人気ブログランキング |

2017年 01月 16日 ( 1 )   

喪中のご挨拶と思い出の写真   

昨年末、義母が他界し
12月24日、義母の意志にそい近親者のみで告別式を執り行いました。
賀状をいただきましたが、ご挨拶もしないまま喪中につき新年ののご挨拶は
控えさせていただきましたことお知らせさせていただきます。

義父は30年前に他界いたしておりますが
2人がそろって、石川県の能登総合病院の宿舎に住む私たちを
訪ねて下さった時のことが懐かしく思い出されます。

d0148223_18210662.jpg
宿舎の近所に住む子供たちと、私の娘と遊ぶ日々が私の日課。

いつもこの周りにいる子供たちが、家の中で遊んだり公園にきたり

過ごしていました。医者の夫は土日もなく働いていましたので

一緒に写真にいることはほとんどなかったです。

今なら、この時期がどんなにゆったりした時間の流れの中にいることができた

日々かよくわかります。

私にはまだ母がいますが、夫にはもう両親ともいなくなってしまったんだと

思うと、経験ない中で気持ちを推し量るしかないと察しています。

義母の思い出
とてもしつけの厳しい人でしたが
授乳時椅子がない座敷で「美紀ちゃん、畳に座るの辛いと思うから
座敷テーブルに座ってもいいのよ」と、言ってくれました。

義父の思い出
奈良まで車で娘を乗せて一人で運転していったとき
高速道路の入り口まで、自分の車で先導してくれました。

他いろいろありますが、優しくしていただきました。



by rangsjapanM | 2017-01-16 18:34 | Trackback | Comments(0)