人気ブログランキング |

リアルタイムで情報共有できる時代なぜ報告が帰社してからなの

リアルタイムで情報共有できる時代なぜ報告が帰社してからなの_d0148223_20521247.jpeg

これは今朝のスタッフLINE。

社内LINEで共有する必要性重要性を
スタッフにLINE。

今日は私と他2人木村、ザミルが
終日外に出ていたので、社内にいるのと
同じくらいいろんなことが耳に入って
来る状況をつくる必要があると
感じ送ったのです。

そしてこう書いたにもかかわらずそれは
実行されなかった。

私からスタッフ山口さんに夜改めて送ったのLINE
が下記の内容です。(やりとり)

「今日出張から帰ってきて荷物を置いたら
6時で終われる予定でしたが

金子君と山口さんと佐々木君の
時間内LINE共有不足が
無駄な残業を引き起こしました。
移動車中でも仕事してる私としては
非常に残念です。リアルタイムに解決出来るのに
なぜ帰ってきてから報告相談するんですか?
なぜ2人だけで解決しようとするんですか?
そして時間内に解決できていない。
特に山口さんと佐々木君だけで話し合う事は
大抵うまくコミュニケーション
取れてないです。
カートンマークは
私が横でやれば10分で済みます。
山口さんが
マウス右左微妙に動かしても
空間把握能力必要なものは苦手と思います。
感覚的に作るものは
私とやった方が能率上がります。
LINEというツールを使い
起きてる事を共有しない
山口さん金子君佐々木君に
今日は古さを感じました。
今日はこの3人です。
新入社員新井さんはやはり今時代の人なので
この辺りの連絡はうまいと思います。

でも油断できないですよ

その時代にとどまれば古くなります。」

その後山口さんから10分後にLINE来ました。

古い習慣性に囚われ、
情報共有ツールを使用できない、
発想力が乏しい自分自身であったと
思います。
共有によって、内容だけでなく
時間も効率よく進むと思いますので、
依頼があった内容は自分だけの範囲で
解決しないように、
解決よりも共有を優先したいと思います。」と


そしてさらに私が送りました。

上記山口さんのコメント
パーフェクトですが
問題は次回これを実行できるかという
ところですね。

私はジャッジする立場です
今日の問題は6時間も塩漬けしてましたよ。

そして山口さんから更にLINE

「自分も本当にそう思います。
今まで共有に重きを置かず、
物事の解決のみやスピードを
優先してしまったために、
肝心な情報が抜けていたり、
余裕を持てずにひたすらマウスを
カチャカチャさせていましたので、
今度こそ仕事の姿勢を
変えていきたいと思います。」

ときました。

私はそれに対し更に書きました。

スピードを優先してしまったために
という一文がある限り」

なおらないでしょう

と言葉を投げてLINE終了。

社内にいた人間達とは逆に
私は車の移動中も常に
外でした仕事起きてる事をみんなが
あたかも共に外にいるが如く共有しながら
移動していましたから。

厳密に言えば社外で動いていた木村君が
共有していないから
社内の人間が、知れるよう移動しながら
の報告を促した。

あるバイヤーへのメールも帰ってからではなく
移動しながら送るよう指示したので
バイヤー達からは、移動途中にメールが来て
全て解決。

その案件のチームしか宛先がないので
スタッフに転送するよう指示。

これで共有が出来ているから私が外勤していても
社内にいるのち同じ状況を作れてる。

仕事はストーリーが重要。

だから、いろいろ共有する事は
仕事を簡単に判断できる材料が揃うという事。

今日は外勤
クリスマス直前の店頭チェック
リアルタイムで情報共有できる時代なぜ報告が帰社してからなの_d0148223_19373089.jpg

これが目的の仕事ではなく

宇都宮での本部商談と
横浜での本部商談が

10時と4時にあったのでその道すがら

この仕事差し込んだんです。

時間を埋めながら移動ですが

やはり現場から学ぶ事は多く

心脅かされるものもあります。

だって現場はライバルの巣の中。

見ているとバイヤーの思惑が全て見えて来て

不思議に感じていたことも

現場の品揃えから、推測できてしまう。

だから何を捨てなぬに力を注ぐ必要が
あるのかまで見えて来る。

家に帰り高2の孫に今日の話をしたら
こんな言葉が帰って来た

「スピード優先したために、、、?」

「言い訳や失敗の焦点をずらし
逃げ去ることは何も向上しない。

その言葉に何のメリットがあるんだろう?

自分の失敗に100%向き合わなければね。」


会社で起こるいろんな事を孫が聞き育ってくれているならまあよしとしよう


朝からスタッフ個別にこのブログを送った。

私の考えに同調しラインを送ってくれたスタッフたちの言葉を丁寧に読んだ

返信も既読もないスタッフは午前中また同じ失敗を繰り返しています。

もうこうなるとわらうしかない。

新入社員からのLINEが一番しっくりきた
のでコピー掲載します

Aさんから
「おはようございます。
共有ありがとうございます。

新入社員の私が言うべきことではないかもしれませんが、
本来、スピード優先するならば共有が一番早い解決につながると思います。
数時間かかるものが、社長のジャッジで何十倍も短縮できるので
本質そこだと考えています。

スマホ・LINEの普及で需要のあったskypeが廃れている現状なので
今後LINEを超えたツールが出てくると思っています。
時代に取り残されぬよう、新しいものを感じて取り入れていきたいです。」

一番昔からいるBさんから
社長のブログ読みました。まったくその通りだと思います。連絡不足は時間ロスにつながります。やり直さないといけない場面も出てきます」


by rangsjapanM | 2019-12-11 19:23 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://rangsjapan.exblog.jp/tb/27895989
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。