリスマスパーティー 10人集合

ケーキやお料理や飲み物は一足先に帰って私がセッティング

19時集合・・・みんなが入ってきたとき・・・

「わーおいしそう」「すごーい」「すっごいなー」・・・携帯取り出し写す写す・・・

チキンのロースト・毛蟹・サーモン・チーズ・サラダ・パエリア・ピザ・おすし・
2流ホテルの夜ビュッフェくらいは用意できたかな・・・でもケーキだけは
三宿のグローブに2個予約しておいたから、何とか豪華になるかな・・・
d0148223_10224454.jpg

スタートしたものの「仕事の話はなしね・・・」というと・・・シーン・・・

私たちは考えてみたらいつも仕事の話をして
馬鹿笑いしたり、熱くなったりしてる仲間だっから・・・
d0148223_1050170.jpg


そんなこというと・・・料理の話しか話題が出ないの?・・・「木村君今日寒いね・・」

「社長、入社以来、社長から天気の話題振られたの初めてですよ」と笑う

「じゃあ・・・木村君、結婚は?」・・・いきなりかい・・・みたいな顔・・・

「うーん・・・みんな・・・こんな会社の人間集まってどんな話するのかしらね」

静まり返り・・爆笑・・・食べて・・・笑う・・・なんとなく微妙な雰囲気・・・

大阪支社の仙石さんは参加できないから6時ごろ電話・・・
「東京はみんなで私の家でパーティー・・・仙石さんも仕事はもう終わりにして
クリスマスを家族で楽しんでくださいねー」

「倉庫の渡部さんと卓さんには伝えた?」

「二人は明日忙しくなるのがいやだから今日遅くまで仕事したいはずですよ」
「それに今日イブって知ってますかねー2人は・・・」
「とにかく楽しくやってますよ・・・きっと」

ピンポーンとインターフォンがなった。

「どうせ、お歳暮でしょ」と私・・・

友人のリチャードがチョコレートの大きな箱をもってたっていた。

私のクリスマス・・・ラングスジャパンのクリスマスイブ・・・成り行き任せの
企画なし突然パーティー・・・忙しくて予定立てられないからこんなもんかな

夫は長女の子供たちの子守をしながら
d0148223_10255811.jpg
参加
そして途中から長男遼太郎も参加
d0148223_1028690.jpg


いつも、プライベートも仕事仲間も一緒の私・・・・・・カメラマンはザミルさん

by rangsjapanM | 2008-12-25 05:53 | Trackback | Comments(0)

満足!パーフェクト生放送7分   

7分間の生放送の紹介内容は
ゾインゴボインゴ・ジービーズ・ルームラング・スイッチピッチ・ミステリーUFO

事前の打ち合わせで、ルームラングの投げ方・スイッチピッチのカラーの変え方
ジービーズをより楽しむ方法・ゾインゴの楽しみ方・・・ミステリーUFOの見せ方

この辺はテレビ局側がすでに考えているストーリー展開に
商品の特質を知りえる私のアイディアをプラスして、タレントさん司会者さんのバランスを見て
単なる7分の密度を5倍くらいの濃さに仕上げる・・・

リハーサルの段階では自分の思いはずけずけ言って自分の立場をはっきりさせる。

ここで私の意見が通らなかったら、、、たぶん私はすべての商品をもって、番組なんて関係なしで
引き上げる覚悟ができている。

テレビ局側は番組命・・・私は商品命・・・妥協は絶対しない・できない。

そのときのエネルギーってすごい。
5人の超売れっ子タレントを7分出してあげてるタレント事務所のマネージャーか
社長気分でもある。私にとって商品はタレントと同じ・・・それ以上というわけ。
絶対面白いコーナーにしたいと思う。そうでなければわざわざ行かない。7分のために。

この世界はとにかく持ちつ持たれつ・・・より良いコーナーができれば
結果オーライ・・・というわけで・・・この数分に注ぐエネルギーはすごい。

スタジオのカメラの向こうには何万人もの人の目がある。

そういえば、用意されてた音楽・・・マジックをする時のあの音楽
チャラララララー・・・チャラララララーラーララーってのがリハのとき流れたので
「それは、なしでお願いします。安直すぎ・・・Xファイルかもっとミステリアスな音で」

駅までタク送・・・チケットは私がきっちり数字を入れる・・・
最後まで気は抜いていない。
ずるい儲けさせ方はさせない・・・テレビ局さんの経費もちゃんと考えなくては・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2012年7月28日
2008年に書いている文章を読んでみると・・・一言で言うと
生意気!

子の4年間に私は「ありがたい」と感じることが多くなったような気がする

削除したくなるけど、このときこんな考えをしていた私も確かにいたと言うことを
消さないで置こう

by rangsjapanM | 2008-12-24 07:58 | Trackback | Comments(0)

ミヤギテレビ   

生放送、楽しく終了。
d0148223_18111798.jpg

さとう宗幸さんとたつをさん

ミヤギテレビの皆さんすごく優しくて・・・はっぴーな1日でした。

4時27分からひっきりなしにメールが届き、出番が終わったたつをくんと控え室で
パソコンでその様子を見、思わず握手。

東京と大阪から仙台に来たかいがあったことを実感した瞬間だった。
もちろんとんぼ帰りだけど
終了後、お決まりの牛タンを食べ・・・大満足の一日でした。

たつをクンのブログ
にも様子が・・・

by rangsjapanM | 2008-12-23 18:13 | Trackback | Comments(0)

海外の取引先からのクリスマスプレゼント   

いつもこの時期、カードやクリスマスプレゼントが海外から送られてくる
今日も2つ届いた・・・アメリカとドイツから

アメリカからフラットボールの社長・・・こんなジョークのパッケージで・・・
FUDGEというアメリカで人気のお菓子が送られてくる。甘さは半端じゃないけど美味しい。
d0148223_17441386.jpg

そしてドイツからは私の名前を入れたブーメランが・・・
d0148223_17443593.jpg

どちらも、嬉しいプレゼント。ほかいろいろカードが届き忙しい中にも私のクリスマスがある。

そして明日は仙台・・・宮城放送にいく・・・この取引先の商品のPRです。
祭日だから、仕事で遊ぶことにしよう。

by rangsjapanM | 2008-12-22 17:57 | Trackback | Comments(0)

海霧・・・・原田康子原作   

d0148223_19125512.jpg

明治、大正、昭和へと激動の時代をひたむきに生きた女性たち・・というサブタイトルにひかれ
お芝居「海霧」の最終日、日本橋の三越劇場へ・・・主演は樫山文枝さん

代沢から日本橋へのタクシーの中、みかんをを送ってってくれていた夫の母と
かぶら寿司を送ってくれていた私の母に美味しくいただいた報告をゆっくり電話で話した。

1日の実労働14時間の私にとっては移動のタクシーの中が唯一両方の母に
ゆっくり電話ができる時間。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
このお芝居を見ようと予約を取れたのもその前日の午前中・・・とにかく2枚とってみたけれど
私にはお芝居を一緒に見に行く友達なんているはずがない・・・

その2人の母や義妹や姉が近くに住んでいれば絶対誘っていくんだけど・・・

忙しい中にも血縁との付き合いは大切にしてきたけどそれが精一杯で、
仕事以外の人間関係を作る時間も心の余裕もなく生きてきたからしょうがない。

唯一、長年のお付き合いある女性の社長を打診したら
「クリスマスに向けて土曜日なんて何考えてるの最高に忙しいのよ・・・」
(確かに・・・本当は私も・・・でも・・精神的バランスをとるための時間は惜しまないのが私)
長女に打診したら
「社長から言われてる年賀状・・・土曜日じゃないとできないの」と(それって私の指示)

というわけで午後には1席キャンセル
もともとなんでも一人で動いてるからいいんだけど、もし感動したら
一人じゃ・・・あとどうなるの・・・と、誰か一人ほしかっただけだもん・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
予想通り、お芝居はすごく有意義だった。

感動のうちに終わった。
私がキャンセルした席に女性の方が隣に座っていらした。
その方が終わって突然声をかけてこられた。
「いいお芝居でしたね・・関係者の方ですか?女優さんですか・」何度も言われた。
意味がわからない「?????」想像しなかった展開。

チケットにお茶券がついていたので、一緒にお茶しましょうか・・・と今度は私が誘った。

ほんの2時間くらいの時間だったけど調度お互い半々ぐらいの時間で
自分がなぜこの芝居を見たかったか
なぜ一人できたのか
自分を取り巻く背景・・・要するにプロフィールと・・お互いの人となり・・・人生観を
語り合い電話番号住所をわたし

2人は観劇仲間となった。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
このごろの私には
長い付き合いでいやな部分も笑い飛ばして付き合えるようになった関係と
初めて会って一瞬でぴったり合うと分かり合える出会いの人間関係がある。

自分がこんなに忙しい中、一人でも行こうと思ったお芝居の落日に出会った
しかも私がキャンセルしたシートに座った人は自由が丘からこられた
とても理知的で美しい女性だった。

私より10歳年上のその方に対し私は年齢から来る弱みなんて絶対いえるわけもない・・
こんな方とお付き合いできたら、きっと素敵だろうと感じた。

「私はただ笑ったり、楽しかったり、豪華だったりというお芝居ではなく何か学べる
自分のパワーになるようなそんなジャンルのお芝居がすきなんです」と伝えたえら
「同じ、同じ」と素敵な美しい笑顔がかえってきた。
そして次回のお誘いを楽しみに、わかれた。

彼女は私のことをそんなに知らないのに、ちょっとしか出さないワードから
私をいっぱいほめてくださった。

自由が丘にお住まいの生粋の主婦のこの方は私が主婦だけして生きている人では
ないと、すぐわかった・・・との事だった。
説明が面倒になると思うときは、夫が開業医で・・・その妻であることだけいうときもある。

もし続かない出会いもOKだし続いてもOK・・・とにかくあの方は私の中で
素敵な思い出の方になった。

今まで女性であろうと男性であろうと自分から声をかけたことは考えてみたら
1度もない人生だけど、いまだにこうした出会いが男女問わずあることは
私の生きるスパイスになっている・・・1人で出かけたのも悪くはなかった。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
10歳自分より若い人はいつまでたっても、ものすごくまだまだ若くうつるということ
考えてみたら私は私より10歳若い人をそう思うけど・・・
30代の頃・・・私45歳なんかになって、生きていけるかな・・・もう女じゃないわ・・
ぐらいに思ったものだけど・・・・10歳上の人は常に私を若いと思ってくれるから
10歳年上の私に今の私を俯瞰させながら生きていけばいいんだわ・・・なんて思った。

その方は印象的なことを言われた・・・

「年をとっると、想像もしなかったことが次から次へと起こるのよ・・・
介護とか・・・お金のこととか・・・夫の親の介護とかも始まったりするのよ」
美しい笑顔で話をするということは、なんて話の印象が変わることか・・・と
私はその方の話を聞きながらその話す表情に魅力を感じた。

たしかに未体験ゾーンへの突入ということに関しては
二十歳代より、ある意味すごいものがあるかもしれない。

仕事上では出会えない素敵な60代の女性とお話できたことで
お芝居はこの出会いのプラスアルファになっていた。

by rangsjapanM | 2008-12-21 05:17 | Trackback | Comments(0)