人気ブログランキング |

コロナウイルスによる輸入ストップ

私の会社の商品はアメリカ、ドイツ、イギリス、オーストラリアのスポーツトイです。でもメーカーはほとんど中国の工場で作らせている。これはスポーツトイに関わらず他商品も同様。中国依存型ビジネスをしてる各国のメーカーはことごとく春に向けての商品供給がストップしている。
今回の東京ギフトショーでは新製品の話より、バイヤーさん達は従来の定番商品の供給を心配する状況でした。
コロナウイルスによる輸入ストップ_d0148223_14341048.jpg

ところがラングスジャパンは
と言うと、全くその心配は無いのです。
と伝えると会期中多分買い占めのためか
いきなり大量注文が入った。
たしかに、全ての取引先が前倒しで仕入れに入ればなくなる在庫と見たのだと思います。

私は経験値と勘で昨年末
中国工場のワーカーが中国の正月を越してなんらかの理由で工場に戻ってこないことを想定し、ゴールデンウイーク分までのオーダーを入れていたのです。

ショーの最中各バイヤーさんにその話をすると
「社長は預言者ですか?コロナウイルスも
わかっていたのですか?さすがですね!」
と異口同音

確かにこのオーダーを年末入れる際
社内では反対に会いました
「倉庫パンクしますよ。同時に入れなくても
いいじゃないですか!」と

私の答えは
「決算後の入荷、極端に言えば半期分もってもOK。売るからモノは動くからパンクしません!それより何かアクシデントが起きて供給ストップになれば
世間が納得する理由であっても、損は損でしょ!自分はその時後悔したくない!」と強く言いました。

港に3週間保管するフリータイム使えば
同時に入荷するわけではないし港もラングス倉庫ですよ!」と言いました

コロナウイルスによる輸入ストップ_d0148223_14590409.jpg
ラングス商品に関する限り
豊富な在庫がこの状況でもあるんです。

チェーン店は利益率確保のため自社ブランドを
独自に中国で作らせていますが、皆入荷未定。
頭を抱えています。

私は提案しました。
売りあげを落とすより、私の商品で
繋いでもらってもいいですよ。と

別に定番は望みません。便利に使ってください。
ち。私は各社のオリジナルよりラングス商品が売れるであろう自信はあるので、実績が出れば

一過性のしのぎ商品で終わらないはず。

と心の中でおもってました

by rangsjapanM | 2020-02-15 14:30 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://rangsjapan.exblog.jp/tb/27971451
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。