人気ブログランキング |

<   2008年 03月 ( 16 )   > この月の画像一覧   

食事と会話   

代官山フランス料理のお店ル・プディ・ブドン6時半からスタートという約束だったけど

「少し早めに着いてしまっています。」と6時ごろM氏から電話。
「じゃぁ、私も今すぐ行きますので、食前酒でも先にやっててください」と

あのお店は、6時半ではまだお客様がいないはずだから
1番いい席に座っていただいてるはず・・・と思いつつも
タクシーに中から携帯に入れてあるお店の番号を呼び出す。

「予約を入れてるラングスジャパンの小林ですけど、2人先にお見えになってる
と思うのですが、飲み物を先にお出ししてください、私も後5分くらいで
着きますとお伝えして」と電話。

M氏は
上場企業パソコンゲーム会社元取締役、
10年ほど前に私が気に入った商品があり代理店でもなんでもないのに
突然、押しかけて代理店にしていただきたいと交渉その商品で3億くらいの売り上げを
作ったことがある。当時の交渉相手。

I氏は
大手のおもちゃ問屋の現役取締役、、、M氏の紹介で
感性があなたと似ている人がいると言って10年ほど前に紹介を受けた方。
現在その会社と密なお付き合いはさせていただいてるけど
この取締役I氏とはまったく仕事でのかかわりはない。

「私達がどこでどうつながったのか多分誰も想像できないでしょうね。」と
最後はそんな話題になるほど、外部に不必要なことは言わない3人。
仕事での関係はなく感性だけでつながっている関係だから誰にもわからない。

私の行きつけのお店は美味しいという事はもちろんだけど接客がパーフェクト。
業務中だけマニュアルパーフェクトではなくて、ちょっとしたアクシデントがあっても
人間味あふれる対応が出来るお店。

このお店は、事前に今日のお客様は値段が書いてるメニューと書いてない方
どちらにしましょう、、とちゃんと聞いてくれて
では、小林様だけには価格が書いてあるものにいたしますか?
とか、そんな私にとっての当たり前の気遣いをしてくれる。
(私にとっての当たり前の気遣いはかなりハードルが高い、、、と娘によく言われるけど)

到着すると薄暗い光の中に、このお店の中の1番スペシャル席に
中央の大きな花を背にして壁に向かって座っている2人の並んだ背中が見えた。

(私を上座にとこの経験豊かなお二方は思ってその位置で座ったのだろうけど
私は大きな花を瀬にして座らなけれより美しく見えないじゃないの、背景が壁じゃあ・・・・)

「お久しぶりですぅ・・・私、こんな奥の場所に座らせていただいていいんですか?」
とさりげなく謙遜ぶって席替えしてもらおうと、、、

「いやいやいやいや・・・社長・・・とんでもない、ここで、、、」と譲らない、、
(しょうがない言うか、、、)

「でも私、花が背景の方が華やかに見えるから・・・」と粘った。

「いやいやいやいや、、、社長は社長だけで十分華やかですよ」と
結局、私にとって2人の無意味な謙遜のために壁背景に座ることになった。

ちゃんと、お二人の前には食前酒が来ていた。

さあ、食事のスタート。

でもその前に、、、、、

「すいません、今日焼き鳥やじゃなくて、、、」とまず謝りから。
「でも、ホント美味しいので」と謝りたおし、、、
I氏は笑ってその会話を眺めてる。
多分もう一方はここをかなり気に入ってくださってる様子。。

メニューが3人に渡されたけど、真剣に見ていない。

「ここは、やっぱり社長にお任せします。」とお二人が・・・
(これ以上M氏には迷惑をかけられないのでチョイスはすべて私が)

小さなワイングラスに入ったトマトの冷製ポタージュから始まり、
前菜にいわしのガレットミルフィユ
次に濃厚なうにのポタージュスープ
ぷりぷりした歯ごたえのあるアンコウのソテェ、口の中でとろけそうな牛ほほ肉の煮込みと
自分がこの店で1番美味しいと思うものに決めた。

(いわしのがレットはミルフィユが粉々になると食べにくいので
お二人には少しありきたりだけど、サーモンと真鯛のカルパッチョに)

最後にデザートケーキは15種類ほど出てきて4種類ほどチョイスするんだけど
M氏いわく、、、、ケーキなんてこれ食べたら1年分だな、

食事が終わりデザートタイムのとき

「フランス料理でも焼き鳥でも、、、誰と食事するか、、、って事ですよね」というと

「ホント、僕は今までフランス料理は堅苦しくていやだから全部断って
きたんですよ。でも今日はチャレンジしてよかった。
ぜんぜん堅苦しくなかったし、本当に美味しかった。」

会話はというとそれぞれが自分の話しをかなり深いところまでし
それぞれの話を本気で真剣に聞いて、、、あぁなるほど、、、と感じあい
未知の話だったり、共感できたり、この付き合いのスタート時を思い出し
現在の仕事を語り、未来の話しをし、
結局最後は自分に酔いしれているかも・・・・

お2人は私より少し年上の方だから経験も豊富で私の業界に精通していて
私のまだ知らないことを謙虚に話す。

私の小さな成功を認めてくれたうえで、更なる成功を祈るだけではなく
具体的な方法を、箇条書きレベルで教えて下さり
最後に、、、もうひとつ言いましょうか、、、なんて、、最後の最後まで、、、

社長が次ぎ10年後あうときもっと成功しているのを見るのが
楽しみだと言われるから

「いやですよ、、、10年後なんて、、、一足飛びは老けちゃって、やじゃないですか」
「1年に一回くらいにしないと、、、それで、、、いつまでも変わんないですね、、、
なんて、いえる頻度で合わないとね」と私、、

まじめに話してるかと思うと必ずオチがある、、、この3人
私を先にタクシーに乗せて見送りくろうと常識的紳士的行動にでたけど

「とりすぎたカロリー消費のために、、、」と言いながら
私はタクシーに乗る2人を見送り、
過ごした時間の会話をもう一度ゆっくり思い出したくて、歩きながら帰ってきた。

忙しい仕事のなかの一瞬だけど、昔の仕事の友人とのこうした時間は
その出会いのときの年齢に戻れ、戦友のような?仕事仲間同窓会?

誰かが先に死んだらと考えたら号泣している自分を想像し
涙ぐみそうになった。

by rangsjapanM | 2008-03-08 09:24 | Trackback | Comments(0)

食事の場所選び   

男性2人と私、3人で食事ということは、よくあることだけど、、、
仕事上12年ほど前に1度かかわったけど、その後仕事のかかわりは
まったくなくプライベート・感性のみでのお付き合い。

そのうちの一人M氏はいつか、言ってたなー
「退職したら、焼き鳥やなんか開いて、、、そこのカウンターに立ち・・
焼き鳥に塩なんかぱらぱらまきながらお客さんの愚痴なんか聞いてあげて・・・・
そんなことしたいんだー、、、それ、僕のの夢ですよ。」

今日の集まり、やっぱり焼き鳥屋にした方がいいのかなー。

前回はそう聞いてたから、会社のちかくの日本料理屋レベルのセンスのいい
私のいきつけの鳥山居という鳥料理店でとても満足していただいたけど、、、
(そのときのメンバーも今日と同じ3人)

味よし、わりとセンスよしだけど、禁煙喫煙の区別がなく、、、
「金曜日ですから2時間で、、、なんて」いう焼き鳥屋じゃあ、いやだし・・・

目黒川沿いのはしだ屋はさすがに4月ごろまで予約が埋まっている、、、、

幹事は大変・・・・

私は代官山のルプティプドンと言うフランス料理のお店が大好きで
ゼックス東京というイタリアンが大好きでそこはしょっちゅう行くんだけど
焼き鳥やのおやじになるのが夢と聞いてしまってるので
イタリアンやフランス料理では、喜んでもらえる自信がない。

ヤフーグルメで¥5000、接待、渋谷で検索するのも・・・・どうかと思うし
¥7000、夜景、カップル、日本食・・・・これでどうかな・・・なんて
写真はいいけど行ってがっかりが眼に浮かぶ。
昨日の夜は仕事よりお店選びの残業をしてしまった。

やっぱり、年配のの友人と冒険したくないから、行きつけの場所にしよう。

選ぶお店によってぜんぜん盛り上がり方が違ってくるから、、、
自分の頭の中で、お店に3人が座って食事を始めて、話し始めるところまで
イメージしてみた。、、、これ違うわ、、、これも違うわ・・と何回もリセット。

焼き鳥やとフランス料理じゃ話す内容まで変わってきそう・・・・

やっぱり今日は代官山」フランス料理にしよう!

ちなみに今M氏に遠慮しがちに、
「私の行きつけでいいですか?」と聞いたら「いいですよ」
「フランス料理なんですけど。。。」
「えぇー!!」「まあ、いいですけど・・・」
(やっぱりいやなんだ・・・本当は)
「なんで、フランス料理で私こんな遠慮しなくちゃいけないの?(笑)」

「まぁいいか・・じゃそこにしましょうか!(笑)
」とM氏

「いま名前覚えられますか・・ル・プティ・プドン 」と私・・・

by rangsjapanM | 2008-03-07 08:05 | Trackback | Comments(0)

商談の合間に   

商談で昨日外出。2件の商談の間にちょっとした時間が1時間ほどで出来てしまった。
昔はそんな時、私の場合本屋さんで立ち読みだったけど、
最近そんな時間は、ヨドバシ。

ヨドバシは入っているだけで、何かしら新しい情報が自分に入るので
今を生きるためには、必須のお店。なーんて!

昨日も、PCに関する書籍を2冊と6インチくらいの自分の外出用の
PC(ちなみにコウジン舎のPC)を入れるためのすごく便利なバックを買った。

でも所詮、ヨドバシで売ってるバックだからデザインは知れてるんだけど、、、
機能性に満足、、、

プラダスポーツとかヴィトンでこんなのあったら、かっこいいのになー
なんて、、、

私はいつも持つ物が多くてヴィトンの大きなバスケットが
動く自分の物置くらいになっている、、、、
でも今日からは昨日買ったヨドバシのバックだけでいけそう。

今、自分にとってもっとも必要としている機能的なものを見つけたときって満足感あり。
で、自慢したくなったり、、、、これがいわゆる口コミ?

(人に自慢したくなるようなちょっとした遊び物の販売を目指してる私は
やっぱり自分もそんなものにひっかかってしまう)

ヨドバシは自社の商品がおもちゃ売り場に並んでいるけど、
この1店舗で見る限り
自社商品の売り上げより、自分が消費する金額の方が大きそう。

でも、昨日はポイントだけで買えたのでちょっと満足
まんまとヨドバシ商法にのせられているのに。

恐るべしヨドバシ、、、、秋葉原、、、

by rangsjapanM | 2008-03-06 06:29 | Trackback | Comments(0)

パッケージの色校正   

時間がないときは色校正せず印刷するけど、デザインに6ヶ月もをかけた
パッケージは色校もせずに進める気にはなれない。

アメリカまでフェデックスでデーターを送り色校正を出してもらったものが昨日届いた。
見た瞬間、イメージと色が違う。PCで見たカラーで満足していてもプリントするとぜんぜん違ってくることはよくあるけれど、印刷の段階でイメージが違ってしまうのは耐えられない。

昨日一緒に組んでるデザイナーの方に色校を送り、今日電話で打ち合わせ。
やっぱり私と同じ意見だった。
微妙な1番出したい色が出ていないと、同じ感想。オーバーじゃなくほぼ悲鳴。
お互い、同じくらいのがっかり度に妙な満足を覚えた。
「あぁ、この人と組んで来てよかった・・・」と

もう一度、パントンカラーで色指定して、アメリカにフェデックスで
念には念を入れて明日送る事にしよう。かなり面倒な作業だけど。
d0148223_23431161.jpg
(これは私の自室の絨毯。綺麗な色が大好きだから、部屋に入ると
結構幸せ、、、カラーは妥協できない)

仕事は疑ったとおりの事が起こると、実際困るんだけど、
信用しなかった自分に満足する事がよーくあるし
信用し失敗しそんな自分を嫌悪する事もたまぁーにある。

失敗と感じる結果は100%自分の確認不足がもたらすもの。
人のせいは、ありえないと考える私。
だから、自分に悔しくなることも・・・・多分この時私はパワーアップしている。

失敗が少なくなってきてるからパワーアップ度が小さくなってきてるかも。

by rangsjapanM | 2008-03-04 21:57 | Trackback | Comments(0)

通勤途中でいつも出会う人   

朝、代沢の自宅を出て池尻大橋の会社まで歩く事20分。
「いつも家を出て3分ほどの淡島の交差点信号待ちで
「女の品格」の著者坂東 眞理子さんに必ず出会うのよ」と娘に言うと、
「お母さん、あの子のお母さんよ、ほら中学時代同じクラスだった坂東さんの、、、」
そういえば、娘は坂東さんという子の名前をよく口にしていた事を
うっすら思い出した。
彼女の顔は昨年末ベストセラー作家ということでTVでチラッと見て覚えてた。
元官僚で今昭和女子大学長で、、、と、、、そしてベストセラーの本を世に出して、、、と
私の持つ情報はそういう内容だったので、娘にそういわれてもすぐ結びつかなかった。

当時、坂東さんと話をしたら意気投合していたかもしれないけど
多分、お互い仕事しかしていなかったんだと思う。
私たちは顔を合わしてもお互いまったく記憶に無い。

私は次女の入学式に長女の別の学校の制服を間違えて着せてしまってるくらい
子供のことは一生懸命のつもりでも結果2の次になっていた。

そんな坂東さんもテレビで仕事を語るときはいきいきと、
子育てに関しては、うっすら涙を浮かべ語るシーンがあった。
女性は仕事をがんばればがんばるほど、子供に対して申し訳なさが
ついてまわる。
きっと、同じような気持ちで仕事と子育てを両立してきたのかもしれない。

私は歩きで、彼女は雨の日もかさを片手に普通の自転車通勤。
いつか、声をかけてみようかな。
と思ってるけど、2人が合う時間と位置関係からして
5分前にそれぞれの職場につくのが精一杯の交差点出の出会いのようだ。

by rangsjapanM | 2008-03-04 00:05 | Trackback | Comments(0)

新商品のパッケージ作り   

新商品を出すときアメリカのパッケージをそのまま使うわけには行かないので
いつもアレンジする。
本当はそのままが1番いいんだけど、ある程度の情報が必要だから、
最低限必要な情報だけは日本語にする。
英語は極力残す。結局英語は情報ではなく
雰囲気を作るデザインの一部に過ぎないから。
その隙間に訳を私流にアレンジた言葉をちりばめ、世に送り出す。

昨日はそのパッケージを3つ仕上げた。朝から夜までかかった。
やってる最中に仕事のやり残しに気が付き、2社の取引先の方の携帯に電話。

コンビニの仕事や保険会社のプレミアムの話しなので納期やコストが非常に重要で
ごめんなさいが許されない世界、、、そういえば電話いただいててコールバックしてない、、

「すいません!!!」と、、、
「コンビニの数でましたか?」と一人の方に
「電話いただいてましたよね?何でした?_」
「あぁ、、3月4日の納期大丈夫ですか?」ともう一人の方。

大丈夫、、、と言いながら仕事なんて終わってみないとわからない。
相手に伝える部分は大丈夫の部分だけど、たくさんのアクシデントをクリアして
大丈夫の部分を伝えてるだけ。
安心してもらいつつ仕事を完璧にすすめないと、相手を不安に巻き込んでも
しょうがない。そのアクシデントをクリアする作業がすなわち私が得る報酬だと認識している。

私が作ってるのではなく製造工場があるわけだから、そこで何かが起こればアウト。
そんな事いえるわけが無い。

通用しない「ごめんなさい」を言わなくなってやっと8年くらいかな、、
キリン生茶やラガーのプレミアムの時はまだ「ごめんなさい」を言って、
迷惑かけてた。(そういえば・・・あの時あの代理店は完全にキレてた・・・)
ごめんなさい、申しわけありませんという言葉が単なる甘えでしかないことをあの仕事でも、
学んだ。とにかく仕事は完全貫徹させないと。ゼロか100しかない。

そんな電話もしつつ、さらにパッケージの仕事を。
ほぼ完成にちかずく。パソコン上で見ていて満足感があっても
プリントアウトして眺めると、ちょっとした直しの必要性に気が付く、
誤字脱字はもちろんだけど
行き過ぎの言葉、、、眠たくなるような不必要なトーク、、、
目立たないキャッチコピー、、、
パソコンの中の自己満足をプリントしてみて
客観的に眺め、最終の直しを入れる。

大手メーカーのパッケージをまねてたら、守りのトークばかりであんなの
読む気がしない文言ばかり並べてるだけの保険トーク。
かといっていざという時に備えた決まり文句も必要。

でも最終的には面白さが伝わらないと意味がない。
面白さが伝わるだけじゃ自己満足。お金とモノがレジで交換されて
初めて商業パッケージの仕上がりがパーフェクトだったと言える。

商品の面白さに自信があるだけに、パッケージの段階で殺してはいけない。
面白さをパッケージだけで100%伝えないといけない。
しかも、表の面だけで。(裏を見てくれるのはほぼ買おうと決心した人だから)

従来の常識にこだわらず腹をくくって自分流に仕上げる。

昨日も「こんなのあり?」ってスタッフもびっくりのトークを書ていた。
自分の文章に笑ってしまった。声に出して読んでまた笑った。
聞いてた周りのスタッフはちょっと引き気味。

たとえばだけど
Xジャイロエアライダーと言う新商品。
Xジャイロを簡単に投げるために工夫を凝らした商品だけど
キャッチするとき穴に手を入れると狙うから面白いんだけど
指に当たって痛いから提案しないほうが言いとスタッフが言うので
「穴キャッチはぐうパンチで!」って、、まあこんな調子、、、
それからXジャイロゴムではじいて飛ばすXランチャー、、、
危ないなんて守りの日本。「アメリカの子供たちはこれで遊んでいます」と
言い切ったパッケージ。

売れたらそれが通用して、その言葉が前に出てき時代を作り出す。
私は、いつも笑っちゃう・・・
たとえば去年売り出したゾインゴボインゴ
これ誰もわからないから自分でバランスボールホッピングとパッケージに
商標登録までとって使い出したら、ズームインでも目覚ましTVでも
バランスボールホッピングと普通に連呼してるからすごい。

春に売り出しヒットしたフラットボール、、、「夏にはそれ以外何かない?」
とバイヤーさん。
パッケージにあわてて「海でも」を追加したら夏用商品になってるから
言葉の持つパワーはすごい。「夏売りましょう!」と別のバイヤーさん。
それ以外ない?と言ったバイヤーさんも言った言葉を忘れてる。
こっちは命がけで探してる商品、そう簡単にヒット商品は出てこないのに
春で殺されてはたまらない、、、

もちろんパッケージは一人で作ってるっわけではなく、私が書き隣のザミルさんにメール
レイアウトをそこそこザミルさんがして、私がまたアレンジする。
この繰り返し、、、(多分うんざりするほど繰り返す)
ザミルさんから
「この日本語おかしくないですか?」と時々だめだし、、、
「確かに、、、おかしいね。。。。このマレーシア人なにもの?」なんて、、、
(他のスタッフも、そのやり取りに笑っている)

私の直しの回数がすごすぎるので、ザミルさん
「社長、もう限界かもしれない。・・・ふぅ、、、」「背中が痛い」
「太りすぎじゃないの、、腹と背中の筋肉のバランス悪いのよ。仕事のしすぎじゃなくて」
「このところ海外とのやり取りで昨日もねたの4時ですよ。こっちからメール送ると
すぐ帰ってくるから、またメール、、これ連続しないと海外は1日ロスが出来るから
納期をちじめられないから、、、、」とわかりきった独り言を私は無視してし仕事をつづける。

アートじゃないけどエンドレスに直しを入れたくなるのがこの仕事だけど
どうにかたぶん、、、完璧に仕上がった。

別件でスナップウォッチパッケージはもっと思い入れが強く
今回出すシリーズのパッケージは半年かかった。この商品はコピーライターと
デザイナーにお願いし私が監修だけど、6ヶ月本当によく付き合ってもらい
出来て、2人に電話したとき泣いてしまった。

「あれ、木村君いたの、、」私とザミルさんは木村君にも気づいていなかった。
帰り道
「じゃあねザミルさん、金曜日だし今からどこか行くの?」
「社長、何時だと思ってるんです?今11時半ですよ?さっき10時半に
取引先の携帯にかけてましたよ金曜なのに・・・・・」

私の意識では8時半くらいに終わったと思っていたのだった。

でも、昨日1番嬉しかったことは一緒に仕事をしている
次女にまた小さな成長を見つけたことだった。

by rangsjapanM | 2008-03-01 10:31 | Trackback | Comments(0)