人気ブログランキング |

2008年 06月 03日 ( 1 )   

中国の工場と打ち合わせ   

d0148223_2122087.jpg
香港中心部から少し離れた
小さな町。

私のパッケージ関係の
取引先のオフィスがある。
打ち合わせが終わり
駅に向かった。

駅に隣接したショッピングモール
洋服、化粧品、雑貨、インテリア、
飲食、ありとあらゆるものが
日本と同じようにあるのに
美容室がないことに気が付いた。

そういった贅沢には
まだ手が回っていないようだ。
ファッションはいい感じだけど
歩いてる人の髪型は
そういえば、昔の日本みたい。


急遽、香港にに来た第一のわけは、パッケージではなく
もうひとつの重要な打ち合わせ。
メールや電話だけでは伝わりきらない部分があると感じ赴いた。

オーダーの数と納期を知らせる。
これは基本だけど、どんな気持ちでこの商品を扱うか、
どの時期に出すことがなぜ重要なのか
など、日本の市場の事情やストーリーと私の情熱が伝わって
同じ気持ちにならないと安定供給がままならない。

やはり、来てよかった。
私は一方的に話し続けた。質問の猶予を与えないくらい話し続けた。
先方の顔が真剣になった瞬間、何とかなりそうだと感じた。

工場には千人の製造スタッフがいるけれど、私の新商品の
ラインに何人回すか、世界中を相手にしているわけだから、
千人を自分のために確保出来るわけではないので、
気持ちを伝え計画をきちんと伝え
社長を動かさなければ、私のためのプロジェクトは動かない。

まずは、商談が終わり、ほっとしたところで、食事のお誘いを受けた。
お昼2時半を過ぎていた。

社長とレストランに行ったら奥様がもうすで用意して、待ってくださっていた。
d0148223_020827.jpg

この社長とはもう10年くらいのお付き合い。
ほとんどはアメリカとのトライアングルな仕事だけれど
こうして、工場がきちんと見れる状態で仕事が出来るのは
アメリカのメーカー、中国の製造工場、日本総代理店が非常によい関係で
あるということ。

アメリカのメーカー抜きでこうした食事が出来るのは
3社の信頼関係が完璧でないと本来、出来ない。
年月と購入数量で作った信頼関係。

それから、コストの話しは一切しない。
ヨーロッパや、アメリカへの出荷量も
質問しない。
言いたいことはどんどん言うけど、聞いてはいけないことは
一切聞かない。

中国の工場でもいろいろあるようだけど、この方は情報を一切漏らさないし
コピー商品には手を染めない、クオリーティーが非常によい。
知的で信頼が出来、いつも変わらず誠実に対応してくれる。

こう見えて、名前はMrヘンリーです。

お嬢さんも会社に働き、奥様はアカウントの仕事
普通にミュミュのセカンドバックのお嬢さん。
d0148223_7341834.jpg


社長も奥様も質素な感じだけど、次世代は贅沢な中国を
1家族で判断できないけど、、垣間見たような、、、

「ショッピングモールでも感じたけど次世代が本気で消費し始める
中国の石油使用量ってすごいことになりそう、、、地球の資源はなんて、、、
日本人がちょっとエコしたって、追いつきそうもないわね。ザミルさん」

「マレーシアも今こんな感じですよ、社長」とザミルさん

「中国もマレーシアもまだ少し贅沢になったばかりなのに
急に温暖化でエコしろって先進国に言われても、、。なんか
割に合わない気分でしょうね」と私

海外に行くと目先のことより地球レベルで頭が動き出す。

by rangsjapanM | 2008-06-03 00:29 | Trackback | Comments(0)