<   2008年 10月 ( 31 )   > この月の画像一覧   

商談に行くタクシーの中   

今日、珍しく木村君と午前中新宿で商談。

向かうタクシーの中で、

「木村君、鼠先輩って知ってる?」

「いや知りません」

「信じられない・・・ホント?誰でも知ってるわよ・・・」

「知ってますよね」いきなり運転手さんに振った。

「ええ、」ととまどいつつも・・話題に参加できた喜びが・・・
(この人が似てたから、思い出したんだけど)

「ほらね・・誰でも知ってるのよ」私は木村君の度忘れかと思ってメロディを鼻歌で・・

ユーチューブで鼠先輩見といて!」

と、言いってるうちに商談先に着いた。

帰りのタクシーの中「鼠先輩知ってます」また振った・・「はい・・ぽっぽですよね」
行きの運転手さんより微妙にノリはよかった。

要するに、世の中、知ってて普通ぐらいのことなの・・・って言いたかったわけ。

商談後は、よく行く原宿のフジママスで昼食・・・その後近くのお店の
ラングスコーナーの売り場チェック。

XジャイロのDVDがバンバン流れているのにXジャイロが一個もない。

担当者が気づいていないのかと思ったら・・・

私の顔を見るなり、一瞬ひるんで、あとずさり

「1日に付けで発注しようと思っています。わかってるんですができないんです。すみませーん」

原宿の一等地で、売れるものの売り逃し・・信じられない・・・

5日間ほど物がない状態でDVDをかけ続けてるって事が・・・

そして、毎週でも店頭実演をと店長から今朝も電話依頼されている売り場でもある・・・

私には考えられない・・・このちぐはぐが・・・

鼠先輩なんてどうでもよくなった。

会社に帰って、すぐXジャイロ抜きのDVDを送るよう指示を出した。
(お店をあてにするより、自分ができる事をやるほうが懸命)

私にとっては3日間だって真剣勝負なんだから・・・

それにしても、今日の商談も木村君だけで行く予定だったけど

急遽私も行ったんだけど・・・「社長もこられたんですか・・わざわざ」と

顔を見るなり・・・ここでもひるまれた・・・

「木村君、きょう派手な格好しすぎてる?首につけてたチョーカーのせい?みんなのあとずさりは」
ガラスにんだけど・・・・
d0148223_722094.jpg


「そうですねぇ・・・もはやアクセサリーというより「よろい」の領域ではないですか?」

(笑わせてくれるじゃないの・・鼠先輩も知らないくせに・・)

そういえば、私が最初に会社を作ったのは1980年代のギロッポンだった。

ビルの名前は「アンバサダー六本木」稲川組系事務所の前で借り手がなかったので
10万円も家賃を値切って借りて、組長にもブーメランの投げ方を教えてあげた・・・

この歌で久しぶりに思い出したこと・・・エピソードっていうのかな。

by rangsjapanM | 2008-10-29 21:54 | Trackback | Comments(0)

取引先の破産   

先週末の土曜日、親しくお付き合いしていた問屋さんが破産した。
直接取引ではなかったので、実害はなかったけれど・・・

たくさんの、倒産、破産の会社を見てきて感じることは

世の中に必要とされなくなったら、会社という生き物は消えていく・・淘汰されていく

それは自分の会社にも言えること。

たった一人のお客様が喜んでくださったら、そのお客様の背景にはたくさんの人が

いらっしゃる事を常に忘れてはいけない。

ブーメランを教えて差し上げた昨日の方はスタッフにとって最初の電話では

単なるクレームの個人だったけど、行ってみたら、お子さま預かり所の経営者だった。

結果的にはまったく計算にはなかった奥行きのある仕事につながった。

スタッフの電話を取り上げ自分が話したとき、
年配の女性がこんなエコペーパーブーメランを買うにはなにかある・・・

と、私はピンときていた。
(声のトーンやいくつかの手がかりだけで、背景をを察することは非常に重要。
この失敗で会社を死なせてしまう事だってあると常に考えている。だからその逆もある)

400円のブーメランの返品を受けるためではなく、レクチャーのためにスタッフが半日動くことは

ものすごく意味ある大切なことと考えている。

私が毎日スタッフに刷り込むように言う言葉は

「1番大事なことは数字を追うことではない・・・」と。

でもその話の中には、数字よりもっと深くて大変な仕事があることを補足している。

そんなことを言っていられる、この会社の規模と質を今後も維持していきたいと思っている。

私は真剣に仕事を楽しみたいし、スタッフにも楽しんで仕事をしてもらいたい。

私たちが楽しくないと、お客様に楽しさを提案できるわけがないから。
d0148223_7282989.jpg

アランスコットも友人・・・2週間も奥様と私の家に宿泊してブーメランを一緒に楽しんだ。

途中で彼と奥様はけんかして彼女だけ先に帰ったんだけど・・・

とにかくそれも含めて、楽しかった。

by rangsjapanM | 2008-10-29 05:28 | Trackback | Comments(0)

戻らないブーメランの返品   

エコペーパーブーメランが戻らないから
返品したいとの客様からの電話を
スタッフが受け、それに応じた。
私は即座にお客様に電話をし
「もし、ご迷惑でなければ、絶対戻りますから
こちらから教えに行きます。」とお伝えした。

そして今日、返品を受けたスタッフが
教えに行った。

「行ってみたら、創意工夫されたのか、
できるようになっていらっやいました。」
とスタッフから電話。

お客様もハッピーでスタッフもハッピーで
私も思った通りに事が進んでハッピーだった。

スタッフいわく
「こんなことが本来の仕事って
しみじみ感じました。こんな経験初めてでした」
と嬉しそう。
お客様
「ラングスジャパンの商品を
またお店で買いますよ・・・」と
嬉しそうに言われたとの事。
最初は、変な人から紙ブーメラン2枚を
返したいと暗い声で電話があった。
それで終わっていた話だったんだけど・・
「ラングスジャパンのブーメランを
買おうと思った人は戻る喜びを信じて
買ったわけだから
素直に応じてはだめよ返品を。
物の移動だけで終わらせて
簡単に解決してはだめよ・・・
それは、お互いのためにならない・・・」
「ラングスジャパンは楽しさの
アナログソフトを販売してるわけだから、
丁寧に教えることが大事。
そんな会社であるべきよ。」とみんなに話した。
先週末の土曜日、
親しくお付き合いしていた問屋さんが破産した。
直接取引ではなかったので、
実害はなかったけれど。
たくさんの、倒産、破産の会社を見てきて
感じることは
世の中に必要とされなくなったら、
会社という生き物は消えていく
宿命にあるということ。

それは自分の会社にも言えること。
たった一人のお客様が喜んでくださったら、
そのお客様の背景にはたくさんの人が
いらっしゃる事を常に忘れてはいけない。
ブーメランを教えて差し上げた今日の方は
最初のお電話では単なる返品の
個人客だったけど
行ってみたら、お子さま預かり所の経営者。
400円のブーメランの返品のために、
一人のスタッフが半日動いたことは
人として、会社として、ものすごく意味ある
大切なことと考えている。

会社は一人のお客様に
喜んでいただく仕事をすることが基本。

by rangsjapanM | 2008-10-28 17:48 | Trackback | Comments(0)

ニコンのCMのブーメラン   

ニコンのCMユーチューブで見つけた。

たぶんものすごく懐かしいのでは・・・このCMのエリック・ダーネルは数年前に私の家に泊まった時

このCMに使ったブーメランをすでに持っていなくて、私のこのブーメランを見て

羨ましそうだった。エリックのブーメランはそのほかのものもすばらしい。

このCMはとても強烈でこのCMからブーメランに興味を持った人も多かった。

by rangsjapanM | 2008-10-26 15:12 | Trackback | Comments(0)

メキシコ人労働者と一緒に働いた仲間 ピーター   

d0148223_12332662.jpg

親友ピーター・カミングスと食事・・・
ポートランドと香港にオフィスがあるけど
OZだからシーフードが大好きなピーターのために、ハーバーシティのレストラン
The Quarterdeck Kowloonを用意した。
d0148223_12343390.jpg

昔、バンダイさんの仕事を一緒にしたときのエピソードが必ず出てくる。
私とザミルさんとバンダイのスタッフとピーターのアメリカの工場で納期が切羽詰った
仕事の最終仕上げに行った。
そのときのこと。私とザミルとピーターはメキシコ人労働者と一緒に箱詰め作業・・・
バンダイさんはストップウォッチを持って見張ってた・・・・って
ピーターはいつも新しい食事の人が加わると必ず話す・・・
作業工場内の音楽もアップテンポなものに変えて能率を上げろとも言われた・・・今は笑い話。
あの人はどうしているだろう・・・プライベートの時と仕事の時は、まるで人格まで別人だった・・・
私たちは、プライベートも仕事も、どうかと思うくらいおんなじ・・・・仲間。
投げたり、飛ばしたり、飛んだりすることが仕事だから、そう感じるのかもしれないけど。
どんな真剣でも、真剣になればなるほど、飛んで見せないといけない仕事。
d0148223_1235106.jpg

私のおしゃれの重要ポイントはつめ・・・飲み物はジュース・・・実は飲めない
d0148223_12352632.jpg

香港は23時でも買い物ができる・・・・
d0148223_12361332.jpg

カメラ大好き・・・ザミルさんは私のいつも後ろから・・・ついてきてるか見ると
もうシャッターが狙ってる・・・いつも私はカメラワークの実験台

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この食事、3段のシーフードのコンポートの真上にロブスターの爪が見えていたんだけど
あまりに豪華で上が見えない・・みんな遠慮がち・・・

ロブスターのつめを握手するみたいに引っ張ったら胴体とも全部私のところに来てしまった。
(つめだけではなく、大きいのがそのまま私の手の中に・・・)

私はご馳走する立場なのに・・・と思ったけど・・もう遅い・・・食べる食べる・・

ピーターが・・・しばらくして・・・ロブスターもらっていい?とみんなに聞いた・・・

5人で食事でロブが2匹って気まずい・・・・

私はその後、目の前にあるムール貝を食べ続けた。

by rangsjapanM | 2008-10-25 12:36 | Trackback | Comments(0)

親の想い   

海外に行くとき、成田で実家に電話。
別にいつもの海外だから1週間私がどこにすごしているか・・・だけのこと、私にとっては。

でも、両親にとっては、心配事のひとつ。

母は心配事も含めて親だから知っていたい・・・と言う。

父は、成田に帰ってきたら必ず電話を1本入れてほしいと言った。

つい2,3年前までの私にはうっとうしいことだった。

ところが、今回の旅行で初めて、ものすごくありがたいことに感じた。

成田に到着・・・さあ、私を誰が待っているだろう。

夫も仕事・・・子供たちもそれぞれの予定・・・スタッフも忙しい・・・

とりあえず、戻った形跡だけを残すため、着信の形跡だけは残した。

それから実家に電話。

「今成田。」と私
「成田?・・・飛行機?建物の中?」と母
「エスカレーター。」と私
「じゃあ建物の中ね。無事ついたって事」と母

「こんな確認まで・・・いったい誰がしてくれる?」と
帰りの車の中、弟に電話。

「ありがたいと思わない?私たちのこと一番に考えてくれてるのは
やっぱり両親が1番ね」

意見は同じだった。

そのうち長女から電話、長男から電話、次女からも電話、夫からも電話・・・

でも、やっぱり親の思いに勝る思いはないと思った。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
私も親だから・・・よーくわかる。親の気持ち。

でも子供の立場の私は、(めんどくさいけど、電話しないといけない)と思ってる。

私が親の気持ちを、ちゃんとわかるようになるまで、両親が元気でいてくれて
ありがたい。

この先もっといろんな気持ちを親を通して子供を通して、立場を変えて
不思議な感覚で理解できるようになっていくんだろうと思う。

年をとっていくって不思議な感覚。

by rangsjapanM | 2008-10-24 07:09 | Trackback | Comments(0)

サンプルをとりにオフィスへ   

d0148223_1233369.jpg

最後の仕事・・・サンプルをとりに・・・
このオフィスがこれから自分が自由に使える香港オフィスになった。、シャングリラの前にある。

持つべきものは友・・・ってホント。

ビジネスからスタートした関係、20年の年月は関係を取引先から友人に変えてくれていた。

関係の変化は私が仕事に費やした年月を意味あるものにしてくれる。

ビジネスにおいて100%心を開いた関係なんて、難しいけど

私は、仕事だけ、お金だけ、ビジネスだけに生きる時間を費やしたくない。

アフターファイブを楽しむ生活もしたくない。

生きてる事を24時間楽しみたい。

私の海外の取引先、私も含め、に共通して言える考えはきっとこんなところ。

だから面白い発想が沸いてくるのかもしれない。

彼らは24時間仕事をしている。24時間遊んでいる。私も同じ。

労働時間なんて言葉・・・笑っちゃう。

by rangsjapanM | 2008-10-23 12:34 | Trackback | Comments(0)

香港にて4   

主背のパッケージ・ディスプレーを見るのは楽しい・
d0148223_8371526.jpg

テナントが入っていない壁にしては請っている
d0148223_8374118.jpg

テナントが入る工事中の壁とは思えないくらいアートな壁
d0148223_8384039.jpg

d0148223_8391291.jpg

壁から床まで続いてるデザイン・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
本日、午前中サンプルを受け取り、空港へ・・・

すごくほしかったサンプル・・・かなり貴重なことがわかっているので言い出せなかっけど

昨日、食事を終えたあと、もしよかったら、サンプル大きいけどもって行く?と

先方から言い出した。

カナダのある有名店で売れている商品。もちろん日本にもあるお店

販売の仕方、アプローチの仕方、すべて教えるよ・・・という言葉も添えていただいた。

業者間の噂話これは世界中での話だからかなり純度が高い。

今回商品もよかったけど、情報もたくさんもらった。

何から、手をつけていこうか、とにかく日本に帰ってからの仕事が楽しみ!!!

日本に残っている、スタッフも今回はこちらに何も心配かけさせることもなかったし

離れていると、スタッフの成長がよくわかる。

いろいろ、心のリセットもできたし、有意義な4日間だった。

とりあえず新しい仕事はまだ何も具体的にスタートしてないけど

たぶん、動物的感と多少の計算と運に恵まれた4日間は日本の100日分の仕事は

できたと思う・・・パーフェクト!!!!!

by rangsjapanM | 2008-10-23 08:41 | Trackback | Comments(0)

香港にて3   

d0148223_8524423.jpg

かわいいディスプレー
こんなディスプレーに反応してしまうのは
20年前に新車で買った2CV・・・運転したことはなく、時々エンジンをかけてるだけで所有。
私の大きなプラモデル。
要するに、昔からおもちゃが大好きな大人ってこと。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
今日の商談はすごく面白い商品があり、とりあえず来期は期待できる!!!

新商品を、どんな感じで仕掛けていくかもシュミレーションできた。

やっぱり私は開発なんて到底できないと感じた。

才能ある海外の取引先に恵まれたことに感謝。

輸入代理店としてその立場に集中してきたから、彼らも私を信用してくれている。

1個も新商品がなかったらどうしよう・・・・と思っていたけれど・・・多すぎてどうしよう・・・に

変わった今日の商談。

すごく嬉しかったことは、香港オフィスの鍵も暗証番号も教えるから

日本のバイヤーさんを、お連れして自由に使ってほしいと、何度も言われたこと。

イギリスのインポーターに私を紹介するとき、

クレージーで、エキサイティングな仕事を一緒にしてきた昔からの友人・・・と

フラフープなんて簡単にいくらでもセンスのいいもの自社で作れるけど、
そんな自分自身の甘い心の誘惑に負けず、ハードルを高く上げて
ひたすら面白いものを探すことに集中してきて今がある。

by rangsjapanM | 2008-10-21 23:42 | Trackback | Comments(0)

香港にて2   

d0148223_8521288.jpg

香港ギフトショーは私にとっては新商品探しじゃなくて、
自分の商品のコピーチェック・・・だから、疲れる・・・そして帰りはこんな感じ・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
私の取引先アメリカのメーカーは全員、香港の中心部にオフィスがあるから

アメリカに商談に行く必要がなくなって、もう5年ほどたつ。

今日も何社かの社長と会い、夜は食事。

この夜の食事はただ楽しいだけのものだったけど、アメリカのメーカーも成長し
私も多少成長した今・・・

世界中の総代理店のなかで、数少ない滞在期間に食事までするということは

買っている数のバロメーターだったり、数は関係なくとも、信頼のバロメーターであったり

食事の時間に意味があることを、最近感じている。

この食事の時間に、驚く情報が飛び出すときがある。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

彼らはまったく香港ギフトヨーには顔を出さない。

私は1日だけギフトショーを回り、コピーが出ていないかチェックする。

見ると、会場からそれぞれのメーカーに電話で知らせる。

コピーは見ても不安だし、まったくなくても不安になる。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私の携帯はdocomo SH906i だけど

香港にきたら表示時間がもう、香港の時間に変わっている。
たぶん、空港で電源を入れた瞬間メールキャッチ、その瞬間、香港の時間を
感じてる電話の機能って・・・・ホントすごい!!!!

みんな知ってること?

私はどこまで、いろんなことについていけるんだろう。

このブログだって、最初はいろんな機能に強くなるためにはじめたんだけど

今は、言いたい放題のストレス解消。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
夜は復活!!!!
d0148223_8542499.jpg

疲れていても香港の夜はせっかくだから・・・・・多少気分転換・・・

「ザミルさん自分は写さないの?私と景色ばかりじゃ・・」

「社長・・・カメラマンって・・・・ふっ・・・そんな・・・もん・・スよ・・・ふふん・・」

そんな会話の写真・・確かにカメラマン気取った写真かも・・・

ザミルさんのストレス解消はカメラ・・・仕事のときより生き生きしているような・・

そんなものがあるってうらやましいかも。

by rangsjapanM | 2008-10-21 08:47 | Trackback | Comments(0)